Next Gen Retail 次世代リテール

デジタルイノベーションは、リテールビジネスにも大きな変革を促した。顧客接点のみならず、流通や在庫管理、さらには決済などまで、既存の関連システムがことごとく刷新されつつある。リテール業界は、フィジカルなユーザー体験という強みを活かしつつ、新しい時代に向けて、どのようにアップデートしてくべきなのか。そのヒントを探る。

DIGIDAY[日本版]編集長 長田 真

 

xxxx.

 

DIGIDAY Japan, Editor in Chief Shin Osada

SPEAKERS スピーカー

  • 三嶋 憲一郎

    三嶋 憲一郎Kenichiro Mishima

    株式会社FABRIC TOKYO
    取締役CFO/COO
    Chief Financial Officer and Chief Operating Officer, FABRIC TOKYO Inc.

    1985年、神奈川県生まれ。上智大学卒業後、国内最大手会計事務所にて、金融機関の米国会計基準による監査に従事。 2012年よりエネルギー関連企業に参画し、経営企画、戦略立案、海外事業立ち上げ、M&A、ファイナンスに従事後、株式市場上場を経験。2015年9月より、FABRIC TOKYOに参画。 2016年より、執行役員CFO就任。2017年7月同社、経営・財務担当取締役に就任。
    Chief Financial Officer and Chief Operating Officer of FABRIC TOKYO, a digital-native brand that offers made-to-measure business suits. Focused on general management, strategy, and growth.
  • 亀田 晃一

    亀田 晃一Koichi Kameda

    株式会社トライアルホールディングス
    代表取締役社長
    President COO, Trial Holdings ,Inc.

    1964年3月、大分県生まれ。87年3月、横浜国立大学卒業。同年、富士銀行(現みずほ銀行)入行。事業調査、プロジェクトファイナンス、ベンチャーキャピタル、企業再生、コンサルティング等に従事。2008年4月、トライアルカンパニー入社。08年6月、同社 取締役CFO。10年6月、同社 専務取締役。12年6月、同社 取締役副社長。15年9月、トライアルホールディングス設立、現職。
    Having experienced corporate research,project finance,venture capital in Banking industry,turnaround management,and consulting in manufacturing industry.Then have continued on finance,accounting and investment career,as a president position in Retail&IT holding company.
  • 島袋 孝一

    島袋 孝一Koichi Shimabukuro

    株式会社ヤプリ
    コミュニケーション本部 マーケティングスペシャリスト
    Marketing specialist, Communication Department, Yappli,inc.

    2004年商業ディベロッパー「株式会社パルコ」入社。店舗リーシング・販促宣伝、経営企画室を経て、2013年よりデジタルマーケティングに従事。2016年総合飲料メーカー「キリン株式会社」に入社。グループを横断するデジタルマーケティング部に所属。LINE公式アカウント、SNS運営に従事。2019年1月より「株式会社ヤプリ」にマーケティングスペシャリストとして参画。
    I joined Parco in 2004. SNS operation,Omni Channel, since 2013.Change to Kirin Co., Ltd. in 2016, I belonged to the Digital Marketing Department.Change to YAPPLI, I have been a marketing specialist since 2019.
  • 林 直孝

    林 直孝Naotaka Hayashi

    株式会社パルコ
    執行役 グループデジタル推進室担当
    Chief Digital Officer, PARCO CO.,LTD.

    パルコ入社後、全国の店舗、本部及び、Web事業を行う関連会社 株式会社パルコ・シティ(現 株式会社パルコデジタルマーケティング)を歴任。 店舗のICT活用やハウスカードとスマホアプリを連携した個客マーケティングを推進する「WEB/マーケティング部」等を担当。 2017年より、新設された「グループICT戦略室」(2019年グループデジタル推進室に改称)でパルコグループ各事業のオムニチャル化、ICTを活用したビジネスマネジメント改革を推進。
  • 山下 貴嗣

    山下 貴嗣Takatsugu Yamashita

    株式会社Bace (Minimal - Bean to Bar Chocolate -)
    代表取締役
    CEO, Bace Inc.

