Media Experience Theme

いまデジタルメディアにおけるエクスペリエンスが、大きく変化しています。たとえば、本格的な動画元年を超え、長尺動画やライブ動画など、さまざまなパブリッシャーが動画ビジネスに乗り出してきました。また、顔の見えるオーディエンスのために、サブスクリプションやリアルイベントなど、単なる情報だけではない「体験」そのものを提供するパブリッシャーも増えています。

基本無料で、新規参入障壁も限りなく低いデジタル空間。そこでプロコンテンツは、いかにエクスペリエンスを差別化していくべきか、DIGIDAY PUBLISHING SUMMIT 2018では語り合います。

DIGIDAY[日本版]編集長 長田 真

The experience in digital media is massively changing now. In Japan, 2016 is so-called “the year of video”. Many publishers has entered online video market using streaming video and long-length videos. In addition, more and more publishers are trying to reach the audiences to provide real “experiences” through subscriptions and offline events.

Most of online services are provided free and many competitors are joining the digital world. How could corporations differentiate themselves in providing best “experiences” to the audiences by their contents? We will discuss the topic in DIGIDAY PUBLISHING SUMMIT 2018.

DIGIDAY Japan, Editor in Chief Shin Osada

Attendees 参加企業

オールアバウト / 朝日新聞社 / BBC / Bloomberg / 文藝春秋 / CCCメディアハウス / コンデナスト・ジャパン / クリエイティヴ・リンク / ダイヤモンド社 / Dow Jones / フィナンシャル・タイムズ / ForbesJAPAN / 扶桑社 / 幻冬舎 / ハースト・デジタル・ジャパン / ハースト婦人画報 / インプレス / アイティメディア / 日本放送協会 / 日本ビジネスプレス / 時事通信社 / KADOKAWA / 神戸新聞社 / 光文社 / 講談社 / 共同通信デジタル / マガジンハウス / 毎日新聞社 / 日経BP / 日本経済新聞社 / 日本テレビ放送網 / プレジデント社 / 産経デジタル / 株式会社晋遊舎 / 静岡新聞社・静岡放送 / 昭文社 / 集英社 / 主婦と生活社 / トムソン・ロイター・ジャパン / 東洋経済新報社 / テレビ朝日 / テレビ東京コミュニケーションズ / ベンチャーリパブリック / The Washington Post / 読売新聞東京本社

※ABC順
※法人格省略

SPEAKERS スピーカー

  • GAVIN BUXTON

    SpotX
    Asia
    Managing Director
    Managing Director, Asia, SpotX, Inc.

    マイクロソフトや米テレビ局ターナー、LinkedInなどのITやメディア企業でデジタル広告における17年以上の経験を有する。8年前からアジアに拠点を置き、IABシンガポールの役員も務める。SpotXでアジア地域統括となる前は、モバイルアドテク企業のS4Mで、APAC事業の立ち上げと成長に貢献した。
    Buxton has over 17 years’ global experience in the digital advertising space, having worked in leadership roles at tech and publishing companies, including Microsoft, Turner Broadcasting, and LinkedIn, with the last eight years based in Asia. Prior to joining SpotX, he was at mobile adtech company S4M, where he led the successful establishment and growth of the business across the Asia-Pacific region. He is an active participant within the advertising industry and currently sits on the board of the IAB Singapore
  • 北庄司 英雄

    北庄司 英雄HIDEO KITASHOJI

    ブライトコーブ株式会社
    シニアセールスディレクター
    Senior Sales Director, Brightcove Inc.

    2001年ヤフー株式会社入社、ディスプレイ広告の営業を7年間担当した後、国内の動画配信事業社にて企業向けの動画活用の啓蒙や導入などに注力。2012年にセールスディレクターとしてブライトコーブに入社。 以来、自社サービスである「Video Cloud」を活用したオウンドメディアの動画マーケティングを推進。特に最近はメディア企業向けに動画広告によるマネタイズのコンサルティング提案に注力している。
    Hideo Kitashoji joined Brightcove in 2012 as Sales Director. Since then, he promotes video marketing with owned media by utilizing Brightcove’s Video Cloud service. He also focuses on business development with video ads for media companies such as TV stations and newspapers. Prior to Brightcove, Kitashoji focused on enlightenment and introduction of enterprise video in a domestic company of video distribution. He joined Yahoo Japan Corporation in 2001 and experienced branding ad sales for seven years.
  • 田北 浩章

    田北 浩章HIROAKI TAKITA

    株式会社東洋経済新報社
    常務取締役
    Managing Executive Director, TOYO KEIZAI INC.

    1960年大分県生まれ、株式会社東洋経済新報社 常務取締役。慶應義塾大学経済学部卒業後、東洋経済新報社に入社。 建設、医薬、証券、機械などの産業記者、『ベンチャークラブ』、『会社四季報』、『週刊東洋経済』等の各編集長、編集部長、証券部長、企業情報部長等を経て11年取締役執行員編集局長、16年より現職。 拓殖大学客員教授、TBS系「がっちりマンデー」等のゲストコメンテーターも。
    Joined TOYO KEIZAI INC. after graduating from Keio University. Worked as a journalist in construction, medicine, mechanics, and stock markets. Experienced Editor in Chief of “Venture club”, “Japanese Company Handbook”, “Weeky Toyo Keizai” and other magazines. After experiencing several Director positions, became an Executive Editorial Director in 2011, and Managing Executive Director since 2016. He is also a guest commentator at several TV programs.
  • 吉永 浩和

    吉永 浩和HIROKAZU YOSHINAGA

    ログリー株式会社
    代表取締役
    CEO, Logly, Inc.

    1977年生まれ。早稲田大学大学院 博士課程修了 博士(工学)。2006年ログリー株式会社を設立し、代表取締役に就任。以来、ログ分析技術をコアコンピタンスとしてレコメンドシステムや広告配信システムの開発に取り組む。
    Hirokazu born in 1977. He received a Ph.D. in Engineering from Waseda University. He founded Logly, Inc. in 2006 and become the president & CEO.
  • 須賀 久彌

    須賀 久彌HISAYA SUGA

    株式会社プレゼントキャスト
    COO
    COO, PRESENTCAST INC.

