Media branding in the age of OMO OMO時代のメディアブランディング

デジタルがリアルを包み込もうとしているいま、ユーザー主導で価値の変容が起こっている。そんななかデジタルパブリッシャーに求められているのは、「ここでしか得られない情報」「そこでしか味わえない体験」だ。OMO*時代のメディアにとって、レーゾンデートルの証明こそが、最優先課題となる。
DIGIDAY PUBLISHING SUMMIT 2020では、新時代の社会環境を踏まえたメディアブランディングについて考える。

DIGIDAY[日本版]編集長 長田 真

*OMO:Online Merges (with) Offlineの略。オンラインとオフラインが溶け合った世界のこと。

Now that digital is about to enfold reality, users are beginning to take a lead at transforming values. And in such a time, digital publishers are expected to provide “information that can only be obtained here” and “experience that can only be observed here“. Manifestation of raison d’etre will be the top-priority issue for media in the OMO* age.
At DIGIDAY PUBLISHING SUMMIT 2020, we will think about media branding based on social environment of the new age.

DIGIDAY Japan, Editor in Chief Shin Osada

*OMO: Abbreviation for Online Merges (with) Media. It refers to a world where online and offline blend together.

Attendees 参加企業

AllAbout
BuzzFeed Japan
CreativeLink
everytv_01
FUJI Television network inc.
HEARST_LOGO
impressのコピー
infas_logo
ITmedia
JIJIPRESS
KADOKAWA
kobunsha_logo_ai
0923_講談社ロゴ
kyodo-d.logo2
magazinhouse_shotai
MERY img1 1
logo_main
logo
SHUEISHA
rocket_logo_trans
logos-Japan_hero-partner-blk
KobeShimbun
ToyoKeizai
TVTOKYOCommunications

上記ほか
文藝春秋 / 学研プラス / メディア・ヴァーグ / プレジデント社 / 小学館 / 朝日新聞社 / 読売新聞東京本社 / 日本ビジネスプレス

※ロゴ/企業名 ABC順
※法人格省略

Speakers 登壇者

  • 平井 漠

    平井 漠Baku Hirai

    LINE Digital Frontier株式会社
    取締役
    corporate officer, LINE Digital Frontier

    大学卒業後、電子写真集などの制作に携わった後、09年株式会社bbmf(現・株式会社ビーグリー)に入社。キャリア公式電子漫画サービスの企画を担当した後、13年にLINE株式会社へ入社。LINEマンガを担当し、18年分社化に伴いLINE Digital Frontier株式会社へ出向。19年2月同社執行役員に就任。
    After graduating from university, I worked in the production of electrophotographic books and joined bbmf Co., Ltd.After he was in charge of planning his career's official electronic comic book service, joined LINE Corporation in 2013.I was in charge of LINE manga and went to LINE Digital Frontier Co., Ltd., after 18 years of companyization.In February 19, became a corporate executive officer of the company.
  • 大手 大輝

    大手 大輝Daiki Ote

    株式会社ユーザーローカル
    コーポレートセールス メディア担当
    Media company sales representative, Corporate sales, User Local, Inc.

    テレビ・新聞・出版・ラジオ・インターネットなどメディア運営企業を専任で担当。メディアのデータ分析に特化した「Media Insight」や、メディア向けエンゲージメント向上ツール「AIコメントシステム」の立ち上げに従事。
    Full-time in charge of media management companies such as TV, newspaper, publishing, radio, and internet. Engaged in launching “Media Insight” specializing in media data analysis and “AI comment system”, a tool for improving media engagement.
  • 小林 大祐

    小林 大祐Daisuke Kobayashi

    アックスエンターテインメント株式会社
    代表取締役社長
    CEO, AX Entertainment Inc.

    日本テレビのeスポーツ事業推進責任者。日本テレビ子会社アックスエンターテインメント㈱代表取締役社長。eスポーツ番組「eGG」のプロデューサーを務めつつ、プロeスポーツチーム「AXIZ」の代表を務める。
    Daisuke takes the leadership in the eSports business of Nippon TV, serving as the CEO of AX Entertainment Inc., a subsidiary of Nippon TV. He is a producer of esports TV program "eGG" and the General Manager of professional eSports team "AXIZ"
  • 村井 弦

    村井 弦Gen Murai

    株式会社文藝春秋
    「文藝春秋」編集部 「文藝春秋digital」プロジェクトマネージャー
    Project manager of the Bungeishunju digital department, The Monthly Bungeishunju, Bungeishunju Ltd.

    2011年4月、株式会社文藝春秋入社。「週刊文春」編集部に配属され、記者として活動。2015年7月に「文藝春秋」編集部に移り、編集者として主にノンフィクション分野の記事を手掛けた。2019年7月から「文藝春秋digital」プロジェクトマネージャー。2019年11月7日、メディアプラットフォームnoteと組んで「文藝春秋digital」がオープンした。
    Entered Bungeishunju Ltd. in April 2011 working for The Weekly Bunshun editing department. In July 2015, he moved to The Monthly Bungeishunju editing department and edited mainly non-fiction articles. Since July 2019, he has served as a project manager of the Bungeishunju digital department, which opened its website on the 7th of November in 2019, built upon the ’note’ media platform.
  • 永井 元治

    永井 元治Genji Nagai

    株式会社FLUX
    代表取締役
    CEO, FLUX.Inc

    米系戦略コンサルのベイン・アンド・カンパニーにて、大手通信キャリアの戦略立案・投資ファンドのデューデリジェンス・商社のM&A案件などに従事。その後複数のメディア運営を経て、2018年にFLUXを創業。 慶應義塾大学法学部法律学科卒
    Genji is a founder and CEO of FLUX, a tech vendor helping publishers maximize ad revenue. Prior to founding FLUX, Genji was working at Bain&Company advising various Japanese companies and PE Funds. He also has operated several medias at a startup.
  • 小川 一

    小川 一Hajime Ogawa

    株式会社毎日新聞グループホールディングス
    デジタル担当 取締役
    Director, Degital Media, THE MAINICHI SHINBUN

    1981年毎日新聞社入社。社会部長、販売局次長、「教育と新聞」推進本部長、執行役員編集編成局長、取締役デジタル担当、取締役編集担当を経て現職。
    Joined Mainichi Shimbun in 1981. current position in 2018 after serving as General Manager of Social Affairs Department, Deputy General Manager of Sales Department, General Manager of “Education and Newspaper” Promotion Headquarters, Director of Editorial Organization, Director of Digital, and Director of Editor.
  • メイ・ハロルド・ジョ-ジ

    メイ・ハロルド・ジョ-ジHarold George Meij

    新日本プロレスリング株式会社
    代表取締役社長 兼 CEO
    President & CEO, Representative Director, New Japan Pro-Wrestling Co., ltd.

