Storytelling ストーリーテリング

マーケティング活動におけるデジタル利用は、もはや当たり前の時代になりました。いま考えるべきことは、デジタルの手法ではなく、デジタルを通して何をどう語るのかです。

その一方、テクノロジーや社会の進化のスピードは、加速するばかり。そのため、人々にストーリーを伝えようとしても、随時対応しきれない現場も数多く存在しています。

今回のDIGIDAY BRAND LEADERSのテーマは、オンオフの垣根を超えた「ストーリーテリング」。ブランドにおける現代のストーリーテリングのあるべき姿について、業界の別け隔てなく、議論していきます。

DIGIDAY[日本版]編集長 長田 真

Nowadays, the use of digital technologies is the norm in marketing. What we need to now think about is not how to use these technologies, but how and what we can tell to others by using digital technology.

Yet the speed at which technologies and society evolve continues to accelerate, creating many situations where we are unable to properly relate a story to people when needed.

The theme for this year’s DIGIDAY BRAND LEADERS is Storytellingーstories that work both online and offline. We are going to explore what storytelling for a brand in a modern setting should be, regardless of industry.

DIGIDAY Japan, Editor in Chief Shin Osada

Attendees 参加企業

japanairlines
kirin_01
KOSE_ogomark_logotype_h_color_large
M_logo20160822
mercedes benz
Microsoft_web
NB.LOGO.Linear.186c
2015_SHISEIDO_Corporate_LOGO
skylark
yayoi

上記ほか
アウディ・ジャパン株式会社 / シャネル株式会社 / 株式会社クレディセゾン / 大和ハウス工業株式会社 / 富士フイルム株式会社 / グーグル合同会社 / Indeed Japan株式会社 / 株式会社カネボウ化粧品 / KDDI株式会社 / ライフネット生命保険株式会社 / NEC / 日本ロレアル株式会社 / 株式会社ニッセン / パナソニック株式会社 / 株式会社パルコ / 株式会社再春館製薬所 / 株式会社サンリオ / シャープマーケティングジャパン株式会社 / ソフトバンク株式会社 / ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社 / 株式会社スバルITクリエーションズ / 三井住友カード株式会社 / ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク / 日本トイザらス株式会社 (ロゴ/企業名 ABC順)

Speakers 登壇者

Coming Soon…

  • ANA ANDJELIC

    ANA ANDJELICANA ANDJELIC

    Rebecca Minkoff
    CBO

    ストラテジスト、ライター、社会学博士。テクノロジー、ビジネス、クリエイティビティなどさまざまな領域を横断的に活躍するだけでなく、「MIT Media Lab」の学生との活動と同様、ニューヨークのカナルストリートにおける高級品偽造文化の研究にも熱心に取り組む。現在は「Rebecca Minkoff(レベッカミンコフ)」のCBO(チーフ・ブランド・オフィサー)を中心に、ファッションメディア「Lean Luxe(リーンラクス)」のボードメンバーとしても活躍。Rebecca Minkoffでは、同社の文化的な役割の定義と実行、及び全てのタッチポイントやブランディング施策における、一気通貫したストーリーテリングを担う。
    Ana Andjelic is a strategist, writer and doctor of sociology. She seamlessly moves between technology, business and creativity, and is equally passionate about observing the counterfeit luxury goods scene on Canal street as about working with MIT Media Lab students. Ana is on the board of Lean Luxe and her day job is the Chief Brand Officer of Rebecca Minkoff. Ana’s role is to define and implement Rebecca Minkoff’s role in culture and to deliver a consistent brand narrative across all consumer touchpoints and brand executions.
  • 金 高恩

    金 高恩GOEUN KIM

    JapanTaxi株式会社
    取締役 CMO
    Director, Chief Marketing Officer, JapanTaxi Co.,Ltd.

    父の仕事で日本に来て26年。Cyberagent、netprice、Yahoo!JAPAN、FashionWalkerで新規事業や会社の立ち上げ、プロデュース業務を担当。 その後、独立して多業種の企業の事業立ち上げをお手伝いした後、ファウンダーとして会社を立ち上げる。2015年、人々の生活に浸透している社会インフラを、ITの力を加えて進化させたいという思いからJapanTaxiへ入社。現在はJapanTaxiのCMOとして、プロモーション全般および新規事業の立ち上げを担当するほか、タクシー車両搭載の広告タブレットを展開する株式会社IRISの代表取締役社長を兼務。
    Has resided in Japan for 26 years accompanying her father’s work there. Supervised new businesses at Cyberagent, netprice, Yahoo!JAPAN, and FashionWalker as well as having started a company and supervised production work. After that She became independent and assisted in the startup of companies in several industries before starting a company as a founder. In 2015 she joined JapanTaxi because she wanted to use the power of IT to evolve an infrastructure company that widely affected people’s lives. Today she serves as CMO of JapanTaxi and supervises all promotions and launching of new businesses as well as also serving as the representative director and president of IRIS Inc., which promotes the use of advertising tablets installed in taxis.
  • 北庄司 英雄

    北庄司 英雄HIDEO KITASHOJI

    ブライトコーブ株式会社
    Vice President, Head of Japan Sales
    Vice President, Head of Japan Sales, Brightcove K.K. 

    2001年ヤフー株式会社入社、ディスプレイ、動画広告などの営業を7年間担当した後、国内の動画配信事業社にて企業向けの動画活用の啓蒙や導入などに注力。2012年にセールスディレクターとしてブライトコーブに入社。以来、自社サービスである「Video Cloud」を活用したオウンドメディアの動画マーケティングを推進。また放送局などのメディア企業向けに動画広告によるマネタイズのコンサルティング提案にも注力している。趣味はクラシックカーと占い。
    Hideo Kitashoji joined Brightcove in 2012 as Sales Director. Since then, he promotes video marketing with owned media by utilizing Brightcove Video Cloud. He also focuses on business development with video ads for media companies including broadcasters and newspapers. Prior to Brightcove, Kitashoji focused on enlightenment and introduction of enterprise video in a domestic video distribution company. He joined Yahoo Japan Corporation in 2001 and experienced branding ad sales for seven years. Out of work, he likes classic cars and fortune-telling.
  • 柳田洋顕

    柳田洋顕HIROAKI YANAGIDA

    ライオン株式会社
    ヘルス&ホームケア事業本部オーラルケア事業部 ブランドマネージャー
    Brand Manager, Oral Care Department, Health & Homecare Division, Lion Corporation

    1997年ライオンに入社。7年間営業を経験した後、マーケティング本部へ。商品開発担当として男性用ヘアケア、ボディケアブランド「PROTEC」の立ち上げに携わる。その後2012年に同本部のオーラルケア分野に移り、ブランドマネジャーに就任。ビトイーン等を担当しつつ、新ブランド「NONIO」を立ち上げた。
    Yanagida joined Lion in 1997. After 7 years working in sales, he was transferred to the Marketing Division where he oversaw product development and was involved in launching the PROTEC brand of men’s haircare and bodycare products. He moved to the Oral Care section of the same division in 2012 and acted as brand manager, where he launched the new NONIO brand while in charge of Bitoin and other products.
  • 棚橋 寛文

    棚橋 寛文HIROFUMI TANAHASHI

    株式会社プレイド
    KARTE for App Project Owner
    KARTE for App Project Owner, PALID,inc.

    明治大学理工学部卒業後、楽天に入社。サービスの企画・ディレクションや新規事業の立ち上げを経験。その後ビズリーチにて新規事業の立ち上げにPMとして携わる。2017年2月にプレイドに参画し、KARTE for AppのProject Ownerを務める。
    After graduating from the Faculty of Science and Engineering, Meiji University, joined Rakuten. Experience planning and direction of service and launching new business. I was involved as a PM in the launch of a new business at Biz Reach. Participate in Plaid in February 2017 and become a Project Owner of KARTE for App.
  • 吉田 大樹

    吉田 大樹HIROKI YOSHIDA

    株式会社サイバー・コミュニケーションズ
    セールス・ディビジョン チームマネージャー
    Team manager, Sales.Division, CYBER COMMUNICATIONS INC.

    1980年生まれ、岩手県出身。広告代理店や印刷会社を経て2007年に入社後、 自社で展開するプレミアムアドネットワーク「ADJUST」の商品企画及び営業の現場マネージャーとして5年間従事。その後各種DSPを活用したトレーディングデスクサービス「Performance X」のセールス、SSP事業者との商品企画、媒体社様の収益最大化サービス「IPM」などのチームを歴任し、プログラマティック領域を中心としたデマンド・サプライの2つの領域を経験。2017年2月に「ADJUST」のリブランド責任者となった後「BEYONDX PMP」を立ち上げ、現職。
    Was born in Iwate Prefecture in 1980. Joined CCI in 2007 after going through an advertising agency and printing company. Had been working as a product planning and sales manager of the premium ad-network ‘ADJUST’ for 5 years, then engaged in sales of the trading desk service ‘Performance X’, product planning with SSP vendors, publisher trading desk service ‘IPM (Inventory Portfolio Management)’.Have experiences in both demand side and supply side mainly in programmatic advertising industry.Became a person in charge of re-branding ‘ADJUST’ in February 2017, then set up ’BEYONDX PMP’, and is now leading its sales.
  • 安部 順一

    安部 順一JUNICHI ABE

    読売新聞東京本社
    取締役 広告局長
    Director, Chief Officer, Advertising, THE YOMIURI SHIMBUN

    早稲田大政治経済学部卒。1985年読売新聞社入社。岐阜支局、横浜支局、経済部、2001年宣伝部次長、03年東京本社経済部次長、07年編集委員、14年中央公論新社学芸局中央公論編集主幹兼中央公論編集長、同年同社取締役雑誌編集主幹兼学芸局中央公論編集長。16年読売新聞東京本社執行役員広告局長、18年取締役広告局長。
    Graduated from Waseda University. Joined The Yomiuri Shimbun in 1985. Staff Writer, Economic News Department in 1991, Senior Writer in 2007. Chuokoron-Shinsha, Inc. (Publishers), Managing Director, Editor in Chief in 2014. The Yomiuri Shimbun Corporate Officer, Chief Officer, Advertising in 2016. Director, Chief Officer, Advertising in 2018.
  • 三宅 耕二

    三宅 耕二KOJI MIYAKE

    株式会社日本経済新聞社
    執行役員 デジタル事業 広告・IDユニット長
    Executive Officer General Manager, Nikkei-ID and Advertising Unit, Digital Business, Nikkei Inc.