    1996年 電通入社。 総合デジタル・センター、メディア・コンテンツ計画局、テレビ局ネットワーク1部(日本テレビ系(東阪名)担当)を経験の後、2006年プレゼントキャスト出向。2008年6月代表取締役社長就任。 民放テレビ局によるオリンピック公式競技動画配信サイトgorin.jpや民放公式テレビポータルTVerの立ち上げなどを手がける。 2017年12月電通への帰任につき、COOに就任、現在に至る。
    Joined DENTSU INC. in 1996. After working at Digital Center, Media Contents Planning Department, Television Network Department 1 (in charge of NTV) at Dentsu, moved to PRESENTCAST Inc. in 2006. Engaged in creating gorin.jp, an official Olympic streaming service, and TVer, an online TV streaming service with Commercial broadcasters. He is CEO of PRESENTCAST since June, 2008. Will be returning to Dentsu but will remain as COO at PRESENTCAST from Dec 2017.
  • JOE MARTIN

    Dow Jones
    Partnerships Director for APAC

  • 北田 淳

    北田 淳JUN KITADA

    コンデナスト・ジャパン
    社長
    President, Conde Nast Japan

    1968年6月7日生まれ。 コンデナストジャパン社長、並びに雑誌VOGUE JAPAN、GQ JAPAN、VOGUE Wedding、 WIREDのパブリッシャー。1991年武蔵大学を卒業後、株式会社アド電通東京に入社。その後株式会社中央公論社に入社し、広告局で GQ JAPANとMarie Claireの広告を担当。その後1997年コンデナスト・パブリケーションズ・ジャパン入社。広告・マーケティング部長などを経て、 2010年現職。コンデナストのデジタル、マルチプラットフォーム戦略を強力に推進し、プリントメディア、ウェブメディア、イヴェント等に加え、VIDEO事業にも日本の出版界でいち早く注力している。
    Jun Kitada is President of Condé Nast Japan, and Publisher of a series of renowned titles including VOGUE JAPAN, GQ JAPAN, VOGUE Wedding and WIRED magazines. After graduating in Economics from Musashi University in 1991, he began his career at Ad Dentsu Tokyo as an advertising sales rep. The following year, he moved to Chuokorun Shinsha and was placed in charge of advertising for GQ JAPAN and Marie Claire. In 1997, he was recruited by Condé Nast Publications Japan, where he became Manager of the VOGUE JAPAN Advertising Department in 2001 and became Manager of the GQ JAPAN Advertising Department in 2003. In 2006, he was promoted to Vice-President in Charge of Advertising and Marketing. In 2010, Kitada was appointed President of Condé Nast Publications Japan and its subsidiary Condé Nast Digital. Condé Nast Japan is leading the fashion media market in Japan, with Kitada's strategic initiative on digital development, flagship events, and a recent digital video business development.
  • 安部 順一

    安部 順一JUNICHI ABE

    株式会社読売新聞東京本社
    広告局
    執行役員 広告局長
    Corporate Officer,Chief Officer,Advertising, Advertising Bureau, The Yomiuri Shimbun

    1985年   早稲田大学政治経済学部卒 1985年   読売新聞社入社 1991年   経済部 2001年   社長室宣伝部次長 2003年   経済部次長 2007年   東京本社編集委員 2011年   中部支社編集委員 2012年   東京本社調査研究本部主任研究員 2013年   東京本社編集委員 2014年   中央公論新社 取締役 中央公論編集長 2016年   読売新聞東京本社 執行役員広告局長
    1985 Joined The Yomiuri Shimbun 1991 Economic News Department 2001 Deputy Chief, President’s Office, Publicity 2003 Deputy Editor, Economic News Department 2007 Senior Writer, The Yomiuri Shimbun 2011 Senior Writer,Chubu Branch Office 2012 Senior Research Fellow,Yomiuri Research Institute 2013 Senior Writer, The Yomiuri Shimbun 2014 Director,Managing Editor,Chuokoron-Shinsha,Inc. 2016 Corporate Officer, Chief Officer,Advertising,The Yomiuri Shimbun
  • 砂田 和宏

    砂田 和宏KAZUHIRO SUNADA

    デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
    ブランドマーケティング本部
    副本部長
    Deputy Head of Brand Marketing Group, D.A.Consortium Inc.

    編集プロダクション、デザインブティックを経て、2005年DAC入社。 動画広告の開発、マスメディアのデジタル事業開発を担当。近年はDACの新規事業開発を推進する傍ら、グループ企業、出資先の取締役も兼任。現職では、デジタル領域におけるブランディングにつながるコンテンツマーケティングや、動画制作をプロデュースする。
    Founded Editorial Production Inc. in 1995 and engaged in contents production for publishers and newspapers. Joined DAC in 2005, worked on video ad and digital media production. Now he is in charge of digital content marketing and video production for brands.
  • KEITH GROSSMAN

    Bloomberg
    Global Chief Revenue Officer

  • 土井 健

    土井 健KEN DOI

    株式会社fluct
    代表取締役 CEO
    Chief Executive Officer, fluct, Inc.

    2008年株式会社サイバードに入社。モバイル広告代理店事業立ち上げに従事。
    2011年に株式会社ECナビ(現:株式会社 VOAYGE GROUP)に入社し、 株式会社adingo(現: 株式会社fluct)に出向。事業を100億超に成長させ、2017年株式会社fluct代表取締役CEOに就任。親会社である東証一部上場の株式会社VOYAGE GROUPにおいても、2014年10月よりBOARDメンバーに就任し現在4期目。

    Joined CYBIRD Co., Ltd. in 2008 and engaged in creating mobile ad agency business. In 2011 moved to VOYAGE GROUP (former EC Navi) and fluct, Inc. (former Adingo). Successfully grow the business over 10 billion and became CEO of fluct in 2017. He is also a board member of its parental company VOYAGE GROUP since Oct, 2014 after their IPO.
  • 菅原 健一

    菅原 健一KENICHI SUGAWARA

    スマートニュース株式会社
    ブランド広告責任者
    Head of Brand Advertising, SmartNews, Inc.

    スケールアウト社(現Supership社)にてサービス開発とマーケティングを担当、株式会社medibaによるスケールアウト社買収に伴いmedibaのCMOに就任、合併によりSupership社CMOとしてブランド広告主の課題解決に貢献。2016年SmartNewsに参画、最新のアドテクノロジーやデータドリブンマーケティングのノウハウをベースに、クライアント企業のマーケティングを支援する。
    After working as CMO serving business development and marketing at Supership formerly known as ScaleOut and mediba, jioned SmartNews in 2016. At SmartNews,pioneering new branding experience on mobile by latest advertising technology and data driven marketing.
  • 野屋敷 健太

    野屋敷 健太KENTA NOYASHIKI

    株式会社AJA
    代表取締役社長
    President, AJA ,inc

    2008年にサイバーエージェントに新卒入社し、北海道支社にてセールスに従事。 2011年に株式会社CyberZ 取締役に就任。 2013年よりサイバーエージェントインターネット広告事業本部第二本部局長、2014年よりサイバーエージェント メディアディベロップメント事業本部 局長を務める。 2016年に株式会社AJA 取締役、2017年11月に代表取締役社長に就任。
    Joined CyberAgent Inc. in 2008 and engaged in sales. Board Director at CyberZ (2011-2013), Director of Internet Ad Business Division at CyberAgent (2013), Director of Media Development Business Division (2014). Board Director of AJA in 2016 and became CEO in November 2017.
  • 小出 誠

    小出 誠MAKOTO KOIDE

    資生堂ジャパン株式会社
    メディア統括部長
    Department Director, Strategic Communication Department, Shiseido Japan Co.,Ltd.