    1963年オランダ生まれ。米ニューヨーク大学大学院修了。1987年、旧ハイネケン・ジャパン入社。サンスター執行役員や日本コカ・コーラ副社長を経て、2014年タカラトミー入社。翌年、代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)に。2018年より新日本プロレスリングの代表取締役社長兼最高経営責任者に就任。
    Born in The Netherlands in 1963. He graduated from Bucknell University and later finished his graduate study in New York University. In 1987 he joined Heineken Japan, then moved to Unilever Japan, Sunstar, and in 2006 he was the Senior Vice President of Coca-Cola Japan until in 2014 after which he joined TakaraTomy became the Chief Operating Officer, and in 2015 he became the President and CEO, thereby becoming one of the first foreign nationals to lead a first-section listed Japanese company. Currently he is the President and CEO of New Japan Pro-Wrestling.
  • 櫻田 潤

    櫻田 潤Jun Sakurada

    株式会社ニューズピックス
    クリエイティブ本部
    インフォグラフィック・エディター/チーフ・ソーシャル・エディター
    Infographics Editor / Chief Social Editor, Creative Department, NewsPicks, Inc.

    2010年に企業で働きながら、個人サイト「ビジュアルシンキング」を立ち上げ、インフォグラフィックに関する情報発信と制作を開始。2014年にインフォグラフィック・エディターとしてNewsPicksに参画。2019年より、チーフ・ソーシャル・エディター兼任。個人では2018年より、コミュニティ「ビジュアルシンキングラボ」主宰。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』『たのしいスケッチノート』ほか。
  • 前西 克哉

    前西 克哉Katsuya Maenishi

    ハースト婦人画報社
    Hearst Data Studio
    Business Manager
    Business Manager, Hearst Data Studio, Hearst Fujingaho Co., Ltd.

    Yahoo!JAPANの広告営業を経て、2012年にハースト婦人画報社に入社。25ans(ヴァンサンカン)の雑誌及びオンラインの広告営業を担当した後、部門を横断したハーストプロジェクト推進室の責任者に。ハーストの保有する18メディア横断型イベントで毎年約5000名参加規模の「ハースト ビューティフェスティバル」の企画運営をリード、今年9月に新設したデータ事業、Hearst Data Studioの立上げと企画営業を管掌。
    Joined Hearst Fujingaho Co., Ltd in 2012 after working for the advertising business of Yahoo!JAPAN. After being in charge of a magazine and online advertising sales for 25ans, he became the head of the cross-division Hearst Project Promotion Office. Hearst has led the planning and operation of the “Hearst Beauty Festival,” which has about 5,000 participants each year at 18 media-wide events held by Hearst, and is in charge of the launch and planning and sales of Hearst Data Studio, a data business newly established in September this year.
  • 緒方 憲太郎

    緒方 憲太郎Kentaro Ogata

    株式会社Voicy
    代表取締役CEO
    CEO, Voicy, Inc.

    大阪大学基礎工学部卒業後、大阪大学経済学部卒業。同年公認会計士合格。2006年に新日本監査法人へ入社。その後Ernst&Young NewYork、トーマツベンチャーサポート、にてスタートアップから大企業まで経営者のブレインとなるビジネスデザイナーとして多数の会社を支援。現在も5社以上のベンチャー企業の役員や株主として参画中。2016年次世代音声市場のリーディングカンパニーの株式会社Voicyを創業し、新しい音声文化づくりとワクワクする価値を生む会社づくりに挑戦中。
  • 谷野 百合佳

    谷野 百合佳Lilly Tanino

    日本オラクル株式会社
    オラクルデータクラウド シニアアカウントマネージャー
    Senior Account Manager, Oracle Data Cloud, Oracle Corporation Japan

    日本オラクル株式会社のMOAT担当シニアアカウントマネージャー。ライブドア、CCI、ルビコン・プロジェクトなどデジタル広告業界で10年以上の経歴を持ち、うち5年は媒体社を担当。プログラマティック広告初期の頃から多くの海外ベンダーと取引をし、日本におけるRTBとアドベリフィケーション普及に貢献。早稲田大学文学部卒業。
    Lilly is Senior Account Manager for measurement at Oracle Data Cloud. She has more than 10 years of experience in digital marketing including 5 years having worked on publisher side in a couple of advertising technology companies. She has been dedicating herself to drive success and growth of programmatic technologies to penetrate them into Japan market. Before joining Oracle Data Cloud, she held a variety of business development, account management and partner positions at other companies, including Livedoor , Cyber Communications and Rubicon Project. She holds a Bachelor of French Literature from Waseda University in Japan.
  • 次屋 正法

    次屋 正法Masanori Tsugiya

    バズフィード・ジャパン株式会社
    広告営業部 Head of Business
    Head of Business, Ad Sales Devision, BuzzFeed Japan

    広告会社、携帯キャリアの宣伝部などを経て、2002年にYahoo! JAPANに入社。ネット黎明期のプレミアム広告セールスから始まり、運用型にシフトして総合的な西日本営業部門を統括。2018年10月よりBuzzFeed推進室長として就任し現在に至る。
    Joined Yahoo! JAPAN in 2002 after working for an advertising company and the advertising department of a mobile carrier. Beginning with premium ad sales in the early days of the Internet, then managed overall West Japan sales department. From October 2018, he appointed as business manager of BuzzFeed.
  • 須藤 摩耶

    須藤 摩耶Maya Sudo

    ハースト婦人画報社
    Hearst Data Studio
    Business Development Manager
    Business Development Manager, Hearst Data Studio, Hearst Fujingaho Co., Ltd.

    パフォーマンスマーケティングのスタートアップで新規事業開発やデータ分析を担当、金融業ブランドのデジタルマーケティングシニアマネージャーを経て、計10年以上デジタルマーケティングに従事。2019年ハースト・デジタル・ジャパンに入社し、データ・スタジオの立ち上げに参画、現在は、社内のデータの一元化に向けた整備、商品開発など担当
    Joined Hearst Digital Japan in 2019,in charge of Data Studio to consolidate data and develop ad products. Over 10 years digital marketing experience across a spectrum of new business development and data analysis in a performance marketing start-up, branding and lead generation in a financial company.
  • 廣瀬 道輝

    廣瀬 道輝Michiteru Hirose

    パブマティック株式会社
    日本法人
    カントリーマネージャー
    Country Manager, Japan, PubMatkc KK

    2004年アイレップ入社。サーチエンジンマーケティングに従事後、2009年シーサーに入社しブログメディアやアプリ開発における広告営業、マネタイズに従事。その後、マリンソフトウェアの営業職を経てパブマティックに2014年に入社し新規媒体社開発に貢献、2016年に既存顧客を担当するカスタマーサクセスディレクターに昇進し、シニアカスタマーサクセスディレクターを経て、2019年より現職。
    Michiteru Hirose joined IREP in 2004 and developed his experience and skills in search engine marketing. In 2009, he moved to Seesaa and worked for advertising sales and monetization in blog media and application development. After experienced in Marin Software, he joined in PubMatic in 2014 and contributed to both the development of new publishers and the supporting of existing customers. He has been promoted to the position of Japan Country Manager in 2019.
  • 江川 亮一

    江川 亮一Ryoichi Egawa

    PIANO Japan 株式会社
    代表取締役社長
    President Japan, PIANO Japan Co., LTD.