    1985年に入社、大阪社会部配属。日経MJの編集に15年携わり、2011年日経MJ編集長。京都支社長を経て17年から現職。
    Joined in 1985, I was involved in editing Nikkei MJ for 15 years, and was editor of Nikkei MJ in 2011. After working as a Kyoto branch manager he has been in current position since 17 years.
  • 遠藤 光一

    遠藤 光一Koichi Endo

    チーターデジタル株式会社
    営業部 部長
    Head of Sales, Sales Div, Cheetah Digital Co., Ltd.

    2010年にチーターデジタルの前身であるエイケアシステムズに入社。チャネル営業、直販営業、アカウントマネジメント等を経て営業責任者となる。eコマースを主とした小売りやライフイベント系の各種メディアなどの支援経験が多い。
    Joined A care Systems, the predecessor of Cheetah Digital at 2010. Become a sales director after experienced channel sales, direct sales, account management, etc. Many experiences supporting mainly e-commerce and various media.
  • 山崎 雅弘

    山崎 雅弘MASAHIRO YAMAZAKI

    ログリー株式会社
    マーケティング・ソリューション部 執行役員 部長
    Corporate Officer General Manager, Marketing Solution Department, logly,inc

    2013年 ログリー株式会社入社 入社以来、営業として大手広告代理店を複数社担当。2016年 執行役員就任 現在はデマンドサイドの業務全般を統括。
    Joined logly Inc. as a sales operative against major advertising agencies in 2013.Became an corporate officer in 2016 and managing whole operation of sales department to the present.
  • 木村 美代子

    木村 美代子MIYOKO KIMURA

    アスクル株式会社
    取締役兼CMO
    Director / Chief Marketing Officer, ASKUL Corporation

    1988年、プラス株式会社に入社し、1993年には創業メンバーとして、アスクル事業推進室に配属。その後、1999年にアスクル株式会社が分社独立したと同時に、同社へ入社。 2009年には個人向けeコマースの、アスマル株式会社にて同社代表取締役社長を務める。アスクル株式会社に戻ってからは、個人向けeコマースのLOHACO事業に取り組む。2017年に取締役兼CMOに就任。
    Miyoko Kimura joined the PLUS Corporation in 1988 and was assigned as a founding member of ASKUL Operations Promotion Office in 1993. She joined ASKUL Corporation when it was spun off from PLUS in 1999. She was appointed as Representative Director & President of Asumaru Corporation, an e-commerce company aimed at individual users in 2009. She later returned to ASKUL Corporation and worked on LOHACO, an e-commerce platform aimed at individual users. Kimura was then appointed as director and CMO in 2017.
  • 宮崎 伸夫

    宮崎 伸夫NOBUO MIYAZAKI

    朝日新聞社
    総合プロデュース室 室長
    Director, New Business Incubation Office, The Asahi Shimbun Company

    1990年朝日新聞社入社。キャリアの多くで広告局営業部門に所属し、自動車、情報通信、金融、化粧品、ファッションなどの業界を担当。2004年から3年間、広告局ロンドン駐在員(欧州・中東・アフリカ地域担当)を務める。2012年より約3年間、デジタル営業センター長補佐として、デジタル事業に携わった。2016年5月より現職にて、デジタル広告始め、新しいコミュニケーション商品の開発に従事。
    Joined the Asahi Shimbun Company in 1990. In most of his career, he served as an advertising and sponsorship sales executive for a variety of industries such as automotive, ICT, financial-services, cosmetics, clothing and so on. From 2004 through 2007 in London, he helped overseas clients achieve their marketing communications goals in the Japanese market as Advertising and Sponsorship Sales Director, responsible for EMEA(Europe, Middle East and Africa) regions. Since 2012, he had served as Deputy Director, Digital Business Division for about 3 years. Since May 2016, he has taken the lead in the development of new communications products as Director, New Business Incubation Office.
  • 岡本 典子

    岡本 典子NORIKO OKAMOTO

    株式会社FiNC
    IC事業本部 CBO
    Chief Brand Officer, Interactive Communication Dept, FiNC, Inc.

    20年に渡り、ナイキジャパン、ロレアル等外資系ブランドにて、ブランドマネジメントを担当。合計8つのブランドのマーケティングや組織マネジメントを行なう。現在は「Personal AI for everyone’s wellness」をミッションに掲げるヘルスケア×テクノロジー(人工知能)に特化したヘルステックベンチャー FiNCのブランディングを開発している。
    Over 20 years of brand management experience at No.1 global consumer goods companies including NIKE and L`Oreal. In total, managed 8 brands during the career. Currently, developing brand design for FiNC, healthtech. venture.
  • 江川 亮一

    江川 亮一RYOICHI EGAWA

    シーセンス株式会社
    代表取締役社長 兼 本社シニアバイスプレジデント
    Senior Vice President HQ / President Japan, Cxense Co., LTD.

    1997年に日本オラクル株式会社に入社。ITコンサルタントとして大手企業向けウェブシステム構築やERP導入に従事。 その後、日本IBMを経て検索エンジン大手のオートノミー、ファストサーチ&トランスファーにてセールスディレクターとして数々の著名ウェブサイトでの検索・レコメンデーション導入を担当。 2010年、オンライン・メディア企業向けに収益の最大化・ユーザエクスペリエンス向上ソリューションをクラウドで提供するシーセンスの立ち上げに参画。グローバルで6000,日本国内で350を超えるサイトで採用済み。
    As Senior Vice President, Business Development, and President Japan, Ryoichi Egawa leads Cxense Japan. Before joining Cxense, Egawa had more than 10 years of experience in leadership roles in the software industry. Most recently, Egawa was Director of Sales at FAST and, subsequently, in the Digital Marketing Platform Group at Microsoft. Before this he served as Sales Director in Autonomy and Field Alliance Manager in IBM Japan. Egawa also has experience in IT consulting at Oracle.
  • 山本 隆博

    山本 隆博TAKAHIRO YAMAMOTO

    シャープマーケティングジャパン株式会社
    マーケティング統括部
    デジタルマーケティング部 主任
    manager, Digital Marketing Dept, Sharp Marketing Japan Corporation

    フォロワー46万を超える、シャープ公式ツイッターの運営者。マス広告を担当後、流れ流れて中の人。時にゆるいと称されるツイートでニュースやまとめ記事になることが日常に。企業コミュニケーションと広告の新しいあり方を模索しながら、日々ツイッター上でユーザーと交流を続けている。2014年大阪コピーライターズクラブ最高新人賞、突破クリエイティブアワード2015審査員特別賞、第50回佐治敬三賞、2018年東京コピーライターズクラブ新人賞。
    SHARP official twitter account operator. @SHARP_JP has more than 460,000 followers. After taking charge of mass advertisement, currently engaged in SNS communication. @SHARP_JP is famous for loose, friendly, personal tweets and talking directly to consumers.
  • 別所 哲也

    別所 哲也TETSUYA BESSHO

    ショートショート フィルムフェスティバル & アジア
    代表
    President, Short Shorts Film Festival & Asia

    90年、日米合作映画『クライシス2050』でハリウッドデビュー。米国映画俳優組合(SAG)メンバーとなる。その後、映画・TV・舞台・ラジオ等で幅広く活躍し、 第1回岩谷時子賞奨励賞、第63回横浜文化賞を受賞。99年より、日本発の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル」を主宰し、文化庁文化発信 部門長官表彰を受賞。観光庁「VISIT JAPAN 大使」、外務省「ジャパン・ハウス」有識者諮問会議メンバーに就任。内閣府「世界で活躍し『日本』を発信する日本 人」の一人に選出。
    Tetsuya Bessho made his Hollywood debut in 1990 with the Japanese-American made movie “Solar Crisis”, and became member of the Screen Actors Guild (SAG). He works across a broad range, from movies and TV to stage and radio, and won both the first Tokiko Iwatani Award Encouragement Prize and the 63rd Yokohama Cultural Award. From 1999 he has presided over the Japanese international short film festival “Short Shorts Film Festival & Asia”, and was recognized for this contribution with the Commissioner's Award for the Promotion of Japanese Culture from the Agency for Cultural Affairs. Tetsuya is a “VISIT JAPAN Ambassador” for the Japan Tourism Agency, a member of the council of experts for the Ministry of Foreign Affairs “Japan House” project, and was selected by the Japanese Cabinet Office as a “Global Messenger of Japan.”
  • 新谷 哲也

    新谷 哲也TETSUYA SHINTANI

    THE TRADE DESK JAPAN株式会社
    カントリーマネージャー
    Country Manager, Japan, The Trade Desk Japan K.K.