    1984年資生堂入社。大阪の販売会社の営業部門を経て、商品開発部。その後、宣伝部にてプリント媒体の出稿、イベントを担当。1994年より経営企画部で企業理念づくり、社内保育所の設置などを担当した後、2003年よりプロフェッショナル事業部でヘアサロンへの業務用品事業および美容室などのサービス事業運営に携わる。2008年より経営企画部に在籍し、本社ビル建て替えとグローバル総本店新設を含む「銀座再開発プロジェクト」と企業サイトの運営を担当。14年4月より現職(15年10月より資生堂ジャパン)。testtesttest
    Joined Shiseido in 1984. After 2 years of sales experience in Osaka, moved to the Product Development Dept. in 1986. Took charge of the printing media and event administration in the Advertising Dept. In 1994, moved to the Corporate Strategy Dept., defined the Corporate Mission, and established in-corporate nursery place. Moved to the Professional Dept. in 2003 to plan and manage the hair/esthetic salon business. In 2008, moved to the Corporate Strategy Dept. for the second time, to take charge of the reconstruction of the headquarter building, the Ginza redevelopment project, and the management of the Corporate website. Since April 2014 to date, takes leadership in the Strategic Communication Dept. (Shiseido Japan since 2015.)
  • 田上 正子

    田上 正子MASAKO TAGAMI

    Teads Japan株式会社
    Head of publishing
    Head of publishing, Teads Japan K.K.

    2015年4月 Teads Japan 株式会社の立ち上げメンバーとして入社、媒体社にアウトストリーム動画広告への事業参入・新たなアウトストリーム在庫の創出を支援、国内最大規模のアウトストリーム動画プラットフォーム提供に携わる。TeadsのアウトストリームSSPソリューションを活用した媒体社の広告収益の最大化を支援する。
    Masako Tagami joined Teads Japan in 2015 to launch its outstream video advertising business in Japan. Since then, she promotes publishers to work with Teads to create brand new outstream video inventory, monetizing it through programmatic buying, their own sales force, or third parties including Teads Demand.
  • 崎川 真澄

    崎川 真澄MASUMI SAKIKAWA

    ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン
    取締役 CEO
    CEO, The Huffington Post Japan, Ltd

    早稲田大学政経学部卒。1986年朝日新聞社入社。広告局にて東京、大阪、福岡、NYにて勤務。広告MU部時代は環境/CSRなどのテーマ広告開発・新規メディア事業開発業務に従事。その後、経営企画室では中期経営計画策定のほか朝日カルチャーセンター等グループ企業関連業務、社内情報共有システムの開発リーダーを務める。2013年からは「未来メディアプロジェクト」統括として MITメディアラボとのコラボレーション事業の一環として、データビジュアライゼーションの専門家等を招聘した国際イベントやデータジャーナリズムハッカソンを開催。2014年からは顧客データベース(DB)プロジェクトの創設メンバーとして、DBシステム開発、朝日IDの蓄積および利活用マーケティング業務に携わる。2017年5月、ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン取締役CEO就任。
    EDUCATION Waseda University, Tokyo, Bachelor of Arts in Economics, 1986 PROFESSIONAL EXPERIENCE The Asahi Shimbun Co. (1986-2017) The Huffington Post Japan (2017- 1986- Assigned to the Advertising Department of The Asahi Shimbun. 1999- Chief of Advertising at The Asahi Shimbun New York bureau. 2002- Deputy Manager tasked with developing new media products and organizing problem-solving symposia on social issues at Tokyo Office. 2008- Senior member of Corporate Planning Office assigned to work out medium- and long-term business strategies. 2013- Project Leader of “The Asahi Shimbun Future Media Project” organizing an international symposium. 2014- Assigned to Tokyo Olympic Paralympics and Sports Strategy Team 2015- Project leader for Customer Relationship Management project conducting data driven marketing 2017- CEO, The Huffington Post Japan, Ltd
  • NICHOLAS (NICK) KOVAC

    パブマティック株式会社
    カントリーマネージャー
    Country Manager, PubMatic, Inc

    日本市場におけるPubMatic社の成長や戦略的パートナーシップを構築するため、現職に2017年10月に就任。それ以前の5年間は、cci社とのパートナーシップを構築し、OpenX Japanを設立、同社のマネージングディレクターとしてビジネス拡大の役割を果たした。また、A9社(Amazonの関連会社)やGoogle社の新ソリューションのローンチに従事した経験を保有する。
    Nicholas (Nick) Kovac joined in PubMatic as Country Manager Japan to develop its growing portfolio of Japan based accounts and strategic partnerships. Nick comes with a wealth of experience within the Industry, having spent the last five years founding and leading OpenX entry into Japan and partnership with cyber communications, a Dentsu group. He also worked with A9 (an Amazon company) and Google to launch new solutions into the Japanese market.
  • 江川 亮一

    江川 亮一RYOICHI EGAWA

    シーセンス株式会社
    代表取締役社長 兼 本社シニアバイスプレジデント
    Senior Vice President HQ / President Japan, Cxense Co., LTD.

    1997年に日本オラクル株式会社に入社。ITコンサルタントとして大手企業向けウェブシステム構築やERP導入に従事。 その後、日本IBMを経て検索エンジン大手のオートノミー、ファストサーチ&トランスファーにてセールスディレクターとして数々の著名ウェブサイトでの検索・レコメンデーション導入を担当。 2010年、オンライン・メディア企業向けに収益の最大化・ユーザエクスペリエンス向上ソリューションをクラウドで提供するシーセンスの立ち上げに参画。グローバルで6000,日本国内で350を超えるサイトで採用済み。
    As Senior Vice President, Business Development, and President Japan, Ryoichi Egawa leads Cxense Japan. Before joining Cxense, Egawa had more than 10 years of experience in leadership roles in the software industry. Most recently, Egawa was Director of Sales at FAST and, subsequently, in the Digital Marketing Platform Group at Microsoft. Before this he served as Sales Director in Autonomy and Field Alliance Manager in IBM Japan. Egawa also has experience in IT consulting at Oracle.
  • 柳田 竜哉

    柳田 竜哉RYOYA YANAGIDA

    朝日新聞社
    デジタル本部ビジネス開発部 次長
    Deputy Manager, Digital Business Section, The Asahi Shimbun

    2001年朝日新聞社に入社。広告局、デジタルメディア本部を経て2010年より朝日インタラクティブに出向し取締役メディアビジネス担当としてCNETjapnなどのメディアビジネスを統括。2016年に朝日新聞社に帰任し、現在は朝日新社聞社のデジタルメディアの広告設定、プログラマティック広告等のマネジメントを担当。
    Joined Asahi Shimbun in 2001. Worked at Advertising Division, Digital Media Division, and Asahi Interactive where he was in charge of CNETJapan’s business. Since 2016, he is now managing advertisement on Asahi’s digital media and programatic. In order to focus more on ad tech and programatic, replaced ad server in 2017.
  • 加藤 貞顕

    加藤 貞顕SADAAKI KATO

    株式会社ピーズオブケーク
    代表取締役CEO
    CEO, Piece of Cake, inc.