    1997年に日本オラクル株式会社に入社。ITコンサルタントとして大手企業向けウェブシステム構築やERP導入に従事。 その後、日本IBMを経て検索エンジン大手のオートノミー、ファストサーチ&トランスファーにてセールスディレクターとして数々の著名ウェブサイトでの検索・レコメンデーション導入を担当。 2010年、オンライン・メディア企業向けに収益の最大化・ユーザエクスペリエンス向上ソリューションをクラウドで提供するシーセンスの立ち上げに参画。昨年10月に米国PIANO社との買収合併に伴い、2020年2月よりPIANO Japan株式会社の代表取締役社長に就任。
    As President Japan, Ryoichi Egawa leads PIANO Japan. Before joining PIANO, Egawa had more than 10 years of experience in leadership roles in the software industry. Most recently, Egawa was Director of Sales at FAST and, subsequently, in the Digital Marketing Platform Group at Microsoft. Before this he served as Sales Director in Autonomy and Field Alliance Manager in IBM Japan. Egawa also has experience in IT consulting at Oracle.
  • 林 聖大

    林 聖大Seita Hayashi

    株式会社fluct
    メディアソリューション本部
    副本部長
    General Manager, Media Solution Division, fluct,Inc

    1990年三重県生まれ。2013年首都大学東京卒業後、「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフー株式会社へ入社。同社のアドプラットフォームを活用したビジネス企画及びメディアリクルーティングに従事したのち2016年に退社。同年、アドプラットフォーム事業などを手がける株式会社VOYAGE GROUPへ入社。日本最大級のSSP「fluct SSP」を開発/運営する株式会社fluctへ出向。現職に至る。
    I joined Yahoo Japan Corporation in April 2013 as a new graduate. For the first two years, I was engaged in advertising sales for media and supported the media monetization through advertisements and business development. I moved to VOYAGE GROUP in November 2016 and worked on the web media consulting at Fluct Inc., which develops and operates SSP. I was promoted to Manager in October 2017 and also promoted to General Manager in November 2018 (current position). Since then, I’ve been engaged in managing operations as well as developing business.
  • 榎並 敬寛

    榎並 敬寛Takahiro Enami

    ログリー株式会社
    lift事業本部 マーケティング・ソリューション部
    副部長
    Deputy General Manager, lift Business Division, Marketing Solutions Department, LOGLY, Inc.

    2014年大学卒業後、PR代理店に入社。食品メーカーを中心としたクライアント営業、メディアプロモート、PR戦略プランニングなどの業務に従事。 2016年よりログリー株式会社へ入社。以来、媒体社向けにネイティブ広告ほか媒体社固有の広告商品との連携による各種マネタイズ施策を支援。 現在はlift事業本部にてプロダクト推進に取り組む。
    After graduating University in 2014, He has join a PR company. He engaged in sales mostly against food companies, media promotes, and PR planning, He has joined LOGLY in 2016, and sales our service : native advertisement, and provide other monetization method based on advertisement to the Publisher. After promoted to deputy general manager, He is promoting our products at lift Business Division, Marketing Solutions Department.
  • 松尾 幸治

    松尾 幸治Yukiharu Matsuo

    カクテルメイク株式会社
    代表取締役
    CEO, Cocktail Make Inc.

    1989年佐賀県生まれ。大学卒業後、各県の中小企業経営者を動画で紹介する「日本の社長.tv」を運営する(株)ディーノシステムに参画。23歳で同社最年少取締役に就任し、動画制作、営業、マーケティング、等広く担当。2014年に退職後、カクテルメイク株式会社を設立。動画広告を軸に約1万本以上制作。その知見をいかし、動画生成スマートエンジン「RICHKA(リチカ)」を開発。広告代理店を中心に300社以上が導入している。

※本イベント開催時の所属および役職です。

Coming Soon…

Agenda アジェンダ

Coming Soon…

Day 01

11:00-
Registration Desk Opens

※Publishers 11:00- / Partners 12:00-

11:30-12:00
Town Hall meeting

Publishers Only

12:00-12:30
Sandbox Presentations

Publishers Only

12:30-13:30
Networking Lunch

Open to all

13:30-13:35
Opening Remarks

Open to all

  • 長田 真

    長田 真SHIN OSADA

    DIGIDAY[日本版] 編集長

13:35-13:45
The Digiday Challenge Board
13:45-13:55
Biggest Trend in the Industry
13:55-14:15
Session
新日本プロレス:世界規模への野望と挑戦

黄金時代が過ぎ去ったと言われていたプロレスが、人気スポ-ツコンテンツとして復活を遂げた。その立役者とも言える新日本プロレスCEOハロルド・ジョージ・メイ氏は、デジタル化によってコンテンツの魅力と価値を最大化し、プロレスのIPビジネス化・グローバル展開を進めている。メディア戦略にも通じる新日本プロレスの世界への挑戦について、メイ氏に語ってもらう。

  • New Japan Pro-Wresting: Ambition and challenge in offering sports content around the world.

    Although it has been said that the golden age of pro-wresting has ended, it has now made a come back as a popular sports content. New Japan Pro-Wrestling CEO, Harold George Meij, the key figure in this has maximized the appeals and value of the content through digitization, and taken it to the stage of IP and global businesses. In this session, Mr. Meij will speak about the challenges of New Japan Pro-Wrestling in becoming a global contents provider, an issue common to media strategy as well.

  • メイ・ハロルド・ジョ-ジ

    メイ・ハロルド・ジョ-ジHarold George Meij

    新日本プロレスリング株式会社
    代表取締役社長 兼 CEO
    President & CEO, Representative Director, New Japan Pro-Wrestling Co., ltd.

    1963年オランダ生まれ。米ニューヨーク大学大学院修了。1987年、旧ハイネケン・ジャパン入社。サンスター執行役員や日本コカ・コーラ副社長を経て、2014年タカラトミー入社。翌年、代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)に。2018年より新日本プロレスリングの代表取締役社長兼最高経営責任者に就任。
    Born in The Netherlands in 1963. He graduated from Bucknell University and later finished his graduate study in New York University. In 1987 he joined Heineken Japan, then moved to Unilever Japan, Sunstar, and in 2006 he was the Senior Vice President of Coca-Cola Japan until in 2014 after which he joined TakaraTomy became the Chief Operating Officer, and in 2015 he became the President and CEO, thereby becoming one of the first foreign nationals to lead a first-section listed Japanese company. Currently he is the President and CEO of New Japan Pro-Wrestling.
14:15-14:35
Session
5Gがもたらす コンテンツシフト:パブリッシャーはどう向き合うべきか

4Gの約100倍の通信速度、30〜40倍の同時接続可能数を持つ「5G(第5世代移動通信システム)」。その実用化は、4K/8Kの高精細映像や、AR/VRの一般化を加速し、将来パブリッシャーのコンテンツ作りに大いに影響を及ぼすだろう。5Gがもたらすこの「コンテンツシフト」に、日本のパブリッシャーはどう向き合うべきか。カクテルメイク株式会社 代表取締役の松尾 幸治氏が語る。

  • Content shift induced by 5G: How should publishers repond?