    The Trade Deskのカントリーマネージャーとして日本市場における同社プラットフォームのチャネル開発とサポートをリード。これまでビジネス企画・開発、メディア企画・開発、第三者配信など黎明期から様々なビジネスの立ち上げを担当。特に、インターネット広告ビジネス関連では広告プランニングから企業戦略立案・投資まで幅広い経験がある。現職以前は電通 デジタル・ビジネス局に所属、2014年7月より現職。
    As the Japan Country Manager for The Trade Desk, Shintani leads development and support for its platform channels in Japan. Shintani has supervised the creation of a variety of new businesses in business planning/development, media planning/development, third-party ad serving, etc., and has an especially wide range of experience in internet advertising, from ad planning to corporate strategy design and investment. Shintani previously worked in Dentsu’s Digital Business Office and came to his current job in July 2014.
  • 富永 朋信

    富永 朋信TOMONOBU TOMINAGA

    プロフェッショナルマーケターProfessional marketer

    1992年大学卒業後、コダック社に入社。以来、日本コカ・コーラ、西友などマーケティング関連職務を7社で経験。うち、ソラーレホテルズアンドリゾーツ、西友、ドミノ・ピザ ジャパンでCMOを拝命。座右の銘はいろいろあるが、今のお気に入りは「鏡を信じるな」。マーカスエバンス社CMOサミット議長(17年~)、日本マーケティング協会 CMOソサエティメンバー
    Started career as a marketer in 1992, and have saved experience at 7 companies. Named as CMO at Solare horels and resorts, Seiyu and Domino’s. Many mottos in mind, and recent favorite is “Never believer the mirror” Chairman of CMO summit, Board member of CMO society
  • 犬塚 洋二

    犬塚 洋二YOJI INUTSUKA

    チェック・ジャパン 株式会社
    カントリーマネージャー
    Country Manager, CHEQ Japan KK

    18年に渡り、Excite、GLAM Media Japan(Mode Media japan)などデジタルメディアにおいてブランディング広告、企画などに従事。2018年5月よりCHEQ AI Technologies の日本法人立ち上げに従事。
    Over 18 years of Brand advertisement experience at Digital media Company including Excite Japan, GLAM Media Japan(Mode Media Japan). Currently, In charge of CHEQ Japan kk Country Manager.
  • 須藤 悠太

    須藤 悠太YUTA SUDO

    株式会社CyberBull
    ブランド事業部 マネージャー
    Manager, Brand Marketing Division, CyberBull,Inc

    2017年サイバーエージェント入社。動画に特化したインターネット広告代理事業を手掛ける、株式会社CyberBulllに出向し、ブランドマーケティング事業部にてアカウントプランナーを担当。TVCMとデジタルを横断した取組みや、海外におけるメディアミックスの年間プロモーションなどを現在進行形で担当している。マスデジタルが統合する新しい時代のマーケティングのあり方をデジタル起点で提案している。
    Joined Cyber ​​Agent in 2017. He was assigned to CyberBulll Co., Ltd., a company engaged in Internet advertising agency specializing in moving images, and was assigned Manager at Brand Marketing Division. We are currently in charge of efforts across TVCM and digital, and annual promotion of media mix overseas. We are proposing the way of marketing in a new era in which Mass Digital integrates in a digital starting point.
  • 花井 譲

    花井 譲YUZURU HANAI

    THECOO株式会社
    マーケティング
    CMO
    CMO, Marketing, THECOO Co.,Ltd.

    1994年ソニー(株)入社、ソニーマーケティング、ソニーモバイルでAIBO/WALKMAN/ガラケー/XPERIAのマーケティング・広告宣伝に携わる。2013年から2年半あきんどスシローでマーケティング・広告宣伝に携わる。2015年から第一興商でマーケティング・広告宣伝に携わる。2018年7月よりTHECOOのCMOとして現在に至る。
    13 years of marketing and advertising experience, including 1yr and a half in Sweden, working for Sony Corporation, Sony Marketing Inc. and Sony Ericsson Mobile Communications Inc., dealing with products such as AIBO, WALKMAN and XPERIA.Joined Akindo Sushiro Co., Ltd. in March 2013, and had been working to July 2015 as a manager of Marketing Department.Joined DAIICHIKOSHO Co.,Ltd in August 2015,and had been working to June 2018 as a general manager of Marketing Department.And now CMO of the THECOO Co.,Ltd.

※本イベント開催時の所属および役職です。

Agenda アジェンダ

Day 01

Day 01, September 11th

11:00-13:00
Registration Desk Opens
11:30-12:00
Town Hall meeting
VIPs & Publishers only
12:00-12:30
Sandbox Presentations
VIPs & Publishers only
  • 花井 譲

    花井 譲YUZURU HANAI

    THECOO株式会社
    マーケティング
    CMO
    CMO, Marketing, THECOO Co.,Ltd.

    1994年ソニー(株)入社、ソニーマーケティング、ソニーモバイルでAIBO/WALKMAN/ガラケー/XPERIAのマーケティング・広告宣伝に携わる。2013年から2年半あきんどスシローでマーケティング・広告宣伝に携わる。2015年から第一興商でマーケティング・広告宣伝に携わる。2018年7月よりTHECOOのCMOとして現在に至る。
    13 years of marketing and advertising experience, including 1yr and a half in Sweden, working for Sony Corporation, Sony Marketing Inc. and Sony Ericsson Mobile Communications Inc., dealing with products such as AIBO, WALKMAN and XPERIA.Joined Akindo Sushiro Co., Ltd. in March 2013, and had been working to July 2015 as a manager of Marketing Department.Joined DAIICHIKOSHO Co.,Ltd in August 2015,and had been working to June 2018 as a general manager of Marketing Department.And now CMO of the THECOO Co.,Ltd.
  • 新谷 哲也

    新谷 哲也TETSUYA SHINTANI

    THE TRADE DESK JAPAN株式会社
    カントリーマネージャー
    Country Manager, Japan, The Trade Desk Japan K.K.

    The Trade Deskのカントリーマネージャーとして日本市場における同社プラットフォームのチャネル開発とサポートをリード。これまでビジネス企画・開発、メディア企画・開発、第三者配信など黎明期から様々なビジネスの立ち上げを担当。特に、インターネット広告ビジネス関連では広告プランニングから企業戦略立案・投資まで幅広い経験がある。現職以前は電通 デジタル・ビジネス局に所属、2014年7月より現職。
    As the Japan Country Manager for The Trade Desk, Shintani leads development and support for its platform channels in Japan. Shintani has supervised the creation of a variety of new businesses in business planning/development, media planning/development, third-party ad serving, etc., and has an especially wide range of experience in internet advertising, from ad planning to corporate strategy design and investment. Shintani previously worked in Dentsu’s Digital Business Office and came to his current job in July 2014.
  • 江川 亮一

    江川 亮一RYOICHI EGAWA

    シーセンス株式会社
    代表取締役社長 兼 本社シニアバイスプレジデント
    Senior Vice President HQ / President Japan, Cxense Co., LTD.

    1997年に日本オラクル株式会社に入社。ITコンサルタントとして大手企業向けウェブシステム構築やERP導入に従事。 その後、日本IBMを経て検索エンジン大手のオートノミー、ファストサーチ&トランスファーにてセールスディレクターとして数々の著名ウェブサイトでの検索・レコメンデーション導入を担当。 2010年、オンライン・メディア企業向けに収益の最大化・ユーザエクスペリエンス向上ソリューションをクラウドで提供するシーセンスの立ち上げに参画。グローバルで6000,日本国内で350を超えるサイトで採用済み。
    As Senior Vice President, Business Development, and President Japan, Ryoichi Egawa leads Cxense Japan. Before joining Cxense, Egawa had more than 10 years of experience in leadership roles in the software industry. Most recently, Egawa was Director of Sales at FAST and, subsequently, in the Digital Marketing Platform Group at Microsoft. Before this he served as Sales Director in Autonomy and Field Alliance Manager in IBM Japan. Egawa also has experience in IT consulting at Oracle.
12:30-13:20
Networking Lunch
13:20-13:25
Opening Remarks
Open to all
13:25-13:35
The Digiday Challenge Board
13:35-13:45
Biggest trends in the industry
13:45-14:05
「目立たない」から売れる、LOHACOコラボ商品のストーリー

「eコマースならではの新しい価値の共創」を目指す、アスクル運営の個人向け通販「LOHACO」。2014年2月に同社が設立した「LOHACO ECマーケティングラボ」では、国内外を代表する日用品メーカーを中心に129社が参加し、これまでの流通起点のPBではなく、「生活者起点のデザイン商品」を数多く生み出してきた。ECだからこそ実現できる、 LOHACOの「暮らしになじむ」デザインについて、同社CMOの木村美代子氏が語る。

  • The Story Behind Lohaco’s Collaborative Products: Items That Sell Because They Don’t Stand Out

    Lohaco, Askul’s B2C ecommerce platform, aims to generate new value as made possible by ecommerce. Started in February 2014, the Lohaco Ecommerce Lab works with 129 producers of everyday items from around the world to create a variety of designer products with a focus on the consumer, rather than previous logistics-based private brand items. Miyoko Kimura, CMO of Askul, is here to talk about how Lohaco has designed itself to fit the lifestyles of its customers through the advantages of ecommerce.