    アスキー、ダイヤモンド社に編集者として勤務。『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』など話題作を多数手がける。 2011年に株式会社ピースオブケイクを設立。コンテンツ配信プラットフォームcakes(ケイクス)とメディアプラットフォームnote(ノート)を運営。
    Worked as an editor at major publishing company ASCII and DIAMOND, and produced many best sellers. Established Piece of Cake, inc. in 2011. Provides online contents platform “cakes” and media platform “note” where anyone can deliver their contents and connect with their fans.
  • 大町 聡

    大町 聡SATOSHI OMACHI

    神戸新聞社
    デジタル事業局 執行役員デジタル事業局長
    Director of Digital Business, Bureau of Digital Business, The Kobe Shimbun

    1983年神戸新聞社入社。編集局社会部記者、デスクなどを経験し、2007年、メディア局デジタル情報部長、2014年から現職。ウェブサイト「デイリースポーツオンライン」「神戸新聞NEXT」の運営、「デイリースポーツ」「神戸新聞」「馬サブロー」コンテンツ配信事業を担当する。近年はグループメディアのサンテレビジョン、ラジオ関西、京阪神エルマガジン社とのデジタル連携が進む。
    Joined Kobe Shimbun in 1983. After working at editorial and desk, Director of Digital Information Media in 2007, and Director of Digital Business in 2014. He is in charge of its online media “Kobe Shimbun NEXT”, and online contents distribution of Daily Sports and Kobe Shimbun. Kobe Shimbun has been promoting digitalization among group media including radio and magazines.
  • 宮原 忍

    宮原 忍SHINOBU MIYAHARA

    株式会社プレイド
    Business Development
    Business Development, PLAID inc.

    豊橋技術科学大学大学院工学研究科を修了後、日揮(システム企画・開発)・リクルート(サービス企画・開発/事業開発)・KADOKAWA(事業開発)・ベンチャー企業(事業開発)を経て、2017年2月よりプレイドに参画。
    After graduating from Graduate School of Engineering, Toyohashi University of Technology, after undergoing JGC (system planning and development) recruit (service planning / development / business development), KADOKAWA (business development) and venture company (business development), in February 2017 Participate in PLAID inc.
  • 山口 翔

    山口 翔SHO YAMAGUCHI

    株式会社グライダーアソシエイツ
    取締役CMO
    Executive CMO, GLIDER associates, INC.

    株式会社マクロミルへ新卒入社。マーケティングリサーチの営業を経て、人事部にて新卒採用に従事。 2015年株式会社グライダーアソシエイツへ転籍後、キュレーションアプリantenna*[アンテナ]の広告営業、商品企画、経営戦略室長を経て、2017年1月に取締役に就任。 antenna*の事業全体(サービス開発・キュレーション・プロモーション・マネタイズなど)を統括し、2018年より事業のマネタイズに特化した取締役CMOに就任。
    Joined Macromill,Inc. in 2009, engaged in sales of Marketing Research and recruiting. Joined GLIDER associates, INC. in 2015, worked on Ad sales on their curation app “antenna”, product planning, and business strategy. Became executive member since Jan 2017 and looked over antenna’s whole business. He is now an executive CMO, responsible for revenue and monetizing.
  • 西尾 崇彦

    西尾 崇彦TAKAHIKO NISHIO

    株式会社晋遊舎
    代表取締役社長
    President and COO, Shinyusha Co., Ltd.

    1976年長野県生まれ。株式会社晋遊舎代表取締役社長。都留文科大学在学中、米国カリフォルニア大学へ留学。帰国後、株式会社廣済堂を経て2004年より晋遊舎。2007年に『家電批評monoqlo』を企画。その後、『家電批評』『MONOQLO』『LDK』などのテスト誌を創刊。2016年10月、日本初の本格商品テストWEB『360.life(サンロクマルドットライフ)』を開設。2014年1月より現職
    After working at another publishing company, joined Shinyusha in 2004. Planned consumer product testing magazine "Monoqlo" in 2007 and successfully published three consumer electronics review magazine "MONOQLO", "Consumer Electonicis Review", and "LDK". In Oct. 2016, launched the Japan's first product testing website "360.life". He is the President and CEO since Jan 2014.
  • 山口 武

    山口 武TAKESHI YAMAGUCHI

    Integral Ad Science Japan株式会社
    アカウント・エグゼクティブ
    Account Executive, Integral Ad Science Japan

    ニューヨーク大学ティッシュ芸術学部卒。2006年、Oddcast, Inc. 入社。2008年、Experian Marketing Solutions, Inc(ニューヨーク本社)にて大手広告主のマーケティングキャンペーンのサポートや戦略的コンサルティング業務を経験し、2011年に帰国、コムスコアジャパン株式会社にてクライアントサービスマネージャーとしてアドベリフィケーションやネット視聴率など多岐にわたるソリューションの営業サポートから実施までの実務を担当。2015年4月より現職。
    Joined IAS Japan in April, 2015. Before IAS, worked at comScore Japan as Manager of Client Service, in charge of solution sales from 2011-2015. He also worked at Marketing Solutions, Inc and Oddcast, Inc. in New York, and engaged in marketing campaign for major advertisers’ clients and strategy consulting. BA from New York University Tisch School of Arts.
  • 金谷 徹

    金谷 徹TETSU KANAYA

    popIn株式会社
    マネージャー
    manager, popIn Inc.

    2015年に大手広告代理店グループを経て、popIn株式会社へ入社。以来、多くのパブリッシャーのマネタイズ、およびナショナルクライアントを中心とした広告主のマーケティング支援を行なっている。
    After working at advertising agency group, joined popIn Inc. in 2015. Engaged in multiple projects on supporting publishers’ monetization and brand company’s marketing including many national clients.
  • 工藤 智昭

    工藤 智昭TOMOAKI KUDO

    株式会社ジーニー
    代表取締役 CEO
    CEO, Geniee, Inc.

    株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)入社。事業開発室にてアドネットワーク事業推進を行い、リクルートの広告を起点として、日本最大のエリアアドネットワークの構築を手掛ける。 2010年4月 ジーニーを設立、代表取締役社長に就任。 2012年8月 Geniee International Pte., Ltd.を設立、Representative Directorに就任
    Joined Recruit Holdings Co., Ltd. and contributed to developing and building the largest ad network in Japan. Founded Geniee, Inc. in April 2010 and became CEO. He is also Representative Director of Geniee International Pte., Ltd., established in August 2012.
  • 浦山 利史

    浦山 利史TOSHIFUMI URAYAMA

    株式会社メディア・ヴァーグ
    代表取締役 CEO
    Founder & Chief Executive Officer, mediavague Co., ltd.

    2000年、株式会社ネコ・パブリッシングに入社。主に雑誌の販売促進業務を担当する。
    2008年、株式会社小学館クリエイティブに入社。販売促進以外に、書籍の企画や編集など、出版に関わる多くの業務を担当する。
    2010年6月に独立後、ネット上に質の高いコンテンツを提供することを目標とし、2011年4月に株式会社メディア・ヴァーグを設立、代表取締役に就任。

    Joined NEKO PUBLISHING CO., LTD., a hobby magazine publishing company, in 2000 and engaged in sales promotion of magazines. Moved to Shogakukan Creative in 2008 and worked in sales, planning, and editorial. Started his own business in 2010 and established mediavague Co., ltd. in April 2011 to create high-quality online contents.
  • 前川 洋輔

    前川 洋輔YOSUKE MAEKAWA

    アマゾンジャパン合同会社
    コンシューマーマーケティング統括本部
    アソシエイトマーケティング部/アドバタイジングイノベーション部
    部長
    Head of Associates & Advertising Innovation, Consumer Marketing Department, Amazon Japan G.K.