    5G (5th generation mobile communication system) offers connection speed that is about 100 times faster than 4G and 30~40 times the number of simultaneous connection of 4G. Implementation of such technology will accelerate popularization of 4K/8K high definition image and AR/VR, and will have a great impact on Japanese publishers’ contents creation in the future. How should Japanese publishers respond to this content shift brought on by 5G? Mr. Koji Matsuo, CEO of Cocktail Make Inc. will tell the story.

  • 松尾 幸治

    松尾 幸治Yukiharu Matsuo

    カクテルメイク株式会社
    代表取締役
    CEO, Cocktail Make Inc.

    1989年佐賀県生まれ。大学卒業後、各県の中小企業経営者を動画で紹介する「日本の社長.tv」を運営する(株)ディーノシステムに参画。23歳で同社最年少取締役に就任し、動画制作、営業、マーケティング、等広く担当。2014年に退職後、カクテルメイク株式会社を設立。動画広告を軸に約1万本以上制作。その知見をいかし、動画生成スマートエンジン「RICHKA(リチカ)」を開発。広告代理店を中心に300社以上が導入している。
14:35-14:45
Break
14:45-15:00
Session
『文藝春秋』×「note」:ローンチから3カ月を経て、見えてきた可能性と課題

11月7日に発表された「文藝春秋digital」のローンチは、業界関係者の度肝を抜いた。総合月刊誌『文藝春秋』のデジタル版となる本プロジェクトは、ウェブサイトを自社開発することなく、メディアプラットフォーム「note(ノート)」での運用を基盤としていたからだ。その後、3カ月を経て見えてきた、この取り組みの可能性と課題について、あらためてプロジェクトマネージャーを務める村井弦氏に伺う。

  • Bungeishunju x note: Potential and issues that have surfaced after three months from the launch.

    The November 7 announcement on the launch of Bungeishunju digital was a huge surprise to everyone in the industry. The surprise came party because this project of launching the digital edition of Bungeishunju, a monthly general-interest magazine, will base its operation on note, a media platform, instead of creating its own website. We will ask project manager, Gen Murai, about the potential and issues of the project that have surfaced in the last three months after the launch.

  • 村井 弦

    村井 弦Gen Murai

    株式会社文藝春秋
    「文藝春秋」編集部 「文藝春秋digital」プロジェクトマネージャー
    Project manager of the Bungeishunju digital department, The Monthly Bungeishunju, Bungeishunju Ltd.

    2011年4月、株式会社文藝春秋入社。「週刊文春」編集部に配属され、記者として活動。2015年7月に「文藝春秋」編集部に移り、編集者として主にノンフィクション分野の記事を手掛けた。2019年7月から「文藝春秋digital」プロジェクトマネージャー。2019年11月7日、メディアプラットフォームnoteと組んで「文藝春秋digital」がオープンした。
    Entered Bungeishunju Ltd. in April 2011 working for The Weekly Bunshun editing department. In July 2015, he moved to The Monthly Bungeishunju editing department and edited mainly non-fiction articles. Since July 2019, he has served as a project manager of the Bungeishunju digital department, which opened its website on the 7th of November in 2019, built upon the ’note’ media platform.
15:00-15:15
Session
いまこそ考えたい「メディアの信頼性」とは何か?:アドベリフィケーションツール「MOAT」に見る、その糸口

パブリッシャーには「メディアの信頼性」のさらなる向上が求められているようだ。日本アドバタイザーズ協会(JAA)が11月26日に発表した「デジタル広告の課題に対するアドバタイザー宣言」では、ブランドセーフティの担保やビューアビリティの確保など、広告主がすべてのパートナー企業へ求めていることが明確にされた。パブリッシャーはこうした要請にいかに向き合うべきか。アドベリフィケーションツール「MOAT(モート)」を提供する日本オラクルの谷野百合佳氏が、その糸口を語る。

  • What is media reliability?: Clues seen in ad verification tool MOAT.

    It seems that publishers are being asked to further improve “media reliability.” In the “Advertisers’ Declaration on Digital Advertisement Issues” announced November 26 by Japan Advertisers Association (JAA), issues such as security of brand safety and viewability, which are being requested by advertisers against all partner companies, were made clear. How should publishers respond to these requests? Ms. Lilly Tanino of Japan Oracle, which provides the ad verification tool MOAT, will offer some clues.

  • 谷野 百合佳

    谷野 百合佳Lilly Tanino

    日本オラクル株式会社
    オラクルデータクラウド シニアアカウントマネージャー
    Senior Account Manager, Oracle Data Cloud, Oracle Corporation Japan

    日本オラクル株式会社のMOAT担当シニアアカウントマネージャー。ライブドア、CCI、ルビコン・プロジェクトなどデジタル広告業界で10年以上の経歴を持ち、うち5年は媒体社を担当。プログラマティック広告初期の頃から多くの海外ベンダーと取引をし、日本におけるRTBとアドベリフィケーション普及に貢献。早稲田大学文学部卒業。
    Lilly is Senior Account Manager for measurement at Oracle Data Cloud. She has more than 10 years of experience in digital marketing including 5 years having worked on publisher side in a couple of advertising technology companies. She has been dedicating herself to drive success and growth of programmatic technologies to penetrate them into Japan market. Before joining Oracle Data Cloud, she held a variety of business development, account management and partner positions at other companies, including Livedoor , Cyber Communications and Rubicon Project. She holds a Bachelor of French Literature from Waseda University in Japan.
15:15-15:30
Session
マンガを「再設計」:LINEマンガのスマホコンテンツ戦略

電子コミックサービスの国内市場で、アプリDL数No.1の実績を持つ「LINEマンガ。毎日無料でマンガを読むことができる同サービスを通じて、初めての作品に触れられた読者数は1秒に7.8人(※)にのぼり、まさしくLINEマンガが新しいマンガと出会う場となっている。オリジナル作品や他社配信作品の単行本の販売数も右肩上がりという本サービスの成功の裏側にある、紙に最適化されたマンガをスマホファーストなコンテンツへと再設計した取り組みについて迫る。
※2019年4月時点

  • Redesigning manga: LINE Manga’s strategy for creating smartphone content

    In Japan’s electronic comic service market, LINE Manga boasts No.1 in app downloads. In every single second, 7.8 readers (*) have been able to come across an entirely new work through this service that allow users to read manga, or comics, every day free of charge, making LINE Manga the very place where readers discover new manga works. In this session, we will learn about LINE Manga’s strategy of redesigning paper-friendly manga to smartphone-first content, which lies behind the service’s success where comic book sales of original works as well as works distributed by other companies have also been rising.
    *As of April, 2019.