    「Minimal -Bean to Bar Chocolate-(ミニマル)」を設立。都内に5店舗1工房を展開。カカオとチョコレートというプリミティブな産業構造にイノベーションを起こすべく、赤道直下のカカオ産地に自ら足を運んで、良質なカカオ豆の買付と農家と協力して毎年の品質改善に取り組む。カカオ豆を活かす独自製法を考案し、設立3年で世界最高峰のチョコレート国際品評会で部門別最高金賞を日本ブランドで初受賞。GoodDesign賞特別賞やWIRED innovation Awardsなどデザインやイノベーションの領域でも評価を受ける。
    The founder of Minimal “Bean to Bar” chocolate. There are currently five shops and one atelier (production workshop) in Tokyo. Bringing innovations to the primitive world of cacao and chocolate manufacturing is what drives him. He frequently visits cacao farms right on the equator to buy high-quality cacao beans (sometimes directly) and to collaborate with farmers to improve cacao quality continuously every year. The brand invented a proprietary manufacturing process to bring the best out of cacao beans and was awarded the highest ‘Gold Awards’ in its category (the very first Japanese brand to achieve this) at the most prestigious international chocolate competition merely three years after its launch. Minimal is also highly regarded for its design excellence and innovations, receiving various awards including the Japan Good Design Award ‘Special Award’ and the WIRED ‘Innovation Award’.
  • 野口 卓也

    野口 卓也Takuya Noguchi

    株式会社バルクオム
    代表取締役CEO
    CEO, BULK HOMME Co., Ltd.

    1989年、東京都出身。慶應義塾大学環境情報学部中退。ITベンチャー等複数の企業を立ち上げ、2013年TSUMO・JP株式会社BULK HOMME事業部を発足。2017年、MBOを経て株式会社バルクオムを設立、代表取締役CEOに就任。2018年、Forbes JAPAN「30 UNDER 30」特別賞を受賞。
    Born in TOKYO in 1989. Dropped out of KEIO University, Faculty of Environment and Information Studies. After launching some IT startups and even a restaurant, in 2013, launched BULK HOMME department at TSUMO・JP Co., Ltd. Established BULK HOMME Co., Ltd. through MBO and became CEO in 2017. Awarded Special Prize for 30 UNDER 30 by Forbes JAPAN in 2018.
  • 富永 朋信

    富永 朋信Tomonobu Tominaga

    株式会社Preferred Networks 執行役員CMO/イトーヨーカ堂株式会社 顧問/株式会社セルム 顧問/一般社団法人マーケターキャリア協会 理事

    1992年大学卒業後、コダック社に入社。以来日本コカ・コーラ、西友など9社でマーケティング関連職務を歴任。うち西友・ドミノ・ピザなど4社ではCMO(またはマーケティング部門責任者)を拝命。 日経クロストレンドにおいて、連載「マーケティングのウソ」を執筆するとともにボードメンバーを拝命。その他にも社外的な役割として厚生労働省 年金局 広報検討委員、内閣府政府広報アドバイザー、マーケターキャリア協会理事、マーカスエバンス社 CMOサミット議長などを務める。座右の銘は「過ぎたハンサム休むに似たり」。著書に翔泳社 「デジタル時代の基礎知識「商品企画」」
    Experienced marketing related 8 marketing related positions including 3 CMOs at Domino’s pizza, Walmart Japan and so on. Writing serial column, “lie in the marketing” on Nikkei X-trend, named committee member for PR for several government office and board member/chairman for many marketing related conference. Motto is “Don’T BE TOO HANDSOME”
  • 濵野 努

    濵野 努Tsutomu Hamano

    スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社
    デジタル戦略本部 本部長
    VP of Digital Strategy, Digital Strategy Division, Starbucks Coffee Japan

    1993年に日本マイクロソフトに入社。2003年にマーケティング部門に移動後、デジタル マーケティングを統括する部門の責任者となる。2014年よりチューリッヒ生命マーケティング コミュニケーション部長として、マーケティング、PR、Web、CSR などを担当。2017年2月より現職。ロイヤリティープログラム「STARBUCKS REWARD」やデジタルを通じた顧客体験向上、ブランドエンゲージメント強化をリードしている。
    Joined Microsoft Japan in 1993. Moved to the marketing department in 2003, responsible for the department for digital marketing. Joined Zurich Life Insurance as director of marketing communication in 2014. Joined Starbucks Coffee Japan as VP of Digital Strategy in 2017 and responsible for Mobile app, Loyalty Program, Starbucks Card and e-commerce.

※本イベント開催時の所属および役職です。

Coming Soon…

Agenda アジェンダ

Coming Soon…

14:00
Registration Desk Opens
14:30-14:35
Opening Remarks
  • 長田 真

    長田 真SHIN OSADA

    DIGIDAY[日本版] 編集長

14:35-15:05
Session
パルコが目指すこれからの店舗体験

今年、1号店の池袋PARCO開業から50周年を迎えるPARCO。この秋再オープンする新生渋谷PARCOでは、創業から大切にしてきた視点に加え、テクノロジーを活用し新たな店舗体験の提供を目指している。「フィジカルの魅力にデジタルを掛け合わせ、お客様に新しい発見をしてもらいたい」と語る林氏に、リテーラーとしてのフィロソフィーを語てもらう。

  • 林 直孝

    林 直孝Naotaka Hayashi

    株式会社パルコ
    執行役 グループデジタル推進室担当
    Chief Digital Officer, PARCO CO.,LTD.