    米Yahoo! Inc.傘下にて検索連動型広告の最大手であったオーバーチュア株式会社に2005年より所属、2007年のヤフー株式会社による同社統合に伴いYahoo! Asia (米Yahooのアジア統括部門)へ転籍、グローバルキャンペーンのオペレーションや効果改善を実践する。2010年、デジタル調査会社の コムスコア・ジャパン株式会社に入社、4年間にわたり同社の業務拡大に貢献すると共に、ブランド認知と顧客ポートフォリオの充実を進め、2012年より同社のカントリーマネージャーを務める。2014年「世界三大SSP」の一角を占めるPubMaticのカントリーマネージャーとなる。2017年よりアマゾンジャパン合同会社へ入社、アソシエイトマーケティング部及びアドバタイジングイノベーション部部長として、Eコマースを活用したパブリッシャーマネタイゼーションを推進する。 2015年、パブリッシャー・マネタイゼーション研究会(パブ研、代表幹事:横山 隆治)の立ち上げメンバーの一員として同会を発足。業界全体への提言・取り組みにも積極的に関与している。現同会幹事。
    Yosuke Maekawa brings over 12 years of experience in the field of marketing industry in Japan. He joined Amazon Japan in January 2017, serves as head of Associates and Advertising Innovation, promoting opportunity for publisher monetization through collaborating with Amazon’s business. Prior to Amazon, Yosuke led Japan subsidy of PubMatic, where he worked with publishers to utilize Supply Side Technology to monetize their assets. Yosuke have also led comScore Japan KK from 2012, where he spent, in total four years expanding its operations and increasing the brand awareness and customer portfolio. He joined comScore from Yahoo! Inc., where he joined Overture Japan KK (later acquired by Yahoo! Japan) in 2005, later transitioned to Yahoo! Inc.,’s APAC operation in 2007. During his time at Yahoo! Inc., Yosuke increased efficiencies and operations through working with major global ad agencies and brands.
  • 前田 裕二

    前田 裕二YUJI MAEDA

    SHOWROOM株式会社
    代表取締役社長
    Chief Executive Officer, SHOWROOM Inc.

    1987年東京都生まれ。2010年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、UBS証券株式会社に入社。 2011年、UBS Securities LLCに移りニューヨーク勤務を経た後、 2013年に株式会社ディー・エヌ・エー入社。 “夢を叶える”ライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM(ショールーム)」を立ち上げる。 2015年に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。 ソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合弁会社化。 現在は、SHOWROOM株式会社・代表取締役社長として、SHOWROOM事業を率いる。 2017年6月には初の著書「人生の勝算」を出版、Amazonベストセラー1位を獲得。
    Yuji Maeda joined UBS Securities Japan in 2010 after completing his bachelor degree in political science and economics at Waseda University. In July 2011 he was transferred to UBS Securities LLC in New York and began covering institutional investors who were based in the USA and Canada. After three years of his career as a Japanese equity sales person, he met Tomoko Namba, the founder of DeNA (Japanese interenet / social gaming company), which made him join DeNA afterward. He launched ""SHOWROOM"" in late 2013 as an internal corporate venture of DeNA, which ended up in being spun off into a separate company in 2015. Now he leads the whole business as the CEO of SHOWROOM Inc.

※本イベント開催時の所属および役職です。
※ABC順

Agenda アジェンダ

Day 01, February 8th

11:00-13:00
Registration Desk Opens
11:30-12:00
Publisher Town Hall
Publishers only

今田 素子
株式会社メディアジーン
代表取締役 CEO

長田 真
DIGIDAY[日本版]
編集長

12:00-12:30
Sandbox Presentations
Publishers only
砂田 和宏

砂田 和宏
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
ブランドマーケティング本部 副本部長

江川 亮一
シーセンス株式会社
代表取締役社長 兼 本社シニアバイスプレジデント

宮原 忍

宮原 忍
株式会社プレイド
Business Development

12:30-13:30
Networking Lunch
Open to all
13:30-13:35
Opening Remarks
Open to all

BRIAN MORRISSEY
DIGIDAY
President & editor-in-chief

13:35-13:45
The Digiday Challenge Board

亀山 愛
DIGIDAY[日本版]
編集者/アナリスト

13:45-13:55
Biggest Trend in the Industry

長田 真
DIGIDAY[日本版]
編集長

13:55-14:15
パートナーシップによるオーディエンスリーチの拡大

多くのパブリッシャーはアジア地域におけるパートナーシップを利用して、新たなオーディエンスにリーチしようとしてる。本セッションでは、ダウ・ジョーンズが毎日新聞と連携して、アジア地域におけるオーディエンス拡大を狙う戦略に迫る。

  • The Issue of Partnerships

    Many publishers are now using partnerships in Asia as a way to connect with new audiences. Hear how Dow Jones is leveraging their partnership with one of Japan’s biggest publishers Mainichi to connect with new audiences.

Joe Martin

JOE MARTIN
Dow Jones
Partnerships Director for APAC

BRIAN MORRISSEY
DIGIDAY
President & editor-in-chief

14:15-14:35
紙メディアのデジタルシフト、成功の秘訣とは?

読者との接点が紙からデジタルに移行しつつある現在、多くの新聞・出版メディアが直面している課題はビジネスモデルのデジタルシフトではないだろうか。本セッションでは、出版出身の社長がデジタルメディアを立ち上げ、fluctとタッグを組みどのように急成長しているかを具体的に解説していく。

  • What is the Success Factor for Traditional Media to Digitalize?

    While the touchpoint with users are shifting from paper to online, what most newspapers, publishers, and media are facing now is digitalization of their business model. In this session, CEO of fluct Inc. and mediavague Co., ltd. will discuss how they created a digital media and successfully maintained growth by collaborating.

土井 健

土井 健
株式会社fluct
代表取締役 CEO

浦山 利史

浦山 利史
株式会社メディア・ヴァーグ
代表取締役 CEO

14:35-14:55
世界のパブリッシャーに見る最新の動き

巨大プラットフォームの存在やデジタルシフトの難しさなど、パブリッシャーは新しいビジネスモデルの構築を模索することを求めらている。 プログラマティック、動画、e-コマースなど、世界のパブリッシャーはどのように新たな収益やビジネスチャンスを生み出しているのか。米DIGIDAY編集長が、最新トレンドについて語る。

  • What’s Going on in the Publishing World?: The Latest Trend from US

    Facing the rapid growth of digitalization and pressure from duopoly, publishers are challenged to build sustainable revenue model. Publishers around the world is stepping into new business opportunities; programmatic, subscriptions, e-commerce, and video. The session will reveal some of the latest and hottest topic that DIGIDAY US sees.