  • 平井 漠

    平井 漠Baku Hirai

    LINE Digital Frontier株式会社
    取締役
    corporate officer, LINE Digital Frontier

    大学卒業後、電子写真集などの制作に携わった後、09年株式会社bbmf(現・株式会社ビーグリー)に入社。キャリア公式電子漫画サービスの企画を担当した後、13年にLINE株式会社へ入社。LINEマンガを担当し、18年分社化に伴いLINE Digital Frontier株式会社へ出向。19年2月同社執行役員に就任。
    After graduating from university, I worked in the production of electrophotographic books and joined bbmf Co., Ltd.After he was in charge of planning his career's official electronic comic book service, joined LINE Corporation in 2013.I was in charge of LINE manga and went to LINE Digital Frontier Co., Ltd., after 18 years of companyization.In February 19, became a corporate executive officer of the company.
15:30-15:45
Session
変わりゆくコーヒー業界 老舗の葛藤から学ぶブランディングの原点

創業86年目を迎え、レギュラーコーヒーにおいて圧倒的なシェアを誇る、UCC上島珈琲。「サードウェーブコーヒー(コーヒー 第3の波)」以降、変革してきたコーヒー業界のうねりのなかで、UCCは何に根ざしたブランドなのか、常務取締役の石谷桂子氏は、その根本から精査するためP&Gから移籍してきた。老舗の葛藤から、ブランドのめざすべき未来を探る。

  • Changing coffee industry: Origin of branding learned from the struggles of an established company

    UCC Ueshima Coffee Co., which boasts an overwhelming share of regular coffee, has entered its 86th year since establishment. In the swell of change in the coffee industry after the so-called “third wave coffee”, what does UCC base its brand on? To scrutinize this question from the bottom, Managing Director Keiko Ishitani joined the company after leaving P&G. the struggles of an established company. In this session, we will look at the struggles of an established company and discuss what kind of future the brand should aim for.

15:45-15:50
Town Hall Reports & Review of the Challenge Board
15:50-16:05
Refreshment & Networking Break
16:05-17:30
Working Group Discussion
17:30-17:45
Session
Hearst Data Studio:媒体を超えたID統合構想、その裏側と今後の戦略

ハースト婦人画報社は2019年9月にHearst Data Studioを設立。自社で保有するファーストパーティデータを活用し、ブランドマーケターに対する広告企画提案やリサーチ設計といったマーケティングソリューションサービスの提供に取り組んでいる。本セッションではメディアを横断した全社的なID統合の背景や今後のHearst Data Studioの戦略について、同スタジオの前西氏、須藤氏が語る。

  • Changing coffee industry: Origin of branding learned from the struggles of an established company

    UCC Ueshima Coffee Co., which boasts an overwhelming share of regular coffee, has entered its 86th year since establishment. In the swell of change in the coffee industry after the so-called “third wave coffee”, what does UCC base its brand on? To scrutinize this question from the bottom, Managing Director Keiko Ishitani joined the company after leaving P&G. the struggles of an established company. In this session, we will look at the struggles of an established company and discuss what kind of future the brand should aim for.

  • 前西 克哉

    前西 克哉Katsuya Maenishi

    ハースト婦人画報社
    Hearst Data Studio
    Business Manager
    Business Manager, Hearst Data Studio, Hearst Fujingaho Co., Ltd.

    Yahoo!JAPANの広告営業を経て、2012年にハースト婦人画報社に入社。25ans(ヴァンサンカン)の雑誌及びオンラインの広告営業を担当した後、部門を横断したハーストプロジェクト推進室の責任者に。ハーストの保有する18メディア横断型イベントで毎年約5000名参加規模の「ハースト ビューティフェスティバル」の企画運営をリード、今年9月に新設したデータ事業、Hearst Data Studioの立上げと企画営業を管掌。
    Joined Hearst Fujingaho Co., Ltd in 2012 after working for the advertising business of Yahoo!JAPAN. After being in charge of a magazine and online advertising sales for 25ans, he became the head of the cross-division Hearst Project Promotion Office. Hearst has led the planning and operation of the “Hearst Beauty Festival,” which has about 5,000 participants each year at 18 media-wide events held by Hearst, and is in charge of the launch and planning and sales of Hearst Data Studio, a data business newly established in September this year.
  • 須藤 摩耶

    須藤 摩耶Maya Sudo

    ハースト婦人画報社
    Hearst Data Studio
    Business Development Manager
    Business Development Manager, Hearst Data Studio, Hearst Fujingaho Co., Ltd.

    パフォーマンスマーケティングのスタートアップで新規事業開発やデータ分析を担当、金融業ブランドのデジタルマーケティングシニアマネージャーを経て、計10年以上デジタルマーケティングに従事。2019年ハースト・デジタル・ジャパンに入社し、データ・スタジオの立ち上げに参画、現在は、社内のデータの一元化に向けた整備、商品開発など担当
    Joined Hearst Digital Japan in 2019,in charge of Data Studio to consolidate data and develop ad products. Over 10 years digital marketing experience across a spectrum of new business development and data analysis in a performance marketing start-up, branding and lead generation in a financial company.
17:45-18:05
Session
変わりゆくコーヒー業界 老舗の葛藤から学ぶブランディングの原点

創業86年目を迎え、レギュラーコーヒーにおいて圧倒的なシェアを誇る、UCC上島珈琲。「サードウェーブコーヒー(コーヒー 第3の波)」以降、変革してきたコーヒー業界のうねりのなかで、UCCは何に根ざしたブランドなのか、常務取締役の石谷桂子氏は、その根本から精査するためP&Gから移籍してきた。老舗の葛藤から、ブランドのめざすべき未来を探る。

  • Changing coffee industry: Origin of branding learned from the struggles of an established company

    UCC Ueshima Coffee Co., which boasts an overwhelming share of regular coffee, has entered its 86th year since establishment. In the swell of change in the coffee industry after the so-called “third wave coffee”, what does UCC base its brand on? To scrutinize this question from the bottom, Managing Director Keiko Ishitani joined the company after leaving P&G. the struggles of an established company. In this session, we will look at the struggles of an established company and discuss what kind of future the brand should aim for.

18:05-18:20
Session
Building a Subscription Product

With the pivot to paid models, memberships and subscriptions sit right at the center of the product universe. In this session, here how Quartz’s overall revenue strategy is now focusing on subscriptions in addition to paid advertising. Quartz CEO, Zach Seward, will walk us through their process to make this change.

  • Building a Subscription Product

    With the pivot to paid models, memberships and subscriptions sit right at the center of the product universe. In this session, here how Quartz’s overall revenue strategy is now focusing on subscriptions in addition to paid advertising. Quartz CEO, Zach Seward, will walk us through their process to make this change.