    パルコ入社後、全国の店舗、本部及び、Web事業を行う関連会社 株式会社パルコ・シティ(現 株式会社パルコデジタルマーケティング)を歴任。 店舗のICT活用やハウスカードとスマホアプリを連携した個客マーケティングを推進する「WEB/マーケティング部」等を担当。 2017年より、新設された「グループICT戦略室」(2019年グループデジタル推進室に改称)でパルコグループ各事業のオムニチャル化、ICTを活用したビジネスマネジメント改革を推進。
15:05-15:25
Session
スターバックスが取り組む「デジタル×店舗体験」の今

「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」のようなスペシャリティコーヒーから、各店舗でシーズンごとに提供される限定メニューなど店舗体験を重視しているスターバックスコーヒー。6月にはアプリを通じた事前注文・決済、店舗での商品受け取りが可能な「Mobile Order & Pay」を導入し、デジタルを活用した新しい購買体験の提供も始めた。単なる利便性の向上、テクノロジー利用にとどまらない、デジタルによるリアルな体験や顧客との繋がりを深めていくスターバックスのオン×オフ戦略に迫る。

  • 濵野 努

    濵野 努Tsutomu Hamano

    スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社
    デジタル戦略本部 本部長
    VP of Digital Strategy, Digital Strategy Division, Starbucks Coffee Japan

    1993年に日本マイクロソフトに入社。2003年にマーケティング部門に移動後、デジタル マーケティングを統括する部門の責任者となる。2014年よりチューリッヒ生命マーケティング コミュニケーション部長として、マーケティング、PR、Web、CSR などを担当。2017年2月より現職。ロイヤリティープログラム「STARBUCKS REWARD」やデジタルを通じた顧客体験向上、ブランドエンゲージメント強化をリードしている。
    Joined Microsoft Japan in 1993. Moved to the marketing department in 2003, responsible for the department for digital marketing. Joined Zurich Life Insurance as director of marketing communication in 2014. Joined Starbucks Coffee Japan as VP of Digital Strategy in 2017 and responsible for Mobile app, Loyalty Program, Starbucks Card and e-commerce.
15:25-15:45
Session
自社アプリは、次世代リテールにおいてどのような役割を果たすのか

 

  • 島袋 孝一

    島袋 孝一Koichi Shimabukuro

    株式会社ヤプリ
    コミュニケーション本部 マーケティングスペシャリスト
    Marketing specialist, Communication Department, Yappli,inc.

    2004年商業ディベロッパー「株式会社パルコ」入社。店舗リーシング・販促宣伝、経営企画室を経て、2013年よりデジタルマーケティングに従事。2016年総合飲料メーカー「キリン株式会社」に入社。グループを横断するデジタルマーケティング部に所属。LINE公式アカウント、SNS運営に従事。2019年1月より「株式会社ヤプリ」にマーケティングスペシャリストとして参画。
    I joined Parco in 2004. SNS operation,Omni Channel, since 2013.Change to Kirin Co., Ltd. in 2016, I belonged to the Digital Marketing Department.Change to YAPPLI, I have been a marketing specialist since 2019.
15:45-15:55
Hot Topic from Digiday
  • 長田 真

    長田 真SHIN OSADA

    DIGIDAY[日本版] 編集長

15:55-16:15
Break
16:15-16:35
Session
店舗は顧客とつながるテーマパーク:Minimalが実現するクオリティーベース・ビジネス

カカオの選定からこだわった質の高いチョコレートを提供する、話題のD2Cブランド「Minimal」。顧客とのつながりを重視し、一部の商品は他店舗でも展開しているものの、基本的に販売チャネルは店舗とオンラインのみに限定しているという。リアルな体験を重視して特に店舗設計を作り込み、創業時からファンを育成するイベントも続けてきた。CEOの山下氏に、クオリティーベースのビジネスを成立させるヒントを語ってもらう。

  • 山下 貴嗣

    山下 貴嗣Takatsugu Yamashita

    株式会社Bace (Minimal - Bean to Bar Chocolate -)
    代表取締役
    CEO, Bace Inc.