  • 木村 美代子

    木村 美代子MIYOKO KIMURA

    アスクル株式会社
    取締役兼CMO
    Director / Chief Marketing Officer, ASKUL Corporation

    1988年、プラス株式会社に入社し、1993年には創業メンバーとして、アスクル事業推進室に配属。その後、1999年にアスクル株式会社が分社独立したと同時に、同社へ入社。 2009年には個人向けeコマースの、アスマル株式会社にて同社代表取締役社長を務める。アスクル株式会社に戻ってからは、個人向けeコマースのLOHACO事業に取り組む。2017年に取締役兼CMOに就任。
    Miyoko Kimura joined the PLUS Corporation in 1988 and was assigned as a founding member of ASKUL Operations Promotion Office in 1993. She joined ASKUL Corporation when it was spun off from PLUS in 1999. She was appointed as Representative Director & President of Asumaru Corporation, an e-commerce company aimed at individual users in 2009. She later returned to ASKUL Corporation and worked on LOHACO, an e-commerce platform aimed at individual users. Kimura was then appointed as director and CMO in 2017.
14:05-14:25
売上に「コミットする」、動画マーケティング戦略

動画広告が、いま大きな注目を集めている。これまで「パフォーマンス」だけと考えられていたインターネット広告において、「ブランディング」に寄与できるからだ。とはいえ、広告主企業のビジネスゴールは「実際にその商品やサービスが売れること」にほかならない。そこで、CyberBullでは、動画広告の制作・配信に留まらず、売上まで一気通貫して支援できる体制構築に取り組んでいるという。同社のブランド事業部 第一営業局で、局長を務める須藤悠太氏が、「売れる動画マーケティング」戦略を語る。

  • Commitment to Sales: Video Marketing Strategies

    Video advertising is currently garnering a lot of attention, the reason being that internet ads up until now were considered a type of “performance,” but video ads are actually capable of contributing to branding. Nevertheless, the only business goal for an advertiser is getting its product or service to actually sell. CyberBull has built a comprehensive support system that covers not just video production and broadcasting, but also sales as well. Yuta Sudo, head of Sales Office No. 1 in CyberBull’s Branding Division, is here to tell us about the strategies involved in video marketing that sells.

  • 須藤 悠太

    須藤 悠太YUTA SUDO

    株式会社CyberBull
    ブランド事業部 マネージャー
    Manager, Brand Marketing Division, CyberBull,Inc

    2017年サイバーエージェント入社。動画に特化したインターネット広告代理事業を手掛ける、株式会社CyberBulllに出向し、ブランドマーケティング事業部にてアカウントプランナーを担当。TVCMとデジタルを横断した取組みや、海外におけるメディアミックスの年間プロモーションなどを現在進行形で担当している。マスデジタルが統合する新しい時代のマーケティングのあり方をデジタル起点で提案している。
    Joined Cyber ​​Agent in 2017. He was assigned to CyberBulll Co., Ltd., a company engaged in Internet advertising agency specializing in moving images, and was assigned Manager at Brand Marketing Division. We are currently in charge of efforts across TVCM and digital, and annual promotion of media mix overseas. We are proposing the way of marketing in a new era in which Mass Digital integrates in a digital starting point.
14:25-14:40
@SHARP_JP 、46万フォロワーを巻き込む「ゆるい」ツイートの真意

数ある企業アカウントのなかでも抜群のエンゲージメントを誇る、シャープの公式 @SHARP_JP ツイッター。企業の顔らしからぬ、その「ゆるい」発言はバズを日常的に起こしつつ、新しいデジタルコミュニケーションのあり方を指し示してきた。佐治敬三賞やTCCはじめ、広告コピーの受賞者であり、いわゆる「中の人」である山本隆博氏は、必ずしも売上に直結しないこの取り組みに、どんな可能性を見出しているのか?

  • The Real Motives behind the Offbeat Humor of the 460,000-follower @SHARP_JP

    Out of the many, many businesses on Twitter, @SHARP_JP, Sharp’s official account, boasts excellent engagement with its readers. The offbeat humor of the account, which contrasts sharply with the company’s serious image, constantly generates buzz and exemplifies a new kind of digital communication. Winner of the Saji Keizo Prize and awards from TCC and others, Takahiro Yamamoto, the man behind the account, explores the potential for projects like this that don’t directly contribute to the company’s bottom line.

  • 山本 隆博

    山本 隆博TAKAHIRO YAMAMOTO

    シャープマーケティングジャパン株式会社
    マーケティング統括部
    デジタルマーケティング部 主任
    manager, Digital Marketing Dept, Sharp Marketing Japan Corporation

    フォロワー46万を超える、シャープ公式ツイッターの運営者。マス広告を担当後、流れ流れて中の人。時にゆるいと称されるツイートでニュースやまとめ記事になることが日常に。企業コミュニケーションと広告の新しいあり方を模索しながら、日々ツイッター上でユーザーと交流を続けている。2014年大阪コピーライターズクラブ最高新人賞、突破クリエイティブアワード2015審査員特別賞、第50回佐治敬三賞、2018年東京コピーライターズクラブ新人賞。
    SHARP official twitter account operator. @SHARP_JP has more than 460,000 followers. After taking charge of mass advertisement, currently engaged in SNS communication. @SHARP_JP is famous for loose, friendly, personal tweets and talking directly to consumers.
14:40-15:00
Refreshment & Networking Break
15:00-15:05
Town Hall Reports & Review of the Challenge Board
15:05-15:20
GDPR時代、ストーリーを届けるために向き合うべき課題とは?

近年、GDPR(EUの一般データ保護規則)やITP(Safariブラウザのトラッキング防止機能)などに代表されるように、ユーザー情報保護の気運が高まっている。このような背景において、企業側が作り出すストーリーをメッセージとしてユーザーに届けるには、いくつかの課題が生まれてきた。広告配信プラットフォームを提供するログリーでは、そうした課題の解決に取り組んでいるという。同社執行役員兼マーケティング・ソリューション部長を務める山崎雅弘氏が、その概況を説明する。

  • The Issues We Face When Delivering Stories To Users In The Age Of GDPR

    In recent years, as evidenced by the GDPR (the EU’s General Data Protection Regulation) and ITP (Safari’s tracking protection feature), there is a growing trend toward protecting user information. This has created a number of problems for how companies are supposed to relay stories as messages to their users. Logly provides a platform for advertising delivery and tasks itself with solving some of these problems. Logly’s CEO and head of Marketing Solutions Masahiro Yamazaki explains the general situation.

  • 山崎 雅弘

    山崎 雅弘MASAHIRO YAMAZAKI

    ログリー株式会社
    マーケティング・ソリューション部 執行役員 部長
    Corporate Officer General Manager, Marketing Solution Department, logly,inc

    2013年 ログリー株式会社入社 入社以来、営業として大手広告代理店を複数社担当。2016年 執行役員就任 現在はデマンドサイドの業務全般を統括。
    Joined logly Inc. as a sales operative against major advertising agencies in 2013.Became an corporate officer in 2016 and managing whole operation of sales department to the present.
15:20-15:35
ストーリーテリング考:過ぎたハンサム休むに似たり

ストーリーを考慮しないアプローチが増え、マーケティングが機能不全を起こしている。ストーリーテリング@マーケティングを語るには、そもそも「ストーリーとは何か」を考え直す必要があるはずだ。コダック、日本コカ・コーラ、ソラーレホテルズアンドリゾーツ、西友などでマーケティング関連の職務を歴任してきた富永朋信氏が、いまあらためてストーリーテリングのあり方を考え直す。

  • What Marketing Automation Can Contribute to Storytelling

    With more and more approaches being taken that ignore the story behind a product, we see more and more failed marketing. To explain the role of storytelling in marketing, a complete rethinking is necessary of what a story is. With a history of marketing work at Kodak, Coca-Cola Japan, Solare Hotels and Resorts, and Seiyu, Tomonobu Tominaga reconsiders what effective storytelling can and should be.

  • 富永 朋信

    富永 朋信TOMONOBU TOMINAGA

    プロフェッショナルマーケターProfessional marketer

    1992年大学卒業後、コダック社に入社。以来、日本コカ・コーラ、西友などマーケティング関連職務を7社で経験。うち、ソラーレホテルズアンドリゾーツ、西友、ドミノ・ピザ ジャパンでCMOを拝命。座右の銘はいろいろあるが、今のお気に入りは「鏡を信じるな」。マーカスエバンス社CMOサミット議長(17年~)、日本マーケティング協会 CMOソサエティメンバー
    Started career as a marketer in 1992, and have saved experience at 7 companies. Named as CMO at Solare horels and resorts, Seiyu and Domino’s. Many mottos in mind, and recent favorite is “Never believer the mirror” Chairman of CMO summit, Board member of CMO society
15:35-15:50
リアルタイムアドセーフティとは何か?:その全貌とメリット

ブランドセーフティやビューアビリティの担保、アドフラウド排除への意識は、ますます高まりを見せている。それに伴い「アドベリフィケーション」にも注目が集っているが、ブランド毀損や無駄なインプレッションの検知を「事後検知」するこの仕組みは、ブランド企業にとって必ずしも十分なものとはいえない。アドベリフィケーションを超えたサービス、「リアルタイムアドセーフティ」について、チェック・ジャパンのカントリーマネージャー、犬塚洋二氏と、サイバー・コミュニケーションズ(cci) セールス・ディビジョン チームマネージャーの吉田 大樹氏が語る。

  • What is Real-Time Ad Safety? All the Details and Merits

    Nowadays we are seeing more and more awareness towards ensuring brand safety and viewability and eliminating ad fraud. As a result, much attention is being paid to ad verification, but as it only detects damage to a brand or useless impressions after the fact, it isn’t an adequate option for branded companies. Yoji Inuzuka, country manager for Cheq Japan, and Hiroki Yoshida, sales division team manager for Cyber Communications, are here to talk about a service that improves upon ad verification: real-time ad safety.