18:15-18:30
VIP Meeting & drinks

VIPs & Sponsors only

※「8分間ミーティング」について説明いたします。

18:30-19:50
8分間ミーティング(1 on 1) -01-

8-Minute Meetings (1 on 1)

※招待企業とスポンサー企業による1ターム8分の1on1ミーティングです。

19:50-20:20
Cocktail Reception
20:20-22:50
Dinner

Day 02

7:00-8:00
Breakfast
8:00-8:30
Town Hall meeting

Publishers Only

8:30-9:00
Sandbox Presentations

Publishers Only

9:00-9:15
VIP Meeting & drinks

VIPs & Sponsors only

※「8分間ミーティング」について説明いたします。

9:15-10:30
8分間ミーティング(1 on 1) -02-

8-Minute Meetings (1 on 1)

※招待企業とスポンサー企業による1ターム8分の1on1ミーティングです。

10:30-11:00
Working Group Discussion

~ Presentation ~

11:00-11:20
Session
変わりゆくコーヒー業界 老舗の葛藤から学ぶブランディングの原点

創業86年目を迎え、レギュラーコーヒーにおいて圧倒的なシェアを誇る、UCC上島珈琲。「サードウェーブコーヒー(コーヒー 第3の波)」以降、変革してきたコーヒー業界のうねりのなかで、UCCは何に根ざしたブランドなのか、常務取締役の石谷桂子氏は、その根本から精査するためP&Gから移籍してきた。老舗の葛藤から、ブランドのめざすべき未来を探る。

  • Changing coffee industry: Origin of branding learned from the struggles of an established company

    UCC Ueshima Coffee Co., which boasts an overwhelming share of regular coffee, has entered its 86th year since establishment. In the swell of change in the coffee industry after the so-called “third wave coffee”, what does UCC base its brand on? To scrutinize this question from the bottom, Managing Director Keiko Ishitani joined the company after leaving P&G. the struggles of an established company. In this session, we will look at the struggles of an established company and discuss what kind of future the brand should aim for.

11:20-11:35
Session
変わりゆくコーヒー業界 老舗の葛藤から学ぶブランディングの原点

創業86年目を迎え、レギュラーコーヒーにおいて圧倒的なシェアを誇る、UCC上島珈琲。「サードウェーブコーヒー(コーヒー 第3の波)」以降、変革してきたコーヒー業界のうねりのなかで、UCCは何に根ざしたブランドなのか、常務取締役の石谷桂子氏は、その根本から精査するためP&Gから移籍してきた。老舗の葛藤から、ブランドのめざすべき未来を探る。

  • Changing coffee industry: Origin of branding learned from the struggles of an established company

    UCC Ueshima Coffee Co., which boasts an overwhelming share of regular coffee, has entered its 86th year since establishment. In the swell of change in the coffee industry after the so-called “third wave coffee”, what does UCC base its brand on? To scrutinize this question from the bottom, Managing Director Keiko Ishitani joined the company after leaving P&G. the struggles of an established company. In this session, we will look at the struggles of an established company and discuss what kind of future the brand should aim for.

11:35-11:50
Session
いまなぜ「音声コンテンツ」が求められているのか?:その可能性と見据えるべき戦略

デバイスとインフラの進化によって、情報の流通経路がドラスティックに変化していくなか、「音声コンテンツ」が熱い注目を集めている。ポッドキャストやスマートスピーカーなどが市民権を得つつあるいま、その新しい可能性に賭けている人が増えているのだ。ボイスメディア「Voicy(ボイシー)」創業者の緒方憲太郎氏に、欧米や中国における音声コンテンツの現在、日本のパブリッシャーが見据えるべき音声コンテンツの戦略について語ってもらう。

  • Why is “audio contents” in demand?: What are the possibilities and strategies to be considered?

    “Audio content” has become focus of passionate attention at a time when distribution channels of information is drastically changing due to evolution of device and infrastructure. As podcast and smart speakers gain people’s approval, growing number of people are betting on the new possibilities of these device and infrastructure. Kentaro Ogata, founder of Voicy, a voice media, will speak about the current state of audio content in Europe and China and audio content strategy that should be considered by Japanese publishers.

  • 緒方 憲太郎

    緒方 憲太郎Kentaro Ogata

    株式会社Voicy
    代表取締役CEO
    CEO, Voicy, Inc.

    大阪大学基礎工学部卒業後、大阪大学経済学部卒業。同年公認会計士合格。2006年に新日本監査法人へ入社。その後Ernst&Young NewYork、トーマツベンチャーサポート、にてスタートアップから大企業まで経営者のブレインとなるビジネスデザイナーとして多数の会社を支援。現在も5社以上のベンチャー企業の役員や株主として参画中。2016年次世代音声市場のリーディングカンパニーの株式会社Voicyを創業し、新しい音声文化づくりとワクワクする価値を生む会社づくりに挑戦中。
11:50-12:05
Session
変わりゆくコーヒー業界 老舗の葛藤から学ぶブランディングの原点

創業86年目を迎え、レギュラーコーヒーにおいて圧倒的なシェアを誇る、UCC上島珈琲。「サードウェーブコーヒー(コーヒー 第3の波)」以降、変革してきたコーヒー業界のうねりのなかで、UCCは何に根ざしたブランドなのか、常務取締役の石谷桂子氏は、その根本から精査するためP&Gから移籍してきた。老舗の葛藤から、ブランドのめざすべき未来を探る。

  • Changing coffee industry: Origin of branding learned from the struggles of an established company

    UCC Ueshima Coffee Co., which boasts an overwhelming share of regular coffee, has entered its 86th year since establishment. In the swell of change in the coffee industry after the so-called “third wave coffee”, what does UCC base its brand on? To scrutinize this question from the bottom, Managing Director Keiko Ishitani joined the company after leaving P&G. the struggles of an established company. In this session, we will look at the struggles of an established company and discuss what kind of future the brand should aim for.

12:05-12:20
Session
NewsPicksを形作るエンゲージファースト思考

2013年にローンチし、現在では経済メディアとしてそのブランドを確立しているNewsPicks。既存メディアとの差別化のポイントだと櫻田氏が指摘するのが、クリエイティブへのこだわりだ。エンゲージファーストを掲げ、単なる情報のデジタルデータ化ではなく、雑誌レベルのクオリティをスマホで実現するよう作り込む。その姿勢は、コンテンツのあり方や事業展開を進める上でもベースとなり、ブランドの軸となっている。これまでのNewsPicksの軌跡から、デジタル時代のメディアブランディングのあり方を読み解く。

  • Thinking process of Engage First that shapes NewsPicks.

    Launched in 2013, NewsPicks has currently established its brand as a social economic media. What Jun Sakurai points out as the key in differentiating NewsPicks with existing media is its passion for “creative.” It takes on the concept of “engage first” and works to provide magazine-grade content on a smartphone instead of just offering information that has been converted to digital data. This attitude has become the base of its contents and business development, and also the central pillar of its brand. In this session, we will follow the path of NewsPicks to understand how media branding should be in a digital era.

  • 櫻田 潤

    櫻田 潤Jun Sakurada

    株式会社ニューズピックス
    クリエイティブ本部
    インフォグラフィック・エディター/チーフ・ソーシャル・エディター
    Infographics Editor / Chief Social Editor, Creative Department, NewsPicks, Inc.

    2010年に企業で働きながら、個人サイト「ビジュアルシンキング」を立ち上げ、インフォグラフィックに関する情報発信と制作を開始。2014年にインフォグラフィック・エディターとしてNewsPicksに参画。2019年より、チーフ・ソーシャル・エディター兼任。個人では2018年より、コミュニティ「ビジュアルシンキングラボ」主宰。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』『たのしいスケッチノート』ほか。
12:25-13:40
Networking Lunch

Open to all

13:40-13:55
Session
eスポーツはOMO時代の「メジャースポーツ」になるか?