    「Minimal -Bean to Bar Chocolate-(ミニマル)」を設立。都内に5店舗1工房を展開。カカオとチョコレートというプリミティブな産業構造にイノベーションを起こすべく、赤道直下のカカオ産地に自ら足を運んで、良質なカカオ豆の買付と農家と協力して毎年の品質改善に取り組む。カカオ豆を活かす独自製法を考案し、設立3年で世界最高峰のチョコレート国際品評会で部門別最高金賞を日本ブランドで初受賞。GoodDesign賞特別賞やWIRED innovation Awardsなどデザインやイノベーションの領域でも評価を受ける。
    The founder of Minimal “Bean to Bar” chocolate. There are currently five shops and one atelier (production workshop) in Tokyo. Bringing innovations to the primitive world of cacao and chocolate manufacturing is what drives him. He frequently visits cacao farms right on the equator to buy high-quality cacao beans (sometimes directly) and to collaborate with farmers to improve cacao quality continuously every year. The brand invented a proprietary manufacturing process to bring the best out of cacao beans and was awarded the highest ‘Gold Awards’ in its category (the very first Japanese brand to achieve this) at the most prestigious international chocolate competition merely three years after its launch. Minimal is also highly regarded for its design excellence and innovations, receiving various awards including the Japan Good Design Award ‘Special Award’ and the WIRED ‘Innovation Award’.
16:35-16:55
Session
境界線を広げるD2Cブランド、バルクオムのリテール戦略

メンズスキンケアという新しいカテゴリーで成長を続ける、国内D2Cブランドのパイオニアであるバルクオム。そのリテール戦略の根幹にあるのは、スキンケアに関心がない層へ地道にアプローチしていく「需要創出」の視点だ。店舗に商品が並ぶことだけがシェア拡大のゴールではないと語る野口氏が目指すのは、グローバル展開によるメンズスキンケア市場シェアNo.1。リテールの境界を越えるバルクオムの挑戦に迫る。

  • 野口 卓也

    野口 卓也Takuya Noguchi

    株式会社バルクオム
    代表取締役CEO
    CEO, BULK HOMME Co., Ltd.

    1989年、東京都出身。慶應義塾大学環境情報学部中退。ITベンチャー等複数の企業を立ち上げ、2013年TSUMO・JP株式会社BULK HOMME事業部を発足。2017年、MBOを経て株式会社バルクオムを設立、代表取締役CEOに就任。2018年、Forbes JAPAN「30 UNDER 30」特別賞を受賞。
    Born in TOKYO in 1989. Dropped out of KEIO University, Faculty of Environment and Information Studies. After launching some IT startups and even a restaurant, in 2013, launched BULK HOMME department at TSUMO・JP Co., Ltd. Established BULK HOMME Co., Ltd. through MBO and became CEO in 2017. Awarded Special Prize for 30 UNDER 30 by Forbes JAPAN in 2018.
16:55-17:15
Session
D2Cブランドが「オーダー」を変えた:FABRIC TOKYOが挑む次世代リテール

競争の激しいアパレルカテゴリーにおいて、オーダーメイドスーツ・シャツを専門に成長を続けるD2CブランドがFABRIC TOKYOだ。関東を中心に14店舗を展開するが、これらは採寸と提案を行ういわばショールーム。以降の購入はすべてアプリからWebを通じて完結することができる。必要な体験・価値を提供しつつ、テクノロジーを活用することでオーダースーツを気軽で手軽な存在にすることに成功したFABRIC TOKYOの挑戦と、見据えているリテールの未来とは。

  • 三嶋 憲一郎

    三嶋 憲一郎Kenichiro Mishima

    株式会社FABRIC TOKYO
    取締役CFO/COO
    Chief Financial Officer and Chief Operating Officer, FABRIC TOKYO Inc.

    1985年、神奈川県生まれ。上智大学卒業後、国内最大手会計事務所にて、金融機関の米国会計基準による監査に従事。 2012年よりエネルギー関連企業に参画し、経営企画、戦略立案、海外事業立ち上げ、M&A、ファイナンスに従事後、株式市場上場を経験。2015年9月より、FABRIC TOKYOに参画。 2016年より、執行役員CFO就任。2017年7月同社、経営・財務担当取締役に就任。
    Chief Financial Officer and Chief Operating Officer of FABRIC TOKYO, a digital-native brand that offers made-to-measure business suits. Focused on general management, strategy, and growth.
17:15-17:35
Break
17:35-17:55
Session
オムニチャネル時代のリアル店舗の意味

 