BRIAN MORRISSEY
DIGIDAY
President & editor-in-chief

14:55-15:15
「嫌われない広告」を実現する指標とは

メディアの収益化が騒がれるなか、長年パブリッシャーのマネタイズ方法の基本は広告にある。その一方で広告はユーザー体験を損なう存在とも見られるいま、広告主とユーザー双方に「嫌われない広告」とはどういう広告なのか、またどういう指標で見ていくべきなのか。実績を交えながら紹介する。

  • How to Measure and Create User Freindly Ads?

    How to monetize the media continues to be publishers interest in 2018. Advertisement has long been the major revenue for most publishers, however, it could also damage user experiences. popIn Inc. will discuss how to create and measure more effective ads both for advertisers and users.

金谷 徹

金谷 徹
popIn株式会社
マネージャー

山口 翔

山口 翔
株式会社グライダーアソシエイツ
取締役CMO

15:15-15:35
Refreshment & Networking Break
15:35-15:40
Town Hall Reports & Review of the Challenge Board

亀山 愛
DIGIDAY[日本版]
編集者/アナリスト

15:40-15:55
パブリッシャー視点で考えるブランドセーフティと取り組むべき対策とは

昨今デジタル広告業界が直面しているブランドセーフティに関する課題においては、広告主だけでなくパブリッシャー側もブランド毀損のリスクを抱えており、早急に対応すべき問題となっている。
ユーザー体験やメディアのブランドを損なうことなく、いかに効果の高い広告配信を実現するか。本セッションでは、AJAとサイバーエージェントが運営する「Ameba」が市場やユーザーの変化に伴い実際に行ってきた施策やノウハウを公開し、今パブリッシャーがするべき対策を解説する。

  • What Publisher Needs to Consider about Brand Safety

    One of critical issues that digital advertising is facing is brand safety. Problem with brand safety could not only harm advertisers’ brand image but also publisher’s branding as well. How publishers could respond to this problem without damaging user experience and their brands? In this session, AJA will share the knowhow and strategy how Ameba has adjusted to the change of market and users, and how publishers should tackle this issue.

野屋敷 健太
株式会社AJA
代表取締役社長

15:55-16:10
「広告非掲載」を貫く、the360.life の勝ち筋

『MONOQLO』『家電批評』『LDK』、いま晋遊舎の商品テスト雑誌が売れている。広告を一切掲載しないからこそ書ける、本音の商品レビューが読者にウケたのだ。そんな同社は2016年10月、日本初の本格商品テストサイト「the360.life」をローンチした。こちらも雑誌同様に、広告を一切掲載しないことが大きな特徴のひとつとなっている。しかし、雑誌とは異なり、基本無料のインターネットで、どのように採算を立てていくのか? その勝ち筋を探る。

  • “the360.life”’s business model: Monetizing without Advertisement

    Shinyusha has successfully published consumer electronics review magazine “MONOQLO”, “Consumer Electronics Review” and “LDK”. In 2016, they launched the website version, “the360.life”. What is unique about Shinyusha’s model is that they do not use any advertisement. How are they monetizing without any ads? The session will reveal their business model.

西尾 崇彦

西尾 崇彦
株式会社晋遊舎
代表取締役社長

長田 真
DIGIDAY[日本版]
編集長

16:10-16:25
プログラマティックマネタイズの最先端

PMP(PD)、動画、アドフラウド、データ活用、ITP、透明性、アドブロックなど2017年もプログラマティック関連では多くの課題やトピックが話題となった。そんな難しい状況のなかでもマネタイズを前進させているメディアが多く存在する。国内のサプライサイドシェアNo.1のジーニーが、業界の話題とプログラマティックによるマネタイズの最新事例を紹介する。

  • What’s Going on at Programmatic Monetization

    There has been lot of discussion around programmatic such as PMP(PD), video, ad fraud, data, ITP, transparency, and ad block. Even under this difficult situation, some of the media are successfully monetizing with programmatic advertising. Geniee will share the latest topic and cases of programmatic monetization.

工藤 智昭

工藤 智昭
株式会社ジーニー
代表取締役 CEO

16:25-16:40
TVer が構築する、新しい「テレビ」の価値

民放テレビ局が連携した無料キャッチアップ配信サービス、民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」。立ち上げから2年経ち、アプリのダウンロード数はついに1000万を超えた。着実にその存在感を強める背景には、さまざまなデータをかけ合わせ機能改善につなげるといった、デジタル化に対するチャレンジがある。そんなTVerがめざす、新しい「テレビ」のあるべき姿とは?

  • The Next Vison of Television through TVer

    Launched in October 2015, TVer is an online free streaming service, collaborating with five major private broadcast networks. In December 2017, its app reached 10 million downloads. Behind the scene, TVer and television networks have worked on improving the service by analyzing and combining various data. The session will reveal how broadcast networks and TVer is trying to create the new vision of television.

須賀久彌

須賀 久彌
株式会社プレゼントキャスト
COO

16:40-17:00
パブリッシャーの真のパートナーを目指して

昨年より業界課題となっている健全なインターネット広告(Clean Advertising)に対するTeadsの最新の取り組みと、豊かな広告表現を実現する「Teads Studio」を通じて、ユーザー体験がどのように変わるのかを説明する。また媒体社とのパートナーシップをより強固にすることを目的とした、今後のリリース予定の機能についても紹介していく。

  • Strengthening the Partnership with Publishers

    Clean Advertising has been a critical issue in ad industry. Teads is tackling this issue through their solutions and products. Teads Studio provides advertisers to enrich their user experience by creating premium video contents. Also, Teads is releasing a new service to further strengthen their partnership with publishers.

田上 正子
Teads Japan株式会社
Head of publishing

17:00-17:15
新たな一歩を踏み出した、読売新聞のデジタル戦略

2018年1月、読売新聞はデジタルコンテンツ制作会社と連携したコンソーシアムを結成し、コンテンツマーケティング支援を行う「YOMIURI BRAND STUDIO」を創設。新聞社が持つ信頼性と取材・執筆力の強みに、デジタル領域における多様なクリエイティブ力を融合した仕組みで攻める。新たな取り組みの一歩を踏み出した背景と今後の構想とは?

  • A New Journey in Yomiuri’s Digital Strategy

    Yomiuri Shimbun just launched “YOMIURI BRAND STUDIO” in January. It is a consortium-based studio where Yomiuri is working with digital production companies to support brands’ contents marketing. Yomiuri is leveraging their credibility and quality as a newspaper publisher by collaborating with digital creativity. The session will reveal what’s to come in Yomiuri’s next digital strategy.