デジタルコンテンツをリアルの場で観戦する「eスポーツ」は、OMOを体現する存在と言えるかもしれない。パブリッシャーの参入も進むなか、専門番組の放送やプロチーム保有と、事業として積極的に取り組むのが日テレだ。eスポーツ番組プロデューサー兼日テレ傘下のプロチーム運営を手がけるアックスエンターテインメント代表の小林大祐氏は、発展途上だがビジネス・コンテンツの両面でポテンンシャルを感じていると語る。eスポーツはプロ野球に匹敵するスポーツとなるのか。

  • Will e-sports become a “major sport” in an OMO era?

    E-sports, where participants watch digital sports contents in a real venue, may be something that embodies OMO. While publishers are entering the market, Nippon Television Network Corp. actively engages in e-sports as a business by broadcasting specialized programs and owning a professional team. Daisuke Kobayashi, producer of e-sports programs and representative of AX-Entertainment Inc., a subsidiary of Nippon Television that manages the professional team, said, although e-sports is still developing, he feels it has potential both as a business and content. Will e-sports develop to the same level as professional baseball?

  • 小林 大祐

    小林 大祐Daisuke Kobayashi

    アックスエンターテインメント株式会社
    代表取締役社長
    CEO, AX Entertainment Inc.

    日本テレビのeスポーツ事業推進責任者。日本テレビ子会社アックスエンターテインメント㈱代表取締役社長。eスポーツ番組「eGG」のプロデューサーを務めつつ、プロeスポーツチーム「AXIZ」の代表を務める。
    Daisuke takes the leadership in the eSports business of Nippon TV, serving as the CEO of AX Entertainment Inc., a subsidiary of Nippon TV. He is a producer of esports TV program "eGG" and the General Manager of professional eSports team "AXIZ"
13:55-14:10
Session
変わりゆくコーヒー業界 老舗の葛藤から学ぶブランディングの原点

創業86年目を迎え、レギュラーコーヒーにおいて圧倒的なシェアを誇る、UCC上島珈琲。「サードウェーブコーヒー(コーヒー 第3の波)」以降、変革してきたコーヒー業界のうねりのなかで、UCCは何に根ざしたブランドなのか、常務取締役の石谷桂子氏は、その根本から精査するためP&Gから移籍してきた。老舗の葛藤から、ブランドのめざすべき未来を探る。

  • Changing coffee industry: Origin of branding learned from the struggles of an established company

    UCC Ueshima Coffee Co., which boasts an overwhelming share of regular coffee, has entered its 86th year since establishment. In the swell of change in the coffee industry after the so-called “third wave coffee”, what does UCC base its brand on? To scrutinize this question from the bottom, Managing Director Keiko Ishitani joined the company after leaving P&G. the struggles of an established company. In this session, we will look at the struggles of an established company and discuss what kind of future the brand should aim for.

14:10-14:25
Session
Twitter「スクショ」メディア、BuzzFeed Kawaii の衝撃:分散型メディア、日本発の新潮流

ブームが冷めやった感のある分散型メディアに、日本発の新潮流が誕生した。BuzzFeed Japanの新メディア「BuzzFeed Kawaii」は、若い女性向けのお役立ち情報を「スクリーンショット風の画像」にまとめて、1日に3本程度投稿している。いまや同メディアのフォロワー数は約47万人に達し、ツイートに集まる「いいね」は平均1〜2万にも及ぶ。なぜ、記事リンクではなく、動画でもなく、「スクショ風」の画像なのか。同社Head of Businessの次屋正法氏に、そのからくりを明かしてもらう。

  • Impact of the emergence of BuzzFeed Kawaii, a Twitter “screen shot” media: Japan’s new trend in distributed media.

    New trend has emerged from Japan in distributed media where the boom seemed to have waned. BuzzFeed Japan’s new media, BuzzFeed Kawaii offers useful information for young femal users in the form that looks like a screen shot image and posts them on twitter about three times a day. The number of followers has now increased to about 470,000 and receives about 10,000~20,000 likes per tweet on the average. Why are the tweets posted in the form that looks like a screen shot image and not article links or video? We will have Masanori Tsugiya, Head of Business, tell us about the mechanism behind this.

  • 次屋 正法

    次屋 正法Masanori Tsugiya

    バズフィード・ジャパン株式会社
    広告営業部 Head of Business
    Head of Business, Ad Sales Devision, BuzzFeed Japan

    広告会社、携帯キャリアの宣伝部などを経て、2002年にYahoo! JAPANに入社。ネット黎明期のプレミアム広告セールスから始まり、運用型にシフトして総合的な西日本営業部門を統括。2018年10月よりBuzzFeed推進室長として就任し現在に至る。
    Joined Yahoo! JAPAN in 2002 after working for an advertising company and the advertising department of a mobile carrier. Beginning with premium ad sales in the early days of the Internet, then managed overall West Japan sales department. From October 2018, he appointed as business manager of BuzzFeed.
14:25-14:40
Session
変わりゆくコーヒー業界 老舗の葛藤から学ぶブランディングの原点

創業86年目を迎え、レギュラーコーヒーにおいて圧倒的なシェアを誇る、UCC上島珈琲。「サードウェーブコーヒー(コーヒー 第3の波)」以降、変革してきたコーヒー業界のうねりのなかで、UCCは何に根ざしたブランドなのか、常務取締役の石谷桂子氏は、その根本から精査するためP&Gから移籍してきた。老舗の葛藤から、ブランドのめざすべき未来を探る。

  • Changing coffee industry: Origin of branding learned from the struggles of an established company

    UCC Ueshima Coffee Co., which boasts an overwhelming share of regular coffee, has entered its 86th year since establishment. In the swell of change in the coffee industry after the so-called “third wave coffee”, what does UCC base its brand on? To scrutinize this question from the bottom, Managing Director Keiko Ishitani joined the company after leaving P&G. the struggles of an established company. In this session, we will look at the struggles of an established company and discuss what kind of future the brand should aim for.

14:40-15:00
Session
ポスト・ヤフー時代のオンラインジャーナリズムを展望する

平成の30年はヤフーが巨大なプラットフォームへと成長し、既存メディアがそれに巻き込まれながらも共生をめざした時代だった。そのヤフーがラインとの統合を図り、従来の姿を急速に変えようとしている。巨大プラットフォームとメディアの関係が不透明になる中、オンラインジャーナリズムはどのような道を進むのか。ヤフー巨大化の始まりからポスト・ヤフーの現在まで、メディア同時代史をを振り返りながらメディアの将来像を考える。

  • Prospects for online journalism in the post-Yahoo age.

    The last 30 years was a time when Yahoo grew to become a giant platform and existing media were forced to become involved while aiming for coexistence. Now, Yahoo is attempting to integrate with LINE to drastically change its appearance. What path will online journalism take at a time when relationship between a giant platform and media is becoming ambiguous. In this session, we will think about the future of media as we look back at its common history that started when Yahoo began to turn in to a giant platform to the present post Yahoo age.