  • 富永 朋信

    富永 朋信Tomonobu Tominaga

    株式会社Preferred Networks 執行役員CMO/イトーヨーカ堂株式会社 顧問/株式会社セルム 顧問/一般社団法人マーケターキャリア協会 理事

    1992年大学卒業後、コダック社に入社。以来日本コカ・コーラ、西友など9社でマーケティング関連職務を歴任。うち西友・ドミノ・ピザなど4社ではCMO(またはマーケティング部門責任者)を拝命。 日経クロストレンドにおいて、連載「マーケティングのウソ」を執筆するとともにボードメンバーを拝命。その他にも社外的な役割として厚生労働省 年金局 広報検討委員、内閣府政府広報アドバイザー、マーケターキャリア協会理事、マーカスエバンス社 CMOサミット議長などを務める。座右の銘は「過ぎたハンサム休むに似たり」。著書に翔泳社 「デジタル時代の基礎知識「商品企画」」
    Experienced marketing related 8 marketing related positions including 3 CMOs at Domino’s pizza, Walmart Japan and so on. Writing serial column, “lie in the marketing” on Nikkei X-trend, named committee member for PR for several government office and board member/chairman for many marketing related conference. Motto is “Don’T BE TOO HANDSOME”
17:55-18:25
Session
消費者主体の価値提案を:リテールイノベーションに挑戦するトライアルホールディングス

小売、IT、決済、物流の各分野で先行投資を行い、AIなどの最新テクノロジーを活用して多様なスマートストアを推進するトライアルホールディングス。デジタルによるリアルリテールの価値向上を目指す同社が重視しているのが、企業主体から脱却した消費者主体のリテールモデルだ。自社のみならず周辺企業も巻き込んで良質な顧客・購買体験を提供しようとしているトライアルHDのリテールイノベーションに迫る。

  • 亀田 晃一

    亀田 晃一Koichi Kameda

    株式会社トライアルホールディングス
    代表取締役社長
    President COO, Trial Holdings ,Inc.

    1964年3月、大分県生まれ。87年3月、横浜国立大学卒業。同年、富士銀行(現みずほ銀行)入行。事業調査、プロジェクトファイナンス、ベンチャーキャピタル、企業再生、コンサルティング等に従事。2008年4月、トライアルカンパニー入社。08年6月、同社 取締役CFO。10年6月、同社 専務取締役。12年6月、同社 取締役副社長。15年9月、トライアルホールディングス設立、現職。
    Having experienced corporate research,project finance,venture capital in Banking industry,turnaround management,and consulting in manufacturing industry.Then have continued on finance,accounting and investment career,as a president position in Retail&IT holding company.
18:25-18:30
Closing Remarks
  • 長田 真

    長田 真SHIN OSADA

    DIGIDAY[日本版] 編集長

18:30-
Networking Party

※変更する可能性があります。
Plans are subject to change.

Sponsors スポンサー

Coming Soon…

  • 株式会社ヤプリ

    株式会社ヤプリYappli, Inc.

    Yappliはモバイルテクノロジーで企業の課題解決を行うクラウド型のアプリ開発プラットフォームです。アプリの開発・運用・分析がワンストップで行え、専門チームによるサポートでアプリの成功確率を高めます。導入企業は300社を超え、店舗やECの販促支援、社内やBtoBでの利用、メディアや学校法人まで幅広い業界の課題解決に活用されています。 《4つの特徴》 ①スピード開発:iOSとAndroidのネイティブアプリをプログラミング不要で素早く開発  ②カンタン運用:誰でも直感的に操作できる管理画面・分析機能を提供  ③進化:新機能の追加やOSのバージョンアップをクラウドから提供  ④成長支援:充実のサポート体制でアプリの成長支援にコミット
    Yappli is a cloud based platform for non-programmers to create, operate, and analyze smartphone apps. Any one can easily use the content management tool because of its intuitive user interface. With Yappli one can create an app in minutes as well as run a quick pdca process to respond to the market after the app release. Using the latest mobile technology, and with financial funding from Sales Force and Yahoo, Yappli seeks to become the leading mobile market platform for marketers.

Supporter

Venue 開催場所

渋谷ストリーム ホール
SHIBUYA STREAM HALL

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-21-3 渋谷ストリーム ホール
3-21-3, Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo

Tickets チケット

Coming Soon…

<キャンペーン情報>

DIGIDAY+ 新規入会キャンペーン
【先着20名】Hot Topic参加チケット 定価50%OFF!

 

<チケットご購入フォーム>

■注意点
・イベント内容は変更になる場合もございます。
・イベント当日は写真撮影を行います。客席を含む会場内の映像・音声・写真等をメディア掲載および今後のイベント広報に使用させていただく場合がございます。
・当日のチケットキャンセル・返金は承っておりません。