  • 吉田 大樹

    吉田 大樹HIROKI YOSHIDA

    株式会社サイバー・コミュニケーションズ
    セールス・ディビジョン チームマネージャー
    Team manager, Sales.Division, CYBER COMMUNICATIONS INC.

    1980年生まれ、岩手県出身。広告代理店や印刷会社を経て2007年に入社後、 自社で展開するプレミアムアドネットワーク「ADJUST」の商品企画及び営業の現場マネージャーとして5年間従事。その後各種DSPを活用したトレーディングデスクサービス「Performance X」のセールス、SSP事業者との商品企画、媒体社様の収益最大化サービス「IPM」などのチームを歴任し、プログラマティック領域を中心としたデマンド・サプライの2つの領域を経験。2017年2月に「ADJUST」のリブランド責任者となった後「BEYONDX PMP」を立ち上げ、現職。
    Was born in Iwate Prefecture in 1980. Joined CCI in 2007 after going through an advertising agency and printing company. Had been working as a product planning and sales manager of the premium ad-network ‘ADJUST’ for 5 years, then engaged in sales of the trading desk service ‘Performance X’, product planning with SSP vendors, publisher trading desk service ‘IPM (Inventory Portfolio Management)’.Have experiences in both demand side and supply side mainly in programmatic advertising industry.Became a person in charge of re-branding ‘ADJUST’ in February 2017, then set up ’BEYONDX PMP’, and is now leading its sales.
  • 犬塚 洋二

    犬塚 洋二YOJI INUTSUKA

    チェック・ジャパン 株式会社
    カントリーマネージャー
    Country Manager, CHEQ Japan KK

    18年に渡り、Excite、GLAM Media Japan(Mode Media japan)などデジタルメディアにおいてブランディング広告、企画などに従事。2018年5月よりCHEQ AI Technologies の日本法人立ち上げに従事。
    Over 18 years of Brand advertisement experience at Digital media Company including Excite Japan, GLAM Media Japan(Mode Media Japan). Currently, In charge of CHEQ Japan kk Country Manager.
16:00-16:15
動画マーケティングは「次のステージ」へ:ブライトコーブの目指す世界

「動画元年」といわれた2013年から5年。動画マーケットは拡大し、流通する動画コンテンツの数や種類、業界のステイクホルダーは増え続けている。
しかし、国内で実践されている動画マーケティングの多くは、「制作」から「配信」というプロセスに画一化されているのが現状だ。ブライトコーブのソリューションは、その後の効果分析や配信の最適化、コンテンツの効率的管理など、動画マーケティングを加速させるためのソリューションを提供できることから注目を集めている。同社VPの北庄司英雄氏が、その実力を語る。

  • Bringing Video Marketing to the Next Stage: Brightcove’s Vision for the World

    2013 was the first big year for video marketing. It’s been five years and video marketing has continued to expand, with higher volumes and more styles of content and increasing numbers of stakeholders in the industry. Yet most of the video marketing in Japan follows the same process of video production and video distribution. Brightcove is gaining attention by providing solutions to accelerate video marketing, such as post-distribution effect analysis, distribution optimization, and effective content management. Hideo Kitashoji, Brightcove’s VP, explains the power behind what they’re doing.

  • 北庄司 英雄

    北庄司 英雄HIDEO KITASHOJI

    ブライトコーブ株式会社
    Vice President, Head of Japan Sales
    Vice President, Head of Japan Sales, Brightcove K.K. 

    2001年ヤフー株式会社入社、ディスプレイ、動画広告などの営業を7年間担当した後、国内の動画配信事業社にて企業向けの動画活用の啓蒙や導入などに注力。2012年にセールスディレクターとしてブライトコーブに入社。以来、自社サービスである「Video Cloud」を活用したオウンドメディアの動画マーケティングを推進。また放送局などのメディア企業向けに動画広告によるマネタイズのコンサルティング提案にも注力している。趣味はクラシックカーと占い。
    Hideo Kitashoji joined Brightcove in 2012 as Sales Director. Since then, he promotes video marketing with owned media by utilizing Brightcove Video Cloud. He also focuses on business development with video ads for media companies including broadcasters and newspapers. Prior to Brightcove, Kitashoji focused on enlightenment and introduction of enterprise video in a domestic video distribution company. He joined Yahoo Japan Corporation in 2001 and experienced branding ad sales for seven years. Out of work, he likes classic cars and fortune-telling.
16:15-16:30
タクシー業界のアップデートを目指す、 Japan Taxi の挑戦

旅客運送業において、もっともデジタル化が遅れていたタクシー業界。そんななかジャパンタクシー(JapanTaxi)は、配車アプリ「全国タクシー」で、デジタル戦略に本腰を入れはじめた。「テクノロジー活用で、タクシーの乗車体験をアップデートしたい」と語る同社の金高恩CMOは、どんな未来を思い描いているのか?

  • JapanTaxi’s Endeavor to Modernize the Taxi Industry

    Taxis are one of the least technologically advanced sectors of the passenger transport industry. JapanTaxi is making an earnest effort in digitizing the taxi industry through their taxi reservation app, Zenkoku Taxi. Goeun Kim, CMO of JapanTaxi, wants to use techonology to update the taxi ride experience and explains her ideas for the future.

  • 金 高恩

    金 高恩GOEUN KIM

    JapanTaxi株式会社
    取締役 CMO
    Director, Chief Marketing Officer, JapanTaxi Co.,Ltd.

    父の仕事で日本に来て26年。Cyberagent、netprice、Yahoo!JAPAN、FashionWalkerで新規事業や会社の立ち上げ、プロデュース業務を担当。 その後、独立して多業種の企業の事業立ち上げをお手伝いした後、ファウンダーとして会社を立ち上げる。2015年、人々の生活に浸透している社会インフラを、ITの力を加えて進化させたいという思いからJapanTaxiへ入社。現在はJapanTaxiのCMOとして、プロモーション全般および新規事業の立ち上げを担当するほか、タクシー車両搭載の広告タブレットを展開する株式会社IRISの代表取締役社長を兼務。
    Has resided in Japan for 26 years accompanying her father’s work there. Supervised new businesses at Cyberagent, netprice, Yahoo!JAPAN, and FashionWalker as well as having started a company and supervised production work. After that She became independent and assisted in the startup of companies in several industries before starting a company as a founder. In 2015 she joined JapanTaxi because she wanted to use the power of IT to evolve an infrastructure company that widely affected people’s lives. Today she serves as CMO of JapanTaxi and supervises all promotions and launching of new businesses as well as also serving as the representative director and president of IRIS Inc., which promotes the use of advertising tablets installed in taxis.
16:30-16:45
ウェブとアプリを横断し、真に顧客行動を理解したコミュニケーションを。

いまやアプリは、我々の生活になくてはならない存在として浸透しつつある。しかし、自社のアプリをどのような人が、どんな風に利用しているか、また、ウェブとアプリを併用するユーザー行動を正しく理解するのは、容易なことではない。ウェブとアプリの双方を、一気通貫で捉え、顧客行動の理解、そして最適なコミュニケーションを実現する方法とは。顧客(エンドユーザー)が嬉しさ・楽しさを享受して、笑顔になるCX(顧客体験)を実現するために何が必要か、KARTE for AppのProject Ownerを務める、棚橋 寛文氏が語る。

  • Reaching True Communication and Customer Experience by Web and Apps

    Nowadays many people use mobile apps in their daily lives. However, it is difficult for corporations to understand Who are using the apps and How they are using them. Even more, it is complicated to truly understand customer behaviors where they are using both website and apps. How should company understand the whole process of customer behavior and lead to an efficient communication? PLAID will show what brands needs to achieve true customer experience where end users will explore their excitement and happiness.

  • 棚橋 寛文

    棚橋 寛文HIROFUMI TANAHASHI

    株式会社プレイド
    KARTE for App Project Owner
    KARTE for App Project Owner, PALID,inc.

    明治大学理工学部卒業後、楽天に入社。サービスの企画・ディレクションや新規事業の立ち上げを経験。その後ビズリーチにて新規事業の立ち上げにPMとして携わる。2017年2月にプレイドに参画し、KARTE for AppのProject Ownerを務める。
    After graduating from the Faculty of Science and Engineering, Meiji University, joined Rakuten. Experience planning and direction of service and launching new business. I was involved as a PM in the launch of a new business at Biz Reach. Participate in Plaid in February 2017 and become a Project Owner of KARTE for App.
16:45-17:00
いまなぜ、我々は「ブランデッドムービー」に注力するのか?

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」は2016年、企業のメッセージをストーリー仕立てで伝える「ブランデッドムービー」に特化した部門 「BRANDED SHORTS」を立ち上げた。アジア最大級のアカデミー賞公認短編映画祭であるSSFF & ASIAは、BRANDED SHORTSを通して、広告とショートフィルムのハイブリッドを模索し続けているという。ブランデッドムービーの理想形について同映画祭代表、別所哲也氏が語る。

  • Why we focus on Branded Movies now

    In 2016, one of the biggest short film festivals in Asia, SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA, launched BRANDED SHORTS focusing on branded movies, which are short videos made by brands and used to tell their massages in the form of stories. In search for the hybrid form of advertising and short film, what is the ideal branded movie for BRANDED SHORTS? Join Festival President Tetsuya Bessho as he discusses and reveals the value of branded movies from the perspective of an Academy Awards qualifying short film festival.