安部 順一

安部 順一
株式会社読売新聞東京本社 広告局
執行役員 広告局長

17:15-17:30
VIP Meeting
VIP publishing execs only

10分間ミーティング(10-Minute Meetings)の流れについて、招待パブリッシャーおよびミーティング参加者に説明いたします。

17:30-19:30
10-Minute Meetings

招待パブリッシャーとスポンサー企業による1ターム10分の1on1ミーティングです。

19:50-20:20
Drinks Reception

Sponsored by GumGum

20:20-21:50
Dinner

Day 02, February 9th

7:00-8:00
Breakfast
8:00-8:30
Publisher Town Hall
Publishers only

菅原 健一
スマートニュース株式会社
ブランド広告責任者

長田 真
DIGIDAY[日本版]
編集長

8:30-8:50
Sandbox Presentations
Publishers only
Nicholas (Nick) Kovac

NICHOLAS (NICK) KOVAC
Country Manager
PubMatic, Inc.

山口 武
Integral Ad Science Japan株式会社
アカウント・エグゼクティブ

9:20-9:50
TicToc by Bloomberg:ツイッターと連携した新たなニュース配信への挑戦

2017年12月、ブルームバーグ メディアとツイッターは、ソーシャル・メディア・プラットフォームとしては初の24時間グローバル・ニュース・ネットワーク「TicToc by Bloomberg」の提供開始を発表した。本セッションでは、ツイッターとの連携の背景やエンゲージメントを高めるプレミアムコンテンツの配信など、ブルームバーグが目指す新たなメディアのモデルに迫っていく。

  • Creating a Modern News Experience for a Global Audience

    Hear from Bloomberg Media on how they set out to create the most modern news experience with TicToc by Bloomberg, the first-ever global news network built for Twitter. Global CRO Keith Grossman will discuss why Bloomberg partnered with Twitter and how it is building a scalable modern media model focused on engaging its audience with premium content.

Keith Grossman

KEITH GROSSMAN
Bloomberg
Global Chief Revenue Officer

BRIAN MORRISSEY
DIGIDAY
President & editor-in-chief

9:40-10:00
5年目を迎えたハフィントンジャパン、その成功の戦略の鍵

2018年、ハフポストは創刊5周年を迎えます。1月には過去最高の月間2170万UUを達成し、2017会計期の収支も大変好調でした。ネイティブアドの最先端を切り開くハフポスト社のビジネスモデル、そして、その成功したBtoCメディア・モデルからBtoBメディアとしても躍進を遂げつつある同社の戦略と構想を紹介します。

  • How did HUFFPOST Japan succeed at monetizing their premium contents?

    In January 2018, HUFFPOST got record high 21.7M UU on their own site and business has been doing pretty good throughout 2017. How do they monetize their premium news contents? This session will reveal their strategy and business model.

崎川 真澄

崎川 真澄
ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン
取締役 CEO

BRIAN MORRISSEY
DIGIDAY
President & editor-in-chief

10:00-10:20
スポーツ生中継の未来は、オンライン配信にあり!パブリッシャーはどう関われるか

オンデマンドメディアとライブストリーミングの成長で、オーディエンスがスポーツを楽しむ体験の幅が格段に広がっている。ブランド企業にとっても、オーディエンスと直接繋がる新たなチャンスとなっている。本セッションでは、スポーツのライブ配信に止まらず、ストリーミングを通したマネタイズの方法やオーディエンスにシームレスな広告体験を届ける新たな挑戦など、パブリッシャーがどう勝てるのかを紐解いていく。

  • The Future of Sports Broadcasting is Online Streaming – how can brands and publishers get in the game!

    The rise of live streaming and on-demand media continues to redefine the sports content experience, providing sports fans with a deeper connection to their favourite games, while also opening up new opportunities for brands to engage with audiences on a 1:1 level.
    Join us to learn more above the state of live sports streaming, the increased opportunity for publishers to monetise all stream across all screens and the latest industry challenges to deliver a seamless advertising experience.

Gavin Buxton

GAVIN BUXTON
Managing Director, Asia
SpotX

10:20-10:35
ブランドがこれからのパブリッシャーに求めるもの

2017年、ブランドセーフティ、ビューアビリティ、アドフラウドの問題が取り沙汰されたが、ブランドはこれらの課題をどう捉えているのか。このセッションでは、JAA(日本アドバタイザーズ協会)・デジタルメディア委員長の立場から資生堂ジャパン株式会社の小出氏に、デジタル化を進めるパブリッシャーへブランド側が期待していることについて語っていただく。

  • What Brand is Looking for Publishers

    We heard a lot about brand safety, viewability, and ad fraud as rising issues in 2017 and it seems to be a continuing discussion this year. Mr. Koide from Shiseido Japan, who leads Digital Media Committee at Japan Advertisers’ Association, will share what brand/advertisers are expecting for publishers.

小出 誠

小出 誠
資生堂ジャパン株式会社
メディア統括部長

10:35-10:50
Coffee & Networking Break
10:50-11:05
パブリッシャーが考えるヘッダービディング戦略とその成功

Sponsored by Amazon Publisher Services
プログラマティック広告において、先見的な朝日新聞社と神戸新聞社より、広告収益とユーザーエクスペリエンスの改善のために、どのように新しいヘッダービディングテクノロジーを活用しているのか、それぞれの取り組みを語っていただく。

  • Successful header bidding strategies

    Sponsored by Amazon Publisher Services

    We will hear from forward-looking publishers Asahi Shimbun and Kobe Shimbun how they leveraged new header bidding technology to improve programmatic revenue and user experience. This session will be sponsored by Amazon Publisher Services.

柳田 竜哉
朝日新聞社
デジタル本部
ビジネス開発部 次長

大町 聡
神戸新聞社
デジタル事業局
執行役員デジタル事業局長

長田 真
DIGIDAY[日本版]
編集長

11:05-11:20
「cakes」と「note」が目指す、出版とクリエイティブの未来

コンテンツとテクノロジーと編集力で、クリエイターが活躍する世界を実現するピースオブケーク。コンテンツ配信プラットフォームcakes(ケイクス)、メディアプラットフォームnote(ノート)が目指す、デジタル時代の出版やクリエイティブのあり方、そして出版・制作者とファンを繋げて構築するエコシステムとは。さらに、2017年12月に開始した、新書を再発明した「スマート新書」の構想にも迫る。

  • The Future of Publishing and Creative: What “cakes” and “note” is Creating

    Piece of Cake’s mission is to support creators by combining the quality of contents, technology and editorial. Their web contents platform services “cakes” and “note” are where digital publishing and creative cross. We will see the idea and ecosystem that runs through papers and digital, and also connects publishers, creators, and their fans.

加藤 貞顕

加藤 貞顕
株式会社ピーズオブケーク
代表取締役CEO

11:20-11:35
動画ビジネスの勝機は、「サスティナビリティ」にあり

パブリッシャーがこぞって動画投資を強める米国でも、そのビジネスを維持していくにあたり、いま大きな転換期を迎えている。日本では、まだ市場は大きくないとはいえ、各社の動画への投資スタンスやビジネスに差が出てきた。本セッションでは、世界中で動画ビジネスサービスを提供するブライトコーブのテクノロジーと知見を通して、コンテンツとしての動画の可能性と、その持続性について紹介していく

  • Publishers’ Video Strategy Success lies in Sustainability

    In US, publishers like Condé Nast and New York Times are investing heavily on digital video. Japanese publishers are following the US market. The key of successfully monetizing on video depends on whether strategy is sustainable or not. Brightcove will take you through their technologies and importance of sustainability on video business.