  • 小川 一

    小川 一Hajime Ogawa

    株式会社毎日新聞グループホールディングス
    デジタル担当 取締役
    Director, Degital Media, THE MAINICHI SHINBUN

    1981年毎日新聞社入社。社会部長、販売局次長、「教育と新聞」推進本部長、執行役員編集編成局長、取締役デジタル担当、取締役編集担当を経て現職。
    Joined Mainichi Shimbun in 1981. current position in 2018 after serving as General Manager of Social Affairs Department, Deputy General Manager of Sales Department, General Manager of “Education and Newspaper” Promotion Headquarters, Director of Editorial Organization, Director of Digital, and Director of Editor.
15:00-15:05
Wrap Up “5 things we’ve learned”
  • 長田 真

    長田 真SHIN OSADA

    DIGIDAY[日本版] 編集長

15:05-16:05
Closing Party

※変更となる場合がありますので、予めご了承ください。

Photo Library 前回の様子

Sponsors スポンサー

  • 日本オラクル(オラクルデータクラウド)

    日本オラクル(オラクルデータクラウド)Oracle Corporation Japan(Oracle Data Cloud)

    オラクルデータクラウドはマーケティング担当者がデータを利用し、消費者の関心を収集し、キャンペーンの成果を上げることを支援します。オーディエンス、コンテキスト、広告効果検証にわたるこれらのソリューションは、世界の上位広告事業者200社中199社に採用され、有力メディア・プラットフォーム各種にわたり、世界100カ国以上で利用されています。オーディエンス・プランニングから入札前のブランド・セーフティ、コンテキストに応じた関連性、ビューアビリティの検証、不正防止、ROI測定に至るマーケティングのあらゆる段階で求められるデータとツールをマーケティング担当者に提供しています。
    Oracle Data Cloud brings together data and technology to help digital advertising companies drive better business outcomes across more than 100 countries. Used by 199 out of AdAge’s 200 largest advertisers, our Audience, Context and Measurement solutions give marketers the data and tools needed for every stage of the marketing journey, from audience planning to data management, brand safety, fraud protection, contextual relevance, viewability confirmation, and ROI measurement. Oracle Data Cloud combines the leading technologies and talent from Oracle’s acquisitions of AddThis, BlueKai, Crosswise, Datalogix, Grapeshot, and Moat.
  • カクテルメイク株式会社(RICHKA)

    カクテルメイク株式会社(RICHKA)Cocktail Make Inc.

    CocktailMakeは、あらゆる情報を、もっと豊かに この世界のあらゆる情報をもっと豊かにアップデートしていきます。 クリエイティブとテクノロジーの力で時代にあった最適な情報フォーマットを発明し、リッチコンテンツによって生まれる人々のコミュニケーションの最大化を目指してきました。 コンテンツ体験者はもちろん、企業・クリエイターにとってより良い世界を目指します。
  • 株式会社FLUX

    株式会社FLUXFLUX Inc.

    FLUXは、パブリッシャーのマネタイズ支援専門のテックベンダーとして2018年に設立されました。独自の技術力と中立性を強みとしています。基幹商品として、「FLUX Header Bidding Solution」を2019年1月にリリースし、現状150以上のプレミアム媒体にご支持頂いています。現在は、新たなidソリューションの開発に取り組んでいます。
    FLUX is a tech vendor helping publishers maximize ad revenue potential. Its 「FLUX Header Bidding Solution」supports more than 150 premium publishers. Currently, FLUX is developing an id solution which ties information from multiple sources.
  • TEALIUM JAPAN株式会社

    TEALIUM JAPAN株式会社TEALIUM JAPAN K.K.

    Tealium(ティーリアム)は、リアルタイム顧客データプラットフォーム(CDP)の世界的なパイオニアです。Tealium Universal Data Hubによって、企業は複数のツールや媒体・チャネルで分断した顧客データをリアルタイムに統合・整理し、常に最新の「顧客の瞬間のニーズ」を捉えた、真のOne to Oneマーケティングや精度の高い意思決定が可能になります。
    Tealium revolutionises today's digital businesses with a universal approach to customer data orchestration – spanning web, mobile, offline and Internet of Things devices. With the power to unify customer data into a single source of truth, Tealium offers a turnkey integration ecosystem supporting more than 1,200 client-side and server-side vendors and technologies. The Tealium Universal Data Hub encompasses tag management, API hub, customer data platform, and data management solutions that enable organisations to leverage real-time data to create richer, more personalised digital experiences across every team, technology, and customer touchpoint.
  • 株式会社fluct

    株式会社fluctfluct,Inc

    株式会社fluctは、PC・スマートフォンメディア/アプリの収益最大化を目的に自社開発SSP「fluct」や、Googleが提供するメディア向けプロダクトのGoogle AdSense、DoubleClick Ad Exchangeの提供を行っています。現在、国内外の16,000以上のメディアに導入しており、動画広告やネイティブ広告の配信といった新しい広告フォーマットのご提案や豊富なサポートを提供しています。
    fluct is a leading solution company supporting monetization of internet traffic. Established in 2008, fluct offers effective, dependable solutions for helping publishers reach their business goals.(fluct was rebranded from adingo in 2015) fluct serves over 39 billion impressions to over 16,000 publishers each month on both PC and mobile platforms. Our partners include Yahoo Japan, Criteo, MediaMath, and DoubleClick Bid Manager.
  • 株式会社ビーアイシーピー・データ

    株式会社ビーアイシーピー・データBICP DATA, Inc.

    ビーアイシーピー・データは、デジタル時代のマーケティングプロデューサー集団、株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(BICP)のグループとしてデータオリエンテッドなサービスを提供する専門会社です。 私たちは「戦略とデータを繋ぐ」という理念のもと、データに軸足を置いたマーケティング活動のDXをご支援いたします。
  • 株式会社ユーザーローカル

    株式会社ユーザーローカルUser Local, Inc.

    ビッグデータの各種解析ツールや人工知能(AI)を使った業務支援ツールを開発・提供
    Development and provision of various big data analysis tools and business support tools using artificial intelligence (AI)

ご協賛をお考えの方はこちらより問い合わせください。

Venue 開催場所

京都ブライトンホテル
Kyoto Brighton Hotel
〒602-8071 京都市上京区新町通中立売(御所西)
Nakadachiuri, Shinmachi-Dori,Kamigyo-ku, Kyoto 602-8071, Japan

京都ブライトンホテル
Kyoto Brighton Hotel

〒602-8071 京都市上京区新町通中立売(御所西)
Nakadachiuri, Shinmachi-Dori,Kamigyo-ku, Kyoto 602-8071, Japan

TICKETS チケット

Coming Soon…

TICKET………297,000円(税込)

STARTER VIP………550,000円(税込)
招待パブリッシャーとの1on1ミーティング(2社分)を含みます。

※会場までの費用は各自ご負担ください。
※当日のキャンセル・返金は承っておりません。

Contact お問い合わせ