  • 別所 哲也

    別所 哲也TETSUYA BESSHO

    ショートショート フィルムフェスティバル & アジア
    代表
    President, Short Shorts Film Festival & Asia

    90年、日米合作映画『クライシス2050』でハリウッドデビュー。米国映画俳優組合(SAG)メンバーとなる。その後、映画・TV・舞台・ラジオ等で幅広く活躍し、 第1回岩谷時子賞奨励賞、第63回横浜文化賞を受賞。99年より、日本発の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル」を主宰し、文化庁文化発信 部門長官表彰を受賞。観光庁「VISIT JAPAN 大使」、外務省「ジャパン・ハウス」有識者諮問会議メンバーに就任。内閣府「世界で活躍し『日本』を発信する日本 人」の一人に選出。
    Tetsuya Bessho made his Hollywood debut in 1990 with the Japanese-American made movie “Solar Crisis”, and became member of the Screen Actors Guild (SAG). He works across a broad range, from movies and TV to stage and radio, and won both the first Tokiko Iwatani Award Encouragement Prize and the 63rd Yokohama Cultural Award. From 1999 he has presided over the Japanese international short film festival “Short Shorts Film Festival & Asia”, and was recognized for this contribution with the Commissioner's Award for the Promotion of Japanese Culture from the Agency for Cultural Affairs. Tetsuya is a “VISIT JAPAN Ambassador” for the Japan Tourism Agency, a member of the council of experts for the Ministry of Foreign Affairs “Japan House” project, and was selected by the Japanese Cabinet Office as a “Global Messenger of Japan.”
17:00-17:20
ストーリーテリングに MA が寄与できること

業界・業種を問わず、多くのBtoC企業で導入されているMA「CCMP」。メール、LINE、アプリ、SMSなど、さまざまなデジタルチャネルにおいて、顧客ごとにパーソナライズしたメッセージを配信できるところが大きな支持を得ている。このCCMPが、企業のストーリーテリングという文脈において、どのように寄与できるのか、同社営業部 部長の遠藤 光一氏が語る。

  • What Marketing Automation Can Contribute to Storytelling

    Many B2C businesses, regardless of industry, are beginning to utilize Cross-Channel Marketing Platforms for marketing automation. Much support has been shown for its ability to disseminate personalized messages to customers via a variety of digital channels, like email, LINE, apps, and SMS. Kouichi Endo, head of the Sales Department at Cheetah Digital, explains how CCMP can be of service in the context of a company’s storytelling.

  • 遠藤 光一

    遠藤 光一Koichi Endo

    チーターデジタル株式会社
    営業部 部長
    Head of Sales, Sales Div, Cheetah Digital Co., Ltd.

    2010年にチーターデジタルの前身であるエイケアシステムズに入社。チャネル営業、直販営業、アカウントマネジメント等を経て営業責任者となる。eコマースを主とした小売りやライフイベント系の各種メディアなどの支援経験が多い。
    Joined A care Systems, the predecessor of Cheetah Digital at 2010. Become a sales director after experienced channel sales, direct sales, account management, etc. Many experiences supporting mainly e-commerce and various media.
17:35-19:05
Working Group Discussion
-Discussion-
  • メディアには、広告枠やコンテンツ提供者など、複数の側面がある。その一方で広告主側にも、コンシューマを惹きつける有益なコンテンツ作りが、これまで以上に必要となってきた。しかし、いま両者のあいだでは、対話が足りていない。その原因はどこにあるのか? コミュニケーションを促進するにはどうすればいいのか? グループディスカッションを通して最適解を探る。


    Both the media and the advertiser have many faces. The media can be at once a content provider and an inventory; the advertiser is both advertiser and creator, it needs to create meaningful content that won’t be ignored by the consumer. Another thing media/advertisers have in common is a lack of communication with their counterparts. Why is this happening? What can be done to circumvent the abounding miscommunication? Find out through this particular group discussion.

19:35-20:05
Cocktail Reception
Open to all
20:05-21:35
Dinner

Day 02

7:00-8:30
Breakfast
8:30-8:45
TownHall
9:00-10:00
Working Group Discussion

– presentation –

10:00-10:20
なぜ、未来の店舗は何も売りたがらないのか?

成功している近代的な小売スタートアップの多くは、物理的な店舗のアドバンテージを再発見している。彼らは、デジタル行動から手掛かりを得て、店舗モデルを活性化しているのだ。優れたサービス、コミュニティ、コンテンツ、およびライフスタイル指向のエクスペリエンスは、モダンで物理的なリテール勝者の必須要素となっている。需要喚起、ブランディング、テクノロジー、デザインをどのように組み合わせて、未来の店舗を構築するべきか、Rebecca Minkoff(レベッカミンコフ)のCBO(チーフ・ブランド・オフィサー)が語る。

  • Why Store of the Future Doesn’t Want to Sell You Anything

    Many successful modern retail startups are rediscovering the advantages of physical stores.They are revitalizing the store model by taking cues from digital behavior. Superior service, community, content, and lifestyle-oriented experiences are some of the directions taken by the modern physical retail winners.

    Ana Andjelic, CBO of Rebecca Minkoff will talk how to combine demand-building, branding, technology and design into a formula for the successful store of the future.

  • ANA ANDJELIC

    ANA ANDJELICANA ANDJELIC

    Rebecca Minkoff
    CBO

    ストラテジスト、ライター、社会学博士。テクノロジー、ビジネス、クリエイティビティなどさまざまな領域を横断的に活躍するだけでなく、「MIT Media Lab」の学生との活動と同様、ニューヨークのカナルストリートにおける高級品偽造文化の研究にも熱心に取り組む。現在は「Rebecca Minkoff(レベッカミンコフ)」のCBO(チーフ・ブランド・オフィサー)を中心に、ファッションメディア「Lean Luxe(リーンラクス)」のボードメンバーとしても活躍。Rebecca Minkoffでは、同社の文化的な役割の定義と実行、及び全てのタッチポイントやブランディング施策における、一気通貫したストーリーテリングを担う。
    Ana Andjelic is a strategist, writer and doctor of sociology. She seamlessly moves between technology, business and creativity, and is equally passionate about observing the counterfeit luxury goods scene on Canal street as about working with MIT Media Lab students. Ana is on the board of Lean Luxe and her day job is the Chief Brand Officer of Rebecca Minkoff. Ana’s role is to define and implement Rebecca Minkoff’s role in culture and to deliver a consistent brand narrative across all consumer touchpoints and brand executions.
10:20-10:35
グローバルビュー:アメリカから見た、デジタルマーケティング最新潮流

アメリカのブランドたちは、プラットフォームとエージェンシーから、どのように主導権を取り戻そうとしているのか。Snapchatやインスタグラムといった新たなプレイヤーとは、どのように付き合っているのか。そして、彼ら自身をどのように変革しているのか。米DIGIDAY編集長のブライアン・モリッシーが、アメリカにおけるデジタルマーケティングの最新潮流についてまとめる。

  • Global View: Major Trends in Digital Marketing From a U.S. Perspective

    Hear from Brian Morrissey, Digiday’s editor-in-chief, as he runs through how the American digital marketing landscape is changing. Learn about how American brands taking back control from their platforms and agencies, how they’re playing with younger players like Snapchat and Instagram, and how they’re changing stodgy internal structures to be able to compete in a new era.

  • BRIAN MORRISSEY

    BRIAN MORRISSEYBRIAN MORRISSEY

    DIGIDAY
    PRESIDENT & EDITOR-IN-CHIEF

10:35-10:50
NONIOのコミュニケーションは、いかに新規市場を切り拓いたか?

新しい口腔ケア商品として、既存商品とは異なりミレニアル世代をターゲットに絞った、ライオン株式会社の「NONIO」。従来どおりの「啓発+機能訴求」のマーケティングではなく、「ファクト」と「体験価値」の施策を2本柱でまわす統合型コミュニケーションで、若者・無関心層の支持を勝ち得たという。NONIOのブランドマネージャーを務める柳田洋顕氏が、その全容を語る。

  • How did NONIO’s Consumer Communication Reach New Markets?

    Lion’s NONIO is a new brand of mouthcare products that focuses on the previously ignored millennial demographic. NONIO succeeded in reaching young people and consumers with little interest in mouthcare products by developing a comprehensive communication system that relies on facts and experience value instead of the earlier marketing methods of promoting awareness of a disease then promoting product effectiveness. NONIO brand manager Hiroaki Yanagida is here to tell us all about this.

  • 柳田洋顕

    柳田洋顕HIROAKI YANAGIDA

    ライオン株式会社
    ヘルス&ホームケア事業本部オーラルケア事業部 ブランドマネージャー
    Brand Manager, Oral Care Department, Health & Homecare Division, Lion Corporation

    1997年ライオンに入社。7年間営業を経験した後、マーケティング本部へ。商品開発担当として男性用ヘアケア、ボディケアブランド「PROTEC」の立ち上げに携わる。その後2012年に同本部のオーラルケア分野に移り、ブランドマネジャーに就任。ビトイーン等を担当しつつ、新ブランド「NONIO」を立ち上げた。
    Yanagida joined Lion in 1997. After 7 years working in sales, he was transferred to the Marketing Division where he oversaw product development and was involved in launching the PROTEC brand of men’s haircare and bodycare products. He moved to the Oral Care section of the same division in 2012 and acted as brand manager, where he launched the new NONIO brand while in charge of Bitoin and other products.
10:50-11:10
ブランドスタジオ、その秘めたる可能性:新聞3社、それぞれの考え

近年、欧米の新聞社で誕生した「ブランドスタジオ」という取り組みが、日本の新聞社でもはじまっている。国内において最初に「N-BRAND STUDIO」を立ち上げた日本経済新聞社、また「TJ BRAND STUDIO」をはじめとするさまざまな取り組みを行っている朝日新聞社、そして世界最大の発行部数を誇る読売新聞社の「YOMIURI BRAND STUDIO」。3社のご担当役員に、それぞれの「目指す方向性」および「強み」について、パネルディスカッション形式で伺う。

  • The Hidden Potential of Brand Studios: Three Companies Discuss Their Thoughts

    In recent years, newspapers in Europe and the US have been creating their own “brand studios,” and Japanese newspapers are now following suit. N-Brand Studio, started by Nikkei, was the first in Japan, and was soon followed by a variety of projects by Asahi Shimbun, including their TJ Brand Studio. The Yomiuri Shimbun, the world’s highest circulating newspaper, also started their own YOMIURI BRAND STUDIO. Supervising directors for each of these three companies will elaborate on their target direction and their strengths in this panel discussion.