北庄司 英雄
ブライトコーブ株式会社
シニアセールスディレクター

11:35-11:50
プレミアム デジタル パブリッシャー:新ビジョンの目指すところ

多国籍出版企業コンデナスト・パブリケーションズの傘下にあるコンデナスト・ジャパンは、インターナショナルであることの強みを活かしつつ、日本独自のビジネスも追求している。そんななか、2017年9月に打ち出した新しい経営ビジョンが「ベストコンテンツ マーケティングを提供する、 プレミアム デジタル パブリッシャー」だ。ハイファッションに特化した同社ならではの戦略について深掘りする。

  • The Premium Digital Publisher: New Vision of CONDÉ NAST JAPAN

    In September 2017, CONDÉ NAST Japan announced its new vision “To become The Premium Digital Publisher with the best content marketing services” and changed their organizational structure. Leveraging on its high-fashion quality, CONDÉ NAST Japan is entering a new digital era.

北田 淳

北田 淳
コンデナスト・ジャパン
社長

長田 真
DIGIDAY[日本版]
編集長

11:50-13:00
Networking Lunch
13:00-13:15
プレミアムパブリッシャー100サイトを見て分かった、メディアとユーザーの今とこれから

2016年末のLoyalfarmリリースから、はや一年。多くのプレミアムパブリッシャーに採用いただき、活用方法についてディスカッションしてきた。今回は延べ100サイトを横断的に調査し判明した近年のメディアの特性や、ユーザーの閲読行動の特徴を紹介しながら、それらの重要な課題を解決するための、パーソナライゼーションに特化した新たなコンセプトを発表する。

  • What logly Discovered from Analyzing 100 Premium Publishers’ Websites

    logly launched an analysis tool for audience engagement in 2016 and it has been applied by many premium publishers. logly has conducted a research over more than 100 websites to analyze audiences’ engagement and their recent actions. In this session, logly will reveal what they have found and logly’s new concept for personalization.

吉永 浩和
ログリー株式会社
代表取締役

13:15-13:30
エンタメビジネスの改革者、SHOWROOMが牽引するエンゲージメント型メディアの勝算

昨今盛り上がっている動画ストリーミングサービスのなかで、もっとも気を吐いているサービスのひとつの「SHOWROOM」。アイドルやアーティストなどに対して仮想ライブ空間を提供し、バーチャルアイテムのプレゼントである「ギフティング」や、「ライブコマース」などで新しいエンターテイメントビジネスのあり方を示している。そのカギとなるは演者とオーディエンスの深い絆、「エンゲージメント」だ。本セッションでは、マネタイズの例も交えて紹介する。

  • Innovation on User Engagement-focused Media: What SHOWROOM is Trying to Achieve on its Live Streaming Platform

    SHOWROOM is one of the fastest growing live streaming platform. It provides virtual performance stage for both professional and amateur singers, comedians, and idols. Key is the interactive and engagement occurs between performers and their core audiences. SHOWROOM will introduce its unique features, business model, and how they are effectively monetizing on the platform.

前田 裕二

前田 裕二
SHOWROOM株式会社
代表取締役社長

長田 真
DIGIDAY[日本版]
編集長

13:30-13:50
Amazonで実現するパブリッシャーのマネタイズとは

米国ではメディアとコマースの融合が進んでいる。大手パブリッシャーがコマースに特化したメディアを保有し、これに追随して自社メディア内でコマースへ取り組む企業が増え始めている。新たなマネタイズの手段としてパブリッシャー各社がコマースへ取り組む中で、これまで培われたメディアと読者との接点を、「購入」というもう一歩踏み込んだ形で可視化したいというニーズに対し、Amazonで実現できるメディアコマースについて、事例を交えて紹介する。

  • What is “Publisher Monetization” opportunities using Amazon?

    Collaboration between Media and commerce are progressing in the US. While others uses their own media to work with commerce to monetize, several players have gained ahead by introducing commerce specific media. These publishers are realizing that through “purchase” behavior, they are able to build a deeper ties between media and its readerships as well as realizing for a value, through enablement of deeper understanding of its users. Amazon will introduce some best practices found and media commerce that is a real possibility.

前川 洋輔

前川 洋輔
アマゾンジャパン合同会社
コンシューマーマーケティング統括本部
アソシエイトマーケティング部/アドバタイジングイノベーション部 部長

13:50-14:05
「東洋経済オンライン」は荒れ狂う大海のなか、どこに向かうのか

月間2億PVを超える「東洋経済オンライン」。2012年のリニューアルを経て、いまや日本最大級のビジネスニュースサイトに成長してきた。しかし、デジタル化の歩みは、いまだ道半ば。「週刊東洋経済」、「会社四季報」といった紙メディアを持ちつつ、いかにしてオンラインメディアを成長させるか。成功の軌跡と、見えてきた課題とは?

  • Where Toyo Keizai Online is heading in this heavy sea?

    Since the renewal in 2012, Toyo Keizai Online has more than 200 million monthly page views and become one of the biggest online news site. However, they now have to take the next step.now need to consider the next step. How could a traditional media transform their online business? The session will go through their challenges.

田北 浩章

田北 浩章
株式会社東洋経済新報社
常務取締役

14:05-14:10
Wrap Up “5 things we’ve learned”

長田 真
DIGIDAY[日本版]
編集長

14:10-16:40
Closing Party

※イベント内容は変更になる場合もございます。
※イベント当日は写真撮影を行います。客席を含む会場内の映像・音声・写真等をメディア掲載および今後のイベント広報に使用させていただく場合がございます。

Sponsors スポンサー

amazon_web_logo
aps_web_logo_new
aws_web_logo_new
sponsor_fluct
sponsor_popln
SPOTX_web_logo
sponsor_teads
DPS18_aja_logo
GENIEEl_web_logo
sponsor_brightcove
sponsor_logly
sponsor_smartnews
p1_110902_print
DAC_02
sponsor_cxense_1
plaid_logo_dbl17
sponsor_pubmatic
IAS_web_logo
oathjapan_sponsor_abc
gumgum_web_logo
chartbeat_web_logo

Supporters 後援

Venue 開催場所

ウェスティン都ホテル京都
The Westin Miyako Kyoto
605-0052 京都市東山区粟田口華頂町1(三条けあげ)
605-0052, 1 Awataguchi Kachocho,Higashiyama-ku,Kyoto, Japan

ウェスティン都ホテル京都
The Westin Miyako Kyoto

605-0052 京都市東山区粟田口華頂町1(三条けあげ)
605-0052, 1 Awataguchi Kachocho,Higashiyama-ku,Kyoto, Japan

Tickets チケット

※STARTER VIPは招待パブリッシャーとの1on1ミーティング(4社分)を含みます。
※会場までの費用は各自ご負担ください。
※当日のキャンセル・返金は承っておりません。

Contact お問い合わせ