  • 安部 順一

    安部 順一JUNICHI ABE

    読売新聞東京本社
    取締役 広告局長
    Director, Chief Officer, Advertising, THE YOMIURI SHIMBUN

    早稲田大政治経済学部卒。1985年読売新聞社入社。岐阜支局、横浜支局、経済部、2001年宣伝部次長、03年東京本社経済部次長、07年編集委員、14年中央公論新社学芸局中央公論編集主幹兼中央公論編集長、同年同社取締役雑誌編集主幹兼学芸局中央公論編集長。16年読売新聞東京本社執行役員広告局長、18年取締役広告局長。
    Graduated from Waseda University. Joined The Yomiuri Shimbun in 1985. Staff Writer, Economic News Department in 1991, Senior Writer in 2007. Chuokoron-Shinsha, Inc. (Publishers), Managing Director, Editor in Chief in 2014. The Yomiuri Shimbun Corporate Officer, Chief Officer, Advertising in 2016. Director, Chief Officer, Advertising in 2018.
  • 宮崎 伸夫

    宮崎 伸夫NOBUO MIYAZAKI

    朝日新聞社
    総合プロデュース室 室長
    Director, New Business Incubation Office, The Asahi Shimbun Company

    1990年朝日新聞社入社。キャリアの多くで広告局営業部門に所属し、自動車、情報通信、金融、化粧品、ファッションなどの業界を担当。2004年から3年間、広告局ロンドン駐在員(欧州・中東・アフリカ地域担当)を務める。2012年より約3年間、デジタル営業センター長補佐として、デジタル事業に携わった。2016年5月より現職にて、デジタル広告始め、新しいコミュニケーション商品の開発に従事。
    Joined the Asahi Shimbun Company in 1990. In most of his career, he served as an advertising and sponsorship sales executive for a variety of industries such as automotive, ICT, financial-services, cosmetics, clothing and so on. From 2004 through 2007 in London, he helped overseas clients achieve their marketing communications goals in the Japanese market as Advertising and Sponsorship Sales Director, responsible for EMEA(Europe, Middle East and Africa) regions. Since 2012, he had served as Deputy Director, Digital Business Division for about 3 years. Since May 2016, he has taken the lead in the development of new communications products as Director, New Business Incubation Office.
  • 三宅 耕二

    三宅 耕二KOJI MIYAKE

    株式会社日本経済新聞社
    執行役員 デジタル事業 広告・IDユニット長
    Executive Officer General Manager, Nikkei-ID and Advertising Unit, Digital Business, Nikkei Inc.

    1985年に入社、大阪社会部配属。日経MJの編集に15年携わり、2011年日経MJ編集長。京都支社長を経て17年から現職。
    Joined in 1985, I was involved in editing Nikkei MJ for 15 years, and was editor of Nikkei MJ in 2011. After working as a Kyoto branch manager he has been in current position since 17 years.
11:10-11:25
NEXTユニコーン企業として期待される「FiNC」、CBOとして伝えるべきもの

経済産業省が推進する「J-Startup」100社にも選出された企業として知られる株式会社FiNC(フィンク)は、リリースから1年強で300万DLを突破。現在ダイエット・ヘルスケア領域においてNo.1アプリとなっている「FiNC」の運営会社だ。アプリ運営のほか、B2B事業、ECなども展開する同社は、CBO(チーフ・ブランド・オフィサー)という役職を据え、ブランディングを注力し加速させている。注目のヘルステックベンチャーは今、何をユーザーに語ろうとしているのか?

  • What the CBO of FiNC, an up-and-coming NEXT Unicorn Company, Needs to Communicate

    FiNC Inc., selected as one of the 100 J-Startups promoted by the Ministry of Economy, Trade, and Industry, runs the FiNC app, which reached 3 million downloads in its first year and is currently the top app in the diet and healthcare category. In addition to its app, FiNC is expanding into B2B and ecommerce, and with the creation of a CBO (chief branding officer), FiNC is focusing more on accelerating its branding. FiNC’s CBO Noriko Okamoto is here to explain what up-and-coming health-tech ventures are trying to communicate to their users.

  • 岡本 典子

    岡本 典子NORIKO OKAMOTO

    株式会社FiNC
    IC事業本部 CBO
    Chief Brand Officer, Interactive Communication Dept, FiNC, Inc.

    20年に渡り、ナイキジャパン、ロレアル等外資系ブランドにて、ブランドマネジメントを担当。合計8つのブランドのマーケティングや組織マネジメントを行なう。現在は「Personal AI for everyone’s wellness」をミッションに掲げるヘルスケア×テクノロジー(人工知能)に特化したヘルステックベンチャー FiNCのブランディングを開発している。
    Over 20 years of brand management experience at No.1 global consumer goods companies including NIKE and L`Oreal. In total, managed 8 brands during the career. Currently, developing brand design for FiNC, healthtech. venture.
11:25-11:45
Secret Session
11:45-11:55
Wrap Up “5 things we’ve learned”
12:10-13:40
8分間ミーティング(1 on 1)
8-Minute Meetings (1 on 1)

招待企業とスポンサー企業による1ターム8分の1on1ミーティングです。

14:00-16:00
Activity

Sponsors スポンサー

  • 株式会社CyberBull

    株式会社CyberBullCyberBull, Inc.

    サイバーエージェントの100%子会社として、2015年に設立した動画広告を専門とするインターネット広告代理事業会社です。 社内に動画広告のための撮影スタジオ"CyberBull Studio"を所有し、企画から撮影、編集、広告配信まで一気通貫したサービスを提供しています。 動画広告のクリエイティブ運用に強みを持ち、数十本単位の動画広告のスピーディーな制作を実現する動画制作オートメーションツール「Video-Suite」を独自開発。年間7,200本を超える動画広告の制作・運用の実績を持っています。ダイレクトマーケティングからブランディングまで様々な企業様のビジネス支援に取り組んでいます。
    "CyberBull is a Disital Video Advertising Agency. We are part of CyberAgent group, a leading web advertisement company in Japan. Since our first launch in 2015, we have provided streamlined production in our "CyberBull Studio" including planning, filming, editting and advertisement distribution. Our uniqueness is defined by our strength in account strategies in Video advertisement and development of Video-Suite, a video creation tool which enable us to create dozens of videos in a short period of time. We produce and operate 7200 Video advertisement annually and supported companies with both direct and branding market goals."
  • チーターデジタル株式会社

    チーターデジタル株式会社Cheetah Digital Co., Ltd.

    チーターデジタルは世界13ヵ国25拠点で事業を展開する、マーケティングテクノロジーに特化した独立系企業です。国内ではエイケアシステムズ、エクスペリアンジャパンと社名変更を経ながら、1,999年の創業以来、累計5,300社以上の取引実績があります。メール配信システムMailPublisherは10年連続シェアNo1。培ってきたデジタルコミュニケーションのノウハウを活かし、現在はメール、LINE、アプリ、SMSなどで1to1コミュニケーションを実現するMA「Cross-Channel Marketing Platform(CCMP(シーシーエムピー))」を展開しています。
    Cheetah Digital is an enterprise cross-channel marketing technology company. Th1e Cross-Channel Marketing Platform combines superior data management capabilities and cross-channel execution with in-house professional services expertise and dedicated support to help brands execute complex marketing programs at scale. We are a business partner to the world’s best brands, including Williams-Sonoma, American Express and Hilton. Cheetah Digital is a global business with employees in 25 offices across 13 countries. For more information, visit www.cheetahdigital.com.
  • ログリー株式会社

    ログリー株式会社LOGLY, Inc.

    ログリー株式会社は2006年の設立以来、10年にわたり大規模データ分析技術をコアコンピタンスとしたサービス開発を行っています。 2012年に日本初となるネイティブ広告プラットフォーム「LOGLY lift」の提供を広告主、媒体社向けに、そして、2016年にはメディア向けユーザー定着支援ツール「Loyalfarm」を媒体社向けに提供しています。
    LOGLY, Inc. founded in 2006, LOGLY is engaged in service development based on large-scale data analytics technology as core competence. LOGLY offers native advertisement platform "LOGLY lift" in 2012, and LOGLY offers loyal audience analytics tool "Loyalfarm" in 2016.
  • チェック・ジャパン 株式会社

    チェック・ジャパン 株式会社CHEQ Japan kk

    CHEQは全ての広告主がインターネット広告を安心してマーケティング活動に活用できる環境を創り出すことを目的に、①ブランドセーフティの確保、②アドフラウド回避、③ビューアビリティの確保、の3つを柱に、軍事技術をベースとしたAIによる超高速情報処理技術、NLP技術を駆使した「リアルタイム・アドセーフティプラットフォーム」を提供しています。 広告配信ページの総合的な安全性を700以上ものパラメーターを瞬時に検知することで確認し、広告配信に適さないと判断されたインプレッションへの広告配信を購買直前にストップ、広告主に完全なアドセーフティ機能を提供しています。これにより、従来型のサービスでは自社の広告が相応しくないページに配信されたということを「検知する」という事後的な対応だったのに対し、積極的にそのような状況を「回避する」ことが可能になります。
    CHEQ AI Technologies Autonomous Brand Safety Preemptive Brand Safety, Fraud Prevention and Viewability Driven by Cybersecurity Experts and Military Grade AI Verification Vendors Measure the Damage, We Prevent it Advertisers are drowning in measurement reports while their ads continue serving to fake traffic, in unsafe and un-viewable environments. CHEQ provides a fully autonomous solution which doesn't simply measure the damage, but prevents it in real-time, before the ad is ever served.
  • 株式会社サイバー・コミュニケーションズ

    株式会社サイバー・コミュニケーションズCyber Communications inc.

    日本のインターネット広告誕生の1996年に設立しました。以来、電通グループのデジタル 広告関連事業者として、デジタルマーケティング全般のサービスを展開、数百の 媒体社・広告会社との取引と共に、業界を牽引しています。 「革新的で信頼あるインタラクティブコミュニケーションサービスの提供を通じて、 より豊かな情報社会の一翼を担う」という理念を掲げ、メディアと共にユーザー への価値を提供し、最先端のマーケティングサービスを通じて、クライアントと ユーザーのコミュニケーションを実現しています。
    CCI was established in 1996, the year digital advertising first started in Japan. Since then, as a Dentsu Group’s digital marketing company CCI has been a pioneer of Japanese digital market offering a wide range of digital marketing services for publishers and agencies. Today, CCI has business with over 500 leading ad agencies and over 1500 websites, which is the largest scale for the market.
  • ブライトコーブ株式会社

    ブライトコーブ株式会社BRIGHTCOVE INC.

    ブライトコーブは、あらゆるインターネット接続機器に動画を配信し収益化するための強力なクラウドサービスをグローバルに展開する大手ソリューション プロバイダーです。多種多様なデバイスを対象とした動画の公開・配信・解析・収益化に関するコストや手間を軽減する製品やサービスを豊富に取り揃えています。ブライトコーブのクラウドソリューションは 70 か国以上で何千社ものお客様にご利用いただいており、視聴者がどこにいても高品質な動画体験を提供しています。詳しくは www.brightcove.com をご覧ください。
    Brightcove Inc. (NASDAQ:BCOV) is the leading global provider of powerful cloud solutions for delivering and monetizing video across connected devices. The company offers a full suite of products and services that reduce the cost and complexity associated with publishing, distributing, measuring and monetizing video across devices. Brightcove has thousands of customers in over 70 countries that rely on the company’s cloud solutions to successfully publish high-quality video experiences to audiences everywhere. To learn more, visit www.brightcove.com.
  • 株式会社プレイド

    株式会社プレイドPLAID,inc.

    プレイドは、ウェブサイトへ来訪したお客様の行動をリアルタイムに解析して一人ひとり可視化し、個々のお客様にあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するCX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」を開発・運営しています。 「KARTE」は、あらゆるデータから圧倒的な顧客理解を可能とし、エンドユーザーにおける体験価値(CX)の向上を実現します。
    PLAID develops and manages the web service "KARTE" that realizes "individual customer" communication with state-of-the-art real-time analysis. "KARTE" is a service that analyzes the behavior of visitors visiting the website in real time, makes each one visible, and realizes multiple communication inside and outside of the website tailored to each customer on a one-stop basis. Utilizing all kinds of data, we can improve the customer experience value (CX) for end users.
  • 株式会社Gunosy

    株式会社GunosyGunosy Inc.

    情報を世界中の人に最適に届けることをミッションに情報キュレーションアプリ「グノシー」、KDDI株式会社と共同で提供する、ニュース配信アプリ「ニュースパス」および、女性向け情報アプリ「LUCRA(ルクラ)」を運営しています。「グノシー」、「ニュースパス」、「LUCRA(ルクラ)」の累計ダウンロード数は3,354万ダウンロードを突破しています。(※DL数は2018年5月末現在)急成長中のGunosyアドネットワークによる外部配信も好調です。関連リンク:https://gunosy.co.jp/
    Gunosy's corporate philosophy is to "optimally deliver information to people around the world.", providing one of the most popular information curation Apps in Japan called its namesake Gunosy, services utilizing technology including News Pass and LUCRA. All media apps have already installed over 33 million times as of May 2018. Gunosy Ads Network business is also growing by using the strength of the media services.
  • THECOO株式会社

    THECOO株式会社THECOO Inc.

    THECOO(ザクー)はインフルエンサーマーケティングの企画立案を行っています。 -YouTuberと広告主のマッチングサービス「アイコンキャスト」の運営、及びプロダクション事業を通じて、4,000人規模のYouTuber/1,000人規模のインスタグラマーのご提案が可能です。 -インフルエンサーマーケティングツール「アイコンスイート」によって15,000人規模のインフルエンサーデータベースを構築しており、インフルエンサーのフォロワーのデモグラフィックデータに基づくデータドリブンな施策をご提案します。 -感度の高いF1層のO2O集客を実現する企画アート展「ビニールミュージアム」を展開しています。
    THECOO developes Influencer Marketing services. -iCON Suite, visualizing influencers and their audiences. -iCON CAST, the Largest YouTuber Matching Service in Asia. -VINYL MUSEUM, interactive temporary art exhibit with photogenic themed exhibits. -fanicon, community platform for influencers and their fans.
  • The Trade Desk Japan株式会社

    The Trade Desk Japan株式会社The Trade Desk Japan K.K.

    The Trade Desk は、ディスプレイ、テレビ、動画、ソーシャル、オーディオ、モバイルなどの広告をリアルタイムに(RTB)買い付け、配信するデマンドサイドプラットフォーム(DSP)です。The Trade Deskのプラットフォームではオンラインメディアのチャネルを横断したキャンペーンを配信からレポーティングまで1つのプラットフォームで運用することができます。The Trade Deskはオムニチャネルプラットフォームのため、上記の広告メニューを簡単に設定することができ、効率的にキャンペーンを改善することができます。
    The Trade Desk- ( NASDAQ : TTD ) is a technology company that empowers buyers of advertising. Through its self-service, cloud-based platform, ad buyers can create, manage, and optimize more expressive data-driven digital advertising campaigns across ad formats, including display, video, audio, native and, social, on a multitude of devices, such as computers, mobile devices, and connected TV. Integrations with major data, inventory, and publisher partners ensure maximum reach and decisioning capabilities, and enterprise APIs enable custom development on top of the platform. Headquartered in Ventura, CA, The Trade Desk has offices across the United States, Europe, and Asia.
  • シーセンス株式会社

    シーセンス株式会社Cxense Co., LTD.

    シーセンスは、ユーザーエクスペリエンスの最適化に関する数々のソリューションを提供する企業で、オスロ証券取引所に上場しています。オーディエンスデータや最新のリアルタイム解析ツールを用いて、高度なコンテンツレコメンデーションやターゲティング広告、予測検索を提供し、パブリッシャーやeコマースに向けてデジタル収益の向上を支援し、ユーザーエクスペリエンスの改善にも貢献しています。
    Cxense (pronounced “see-sense”) enables the world’s leading media, e-commerce and consumer brands to take control of their audience data to deliver more engaging and personalized user experiences. Businesses using Cxense’s advanced real-time analytics, data management (DMP), advertising, search and personalization technology gain more engaged users, increased digital revenue and higher sales conversions. Cxense is headquartered in Oslo, Norway, with offices worldwide.
  • スポティファイ

    スポティファイSpotify

    世界で1億8000万人以上が利用している音楽ストリーミングサービス「Spotify」は月額制の有料プランに加え、広告付きの無料プランを併用したフリーミアムモデルを提供しているのが特徴です。 無料で音楽を楽しむフリーユーザーに対し音声でブランドメッセージを伝えるデジタルオーディオ広告をはじめ、動画、ディスプレイのプレミアム広告体験を提供。 Spotifyならではのアドフラウドレス・ブランドセーフ環境において完全なビューワビリティを保証し、高品質なブランディングを実現する広告サービスを提供しています。
    Spotify is the largest ad-supported music streaming service in the world. We unlock audience insights to connect brands with the streaming generation, through solutions designed for viewability and 100% share of voice. We strive to benefit the advertiser while respecting the consumer to build a digital ecosystem that is a great experience for brands and users alike.

Supporter 後援

supporter_jiaa

Venue 開催場所

ウェスティン都ホテル京都
The Westin Miyako Kyoto
605-0052 京都市東山区粟田口華頂町1(三条けあげ)
605-0052, 1 Awataguchi Kachocho,Higashiyama-ku,Kyoto, Japan

ウェスティン都ホテル京都
The Westin Miyako Kyoto

605-0052 京都市東山区粟田口華頂町1(三条けあげ)
605-0052, 1 Awataguchi Kachocho,Higashiyama-ku,Kyoto, Japan

TICKETS チケット

TICKET………291,600円(税込)

STARTER VIP………540,000円(税込)
招待パブリッシャーとの1on1ミーティング(2社分)を含みます。

※会場までの費用は各自ご負担ください。
※当日のキャンセル・返金は承っておりません。

Contact お問い合